fc2ブログ
FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
FX(外国為替取引)においてスキャルピングで確実に稼ぐ方法は、市場の変動が速く、リスクが高いため難しいものです。また、相場の動きは予測が難しく、確実性を求めることが難しいことを理解しておく必要があります。ただし、以下はスキャルピングでのトレードを行う際に考慮すべきいくつかの基本的なポイントです。

1.リスク管理:
スキャルピングは短時間の値動きを捉えるため、リスク管理が非常に重要です。
小さな損失を早期に切ることで、大きな損失を避けることができます。

2.テクニカル分析:
スキャルピングでは、テクニカル分析が重要です。短い時間枠での値動きを分析し、エントリーポイントや出口ポイントを見極めることが必要です。

3.流動性の高い通貨ペアの選択:
流動性が高い通貨ペアを選択することで、スプレッドが狭くなり、トランザクションのコストが低減されます。

4.高速な実行:
スキャルピングでは素早い決断と実行が求められます。高速な実行が可能な取引プラットフォームやツールの使用が重要です。

5.経済指標や重要な発表に注意:
経済指標や重要な発表の前後には相場が急変することがあります。スキャルパーはこれらのイベントを注意深くモニタリングする必要があります。

6.感情の管理:
スキャルピングは短時間のトレードであり、感情の影響を受けやすいです。冷静な判断を保つために、トレードプランに従うことが重要です。

7.バックテストとトレードジャーナル:
過去のデータでのバックテストや、実際のトレードを記録するトレードジャーナルの作成は、戦略の評価と改善に役立ちます。
スキャルピングは高いトレード頻度を伴うため、取引手数料やスプレッドに注意することも重要です。確実性を求めることは難しいですが、慎重で計画的なアプローチと実践を通じてスキルを磨くことが必要です。


自動売買おすすめ → トライオートFX

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

先日、「くりっく365のおすすめ業者はどこですか?」というご質問をいただきました。
ジジイのくりっく36 おすすめ業者は、外為オンラインです。

くりっく365 (外為オンライン)

おすすめの理由は、ジジイはくりっく365は、外為オンライン以外ほとんど使ったことがないのですが、外為オンラインの使い勝手はまったく悪くなく、くりっく365はFXのスペックとしては、どこの業者を使っても変わりがないためです^^;

くりっく365は、店頭FXに比べて透明度が高い点がメリットで、店頭FXがどこか胡散臭いと感じるがFXには興味がある、という方は試してみると良いと思います。

外国為替(FX)の業者間両建ては、異なるFX業者間で通貨を同時に買いと売りを行い、価格差から利益を得る取引戦略です。ただし、この方法はリスクが伴い、慎重な計画と監視が必要です。以下に、FXの業者間両建てで利益を出すための一般的なステップを説明しますが、注意して実行してください。

1.業者の選定と口座開設:
異なるFX業者を選び、それぞれの口座を開設します。信頼性や手数料、スプレッド(価格差)などを検討して、取引環境が適している業者を選びましょう。

2.通貨ペアの選定:
両建て取引は通貨ペア間で行われます。対象とする通貨ペアを選定し、それぞれの業者で取引可能か確認します。

3.価格差の確認:
選んだ通貨ペアにおいて、異なる業者間での価格差を確認します。スプレッドが小さいほど、利益の取りやすさが増します。

4.注文の同時発注:
選んだ通貨ペアで、一方の業者で買い注文を出し、同時にもう一方の業者で売り注文を出します。

5.利益確定と損失制限の設定:
利益を確定するための利食い注文と、損失を制限するための損切り注文を設定します。これにより、市場が逆方向に動いた場合に損失を最小限に抑えることができます。

6.市場の監視とリスク管理:
取引が進行する間、市場の変動を監視し、必要に応じて利食いや損切りのレベルを調整します。リスク管理が重要であり、慎重な取引が必要です。

7.法的および税務上の注意:
両建て取引には法的および税務上の観点から留意すべき点があります。各国の法律や規制に従い、必要な手続きを確認してください。

この方法はリスクが伴うため、慎重かつ計画的に行うことが重要です。また、市場状況や業者の仕組みが変わる可能性があるため、最新の情報を確認してから取引を行うことをお勧めします。


おすすめ → LENDEX

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

(回答)
借金をして投資やギャンブルに参加することは、非常に危険で慎重に考えるべき行動です。金融市場は予測が難しく、リスクが高いため、無計画な取引で大きな損失を被る可能性があります。また、借金を返済するために新たな借金を作ることは、財政的にリスクが高まります。

