FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、ジジイです。見てくれている方がいるかわかりませんが(T . T)
独自スキャル手法のジジイ式3は、かなり確実に、簡単に、勝てる手法だと自負しているのですが、禁断の手法、みたいなところがあって、FX会社側から、取引を停止されてしまう、という弱点があります。最近、私が知人を指導してジジイ式3をやらせたのですが、案の定、いい具合に勝てました。が、案の定、FX会社から取引停止をちらつかせるメールが届きました。
そんな手法なので、ずっと勝ち続けることはできないのですが、需要はあると思いますし、当該FX会社を懲らしめたいので、いろいろな人に使ってみてもらうのが面白いと思っています。
申し訳ないですが、有料での販売を検討中です。情報商材の販売って特定商取引法とかあって面倒そうですが、小さく始めるなら、ヤフオクを使って個別に販売すれば問題なさそうなので、近々実行に踏み切るつもりです。まー、まずは手法を文書にまとめるところから。休日の2-3時間を使えばすぐできることとは思うのですが、まー頑張ります。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
1ヵ月以上間が空いてしまいましたが、お陰さまで元気です(^^♪

最近のジジイ注目のニュースはこちらです。

外国為替証拠金取引サービス「新生銀行 FX」のお取り扱い開始について
http://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2016/160810forex_j.pdf


ついに大手銀行の一角もFXに乗り込んできました。ここのところ新たにFXを始める会社がだいぶ少なくなっていたところに明るいニュースです。しかも、ドル円片道2銭とかの殿様商売をするのかと思いきや、ドル円のスプレッドは0.5銭と、結構頑張っています。

ジジイは今まで、いろいろなFX会社や証券会社に、電話やメールで問い合わせをした経験がありますが、対応は会社によってまちまちで、非常に嫌な思いをさせられたこともありました。その点に関して新生銀行は、大手銀行としての一定の信頼感がありますし、会社倒産や、何らかの理由で預けた証拠金が返還されなくなるリスクも、ほかのFX会社と比べるとぐっと低いと思います。

サービス開始は2016年8月22日で、20万通貨の取引(10万通貨の往復で可)で1,000円をキャッシュバックしてくれるキャンペーンもあります。今後、結構期待できそうです。

こんにちは、ジジイです。

ジジイは2012年に株式会社を設立し、その後は代表を妻に譲り、最近のFX取引はすべて、妻が法人名義の口座を使って行っています。ジジイの個人名義での取引は、2012年まではいろいろと行っていましたが、最近では少なめになっています。

のはずなのですが、先日、税務署から電話があり、ジジイ個人のFX取引で、税金の未納の疑いがあるから、過去5年分の取引明細を提出しろ、と言われました。そんなもの、逃げも隠れもできないのだから、そっちで勝手に調べればいいじゃん、という話を当然したのですが、ジジイの方で資料を用意するよう、押し切られました。法人の顧問税理士に、こんな面倒くさい要請は無視できないのか、と問い合わせてみたところ、協力しないと罰則があるから、実質的に強制です。という回答でした・・・。

というわけで、いろいろとブーたれながら、先方が指定の「紙の」取引明細を税務署に送り付けたところ、だいぶ経ってから送られてきた通知がこれです。

税務署からの通知

正義は勝つw 面倒かけさせやがって。
以前に、税金の還付に関して間違った案内をさせて非常に不快な思いをさせられたこともあるし、税務署員って本当にきらいです。

税務調査って、怪しいと思っても2~3年はわざと泳がせる、というような話も耳にします。今回のもそれなのかな。
本当に最低のやり方だな。
こんにちは、ジジイです。
気が付けば2ヶ月半ほどもブログの更新をサボっておりました。
日々スキャルに多忙で、ブログの更新に手が回らない、というのが本音です・・・。
ふと思ったのですが、FXブログを日々律儀に更新しているものの、当人が実際に取引をしているのかいないのか不明な人は、FXではあまり勝っていない人の可能性が高いのではないでしょうか・・・(笑)

さて、2ヶ月半前に新たに開発したスキャル手法を巡って、あるFX業者との攻防を行っているという記事を書きましたが、その後どうなったかというと、取引量は減らして継続的に取引を行っていたところ、取引の停止を一方的に宣言され、その後、電話やメールで交渉した結果、決裂し、口座まで解約させられてしまう、という結果になりました・・・。

FX業界の闇の部分、タブーの一部を知ってしまったような感じです。この状況、手法を広く公開するか、手法を販売して小銭稼ぎをすることを検討していたのですが、結局やめてしまいました。このスキャル手法を利用可能な業者はただ一つだと思っていたのですが、新たに2社を発見したからです。初めの1社ほどの荒稼ぎはできないのですが、ここ1ヶ月は、新たな2社のうちの1社で安定的な利益を上げることができました。

ところが、その1社からも、この手法に関する警告が来て、とりあえず、取引量を1ショットで10万通貨までとするように制限を言い渡されてしまいました。現在、この1社と交渉中で、今回は、用いている手法の詳細を説明することで、規約違反の方法ではないから取引を制限することはできないはずだ、という交渉を行っているところです。最終的には、向こうの判断で取引をいつでも停止されてしまう可能性があるわけですが、そうなったら、SNSで手法を公開したり、週刊誌にこの状況をリークするぞ、というような交渉も考えるつもりです。