以下は、賢明な投資や資産形成のアドバイスです:

計画を立てる: 無計画で行動することは避け、具体的な計画を立ててください。予算や投資目標を明確にし、冷静かつ理性的に取引することが重要です。

リスク管理: 投資は常にリスクを伴います。損失を最小限に抑えるために、リスク管理の戦略を確立し、慎重に取引するようにしましょう。

知識の向上: 金融市場や投資に関する知識を深めることは重要です。マーケットの動向や基本的な分析方法について学ぶことで、賢明な投資判断ができるようになります。

借金のリスクを理解する: 借金をして投資に参加する場合、借金自体がリスクを伴います。金利や返済期日を理解し、十分な返済計画を立てましょう。

専門家の助言を得る: 投資や金融に関するプロフェッショナルの意見や助言を受けることは重要です。ファイナンシャルアドバイザーなど、信頼できる専門家に相談してみてください。

最も重要なのは、無謀なリスクを取る代わりに、着実な資産形成の方法を検討することです。急激な利益を求めるよりも、長期的な視野で資産を構築する方が持続可能な結果を生む可能性が高いです。


1口1万円から始められる不動産投資 → victory fund


こんにちは、FXスキャル派のジジイですw

FXでロスカットされてしまった場合、まずは冷静になりましょう。ロスカットが発生した原因を分析し、今後のトレードに生かすことが大切です。また、損失を取り戻そうとして無理な取引を行わず、感情に左右されず冷静な判断を行うことが重要です。次に、トレード履歴や相場の分析などを通じて、今後のトレード計画を策定しましょう。また、損失を減らすためには、リスク管理の徹底が必要です。トレード前に損失限度額や利益目標を設定し、損失を最小限に抑えるためにストップロス注文を利用することも有効です。最後に、ロスカットによる損失を取り戻すために無理な取引を行うのではなく、トレードプランに基づいた合理的な取引を心がけましょう。

10万円から始める不動産投資
Jointoα(ジョイントアルファ)
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
2023年は、前半はガチの必勝法だった「ジジイ式2」で大きな利益をあげていましたが、9月からついに、FX会社のルール変更により手法が完全に使えなくなってしまいました。これ、見る人がみれば良く分かるところかなと思います・・・。

今後もFXは多少継続していきます。法人口座も残します。当ブログも残しますので、よろしくお願いいたします。


お年玉キャンペーン実施中 → ウィブル証券


こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
直近ではブログ関係で、多少手を入れたり、FX普及活動を行っています。
ご協力くださっている方、ありがとうございます。
ジジイは、FXで巨万の富を得たわけではないですが、生涯成績ではだいぶ勝っているようで、勝った資金をもとでに事業も始めたわけでして、FXには夢があって良いと思います。
今後もブログは月1程度の更新になりますが、なんとか継続していく予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
ジジイはまだ会社員をやめられず、多忙に過ごしていますが、このブログは何とか細々とは継続していくつもりです(;^_^A
一応長期間、継続しているブログですので・・。

さてさて、ジジイは12月7日の相場で、巨額損失を計上してしまいました。やっちまったです。激痛。
今年は9月まではジジイ式2が絶好調で、荒稼ぎしていましたが、最後の9月1カ月で稼いだ額と同等レベルを1日で失ってしまいました。気を付けてはいたつもりですが、為替は本当に怖いです。言い訳にはなりますが、本業の会社員でかなり体力、精神力を削られていたことが、敗着の一つであったことは間違いのないところです・・。はやく会社員を辞めたいと、言い続けてもう20年くらい経ちますorz

最強FX会社の一角。今年もお世話になりました → マネーパートナーズ

いまCFDも面白いです! → トラリピ×くりっく株365

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
2023年9月は、ジジイの生涯でとても残念な、忘れられない月になりました。
「ジジイ式2」として、10年くらい前(?)から使っている必勝法が、稼ぎのピークを迎えると同時に、ほぼほぼ使えない手法になってしまった月です。9月上旬に手法が使えなくなってしまったので、月単位で最も稼いだのは2023年8月で、1月で約350万円の利益でした。ジジイはこの半年で、急速に資産を増やし、1年もすればFIREできるくらいの資産が貯まると皮算用していたのですが・・・。やはり甘かった。いつかこんな日が来ることは分かってはいたのですが、ジジイ式2は、とある国内FX会社が、他社と比べて異なる運用を行っている部分を使って稼ぐので、そのFX会社の運用が変わってしまえば瞬時に稼げなくなる、ということです。このブログは、見ている人が非常に少ないと思いますが、私が何のことを言っているか、分かる人はいらっしゃるかも知れません。メッセージいただけたら、情報交換は歓迎します。

FX定番 → 外為どっとコム


(ジジイ)
ここ半年くらい、FXで毎月200万円くらい稼いでいます。会社員なのですが、本業を辞めても良いでしょうか?

(AI様)
FXで毎月200万円くらいの収益を得ているということは、かなりの成功を収めているようですね。しかし、FXは非常にリスクの高い取引であり、過去の成功が将来の成功を保証するものではありません。FXは市場の変動が激しいため、大きな損失を被る可能性もあることを忘れてはいけません。

本業を辞める前に、以下のポイントを考慮することが重要です。

1.リスク管理: FXは資本を失う可能性があるため、リスクを管理する方法をしっかりと考えなければなりません。十分なリスク資本を確保しておかないと、将来的な損失に備えられません。

2.収益の持続性: 過去6ヶ月間に成功しても、将来の収益を保証するものではありません。市場条件は変動するため、将来も同じような収益を維持できるかどうかを検討する必要があります。

3.生活費との調整: 本業を辞める前に、生活費や将来の予定をどのように調整するかを計画する必要があります。FXの収益だけで生計を立てることができるかどうかを検討しましょう。

4.退職のリスク: 会社を辞めれば、将来の就職や再雇用が難しくなる可能性があります。また、退職金や社会保険などの福祉制度から離れることになります。

最終的には、将来の計画、リスク管理、財政面をよく考慮し、アドバイザーや財務プランナーと相談してから決断することをお勧めします。また、本業とFXを両立させる方法も検討する価値があるかもしれません。

FXで大きな利益が継続的に出ている場合には、以下の注意点に留意する必要があります:

1.税務上の問題:FXの利益は税務上の問題を引き起こすことがあります。税金を支払うことを忘れないようにし、必要に応じて税務顧問に相談することをお勧めします。

2.リスク管理:大きな利益を得ているからといって、リスク管理を怠ってはいけません。リスク管理はFX取引の重要な部分であり、大きな利益を維持するためには、リスク管理の原則を遵守する必要があります。

3.業者の信頼性:FXブローカーの信頼性は重要です。大きな利益を継続的に得るためには、信頼できるFXブローカーを選択し、資金を安全に保管する必要があります。また、業者が規制当局によって規制されているかどうかを確認することも重要です。

4.資産分散:大きな利益を得ている場合には、調整されたポートフォリオに資産を分散させることが重要です。ポートフォリオの分散は、投資リスクを軽減し、長期的な成功を促進するために重要です。

5.感情のコントロール:大きな利益を継続的に得ている場合でも、感情的にならずに冷静に取引を行うことが重要です。感情的な取引は、リスクを増大させ、大きな利益を失う可能性があります。常に自分自身をコントロールし、計画的に行動することをお勧めします。


安定収益 → みんなで福祉!!

こんにちは、FXスキャル派のジジイですw

FXのキャリートレードは、金利差を利用して利益を得るトレード方法です。具体的には、高金利通貨を買い、低金利通貨を売ることで、金利差によるスワップポイントを受け取ることができます。キャリートレードにおいては、通貨価値の変動よりも金利差の変動が重要となるため、取引期間が長くなることが多いです。

キャリートレードで儲けるためには、以下のポイントが重要です。

高金利通貨と低金利通貨の選定
金利差が大きい通貨ペアを選ぶことが重要です。一般的に、オセアニア通貨や新興国通貨などの高金利通貨を買い、米ドルや日本円などの低金利通貨を売ることが多いです。

スワップポイントの確認
キャリートレードを行う際には、スワップポイントが発生することを確認しましょう。スワップポイントは、ブローカーによって異なるため、事前に調べておくことが大切です。

リスク管理の徹底
キャリートレードは、取引期間が長くなることが多いため、リスク管理の徹底が必要です。ストップロス注文を設定することで、損失を最小限に抑えることができます。

レートの変動に注意
キャリートレードは、金利差を利用した取引であるため、為替レートの変動には注意が必要です。為替レートの変動が金利差を上回った場合、損失が発生する可能性があります。

キャリートレードは、長期的な視点での取引となるため、相場の変化を見極める能力や、リスク管理の徹底が必要です。