稼ぎは減ってきましたが、いろいろ面白くなってきました。


こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

ジジイが編み出した新オリジナルスキャル手法「ジジイ式3」に対し、「そのやり方は取引約款に抵触するからやめろ」と言う業者、メールのやり取りで対決姿勢が高まっていたのですが、続報です。

電話をしました。双方、表面上は感情を出すことなく、やんわりしたムードで20分弱話をしましたが、結果は痛み分けというか、良くもないし悪くもない感じです。

「あんたのやり方は取引約款に抵触する、どう抵触するかは自分で考えてください。それ以上は言えません」
要約すると、こんなようなことを言われました。すぐに口座を解約します、という感じはなく、もう少しの猶予はありそうでした。

もし、すぐに口座を解約されてしまった場合、昨日の記事で述べました通り「祭り」を発動させて先方にも一定のダメージを与える自信はあるのですが、この業者を使い続けたい当方にとって、口座解約は本来的に一番避けるべきことなので、その点では良い結果だったと思っています。しかし、先方の言っていることは絶対に理不尽だと思うのですが、その点の追及ができなかったことは何とも残念です。

今後は、取引量を控えることで様子を見るつもりです。取引量を控えても一定の利益にはなるので、それを長く続けた方が得策ではないか、と判断しています。

ひと昔前に流行った言葉を使えば、「玉虫色の」決着という感じですが、この件はいったん収束となりそうです。「祭り」を期待していた方がいらっしゃったなら、ご期待に沿えず申し訳ありません。今後続報がないとも限らないので、何かあれば適宜この場でご報告します。





こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
ここ最近は、スキャルで多忙などと言っていましたが、実はジジイ、1ヶ月半ほど前に、オリジナルの新しいスキャル手法を編み出しました。「ジジイ式スキャルピング3」と命名します(笑)。ジジイ式には従来から「1」と「2」がありまして、「1」は希望者には無料で配布しています。

ジジイ式スキャル公開中

「2」はそれなりに稼げる手法(現時点では非公開)なのですが、相場の急変動に弱い部分がありまして、2016年2月11日の相場急変時に大きめの損を出してしまいました。その後、「だったらこんなやり方はどうだろう?」という感じで試してみたことがきっかけで「ジジイ式3」が誕生しました。

かなり稼ぎやすく、安定度も高い手法として完成しました。同じことを大勢がやり始めると、間違いなく使えなくなる手法なので、非公開とさせて頂きます。悪しからず。さて、これでがっつり稼ぐぜぃ、と日々スキャルに励み、利益を積み重ねていたのですが・・。

なんと、業者さんから、「あなたのやり方は取引約款に抵触する行為なのでやめてください」というような警告が来たのです。別に、特別なツールを使っていたり、超短期取引だったり、LOT数が大きかったりするわけでもなく、普通の短期売買を繰り返してるだけのはずなのですが・・。

ジジイ式3は、普通の短期売買を繰り返しつつ、ちょっとしたカラクリを使って安定的に利益を出す手法です。基本的に、業者に迷惑をかけるはずはないと思っていました。業者側の事情は分からないのですが、結果的に迷惑行為になっていたようです。

さて、せっかく稼げる手法を編み出したのに、それをやめろとは、なんとも残念な話で、ジジイは簡単には引き下がらないつもりで、現在交渉を行っています。交渉の最後の切り札は、「ならばこの手法を、何千人という利用者が使い始めたら、全員の口座を解約するのですか?」というものです。なお、この手法はその文句を言ってきている業者以外の業者だと、使えない可能性が高そうです。

うーん、秘密にしなければいけない点もあるし、業者側にこのブログを見られた場合のことも考えると、ちょっとうまく文章にまとめにくいですが、要するに、ジジイは低リスクでかなり稼げる手法を偶然発見してしまった。それは、業者にとっては迷惑行為だったようだが、迷惑だという筋が通っていない。業者は口座を解約するぞというカードをちらつかせているが、ジジイも、もしそうなれば、この手法を一般公開するけどいいの?というカードをちらつかせている。そんな状況になっています。

ジジイがこの手法を一般公開したら、それなりの「祭り」状態にはなると思っています。世間を騒がほどのことではないですが、トレーダーの多くは、「こんな簡単に稼げる手法があったとは」と、思うと思います。そのとき、この業者がどういう手を打つのか、現時点では分かりません。手の打ちようはいくらでもあるはずなのですが、今この業者がやろうとしているのは、私の口座を解約する、という根本的な解決とは程遠いことなわけです。

なんか、うまく文章がまとまりませんが、この先面白いことが起こる可能性があります。ジジイとしては、そんな事態にはならないことを切に願っているのですが・・。
結果は順次、更新していく予定です。







こんにちは、FDXスキャル派のジジイです^^
生きております。

1ヶ月以上更新をとめてしまいました。ブログを始めてから初のことかと思います・・・。
最近は、空き時間があればスキャルをしてしまうような状況になっていまして、その他のことがすべて後手に回ってしまっているような・・・。
脱サラを目指す!と意気込んで始めたFX、いつか願いが叶うといいなぁ・・・。

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
相変わらず、トレードは頑張っているのですが、ブログの更新は熱が入っていない状態で、見てくださっている方には申し訳ありません。月2回程度以上は更新したいと思っています。

FJFXで、18万件超の顧客情報漏洩だそうです。

http://www.yjfx.jp/20160202news/

メールが来て知りました。

YJFXで顧客情報漏洩・・・


2つの情報から見ると、私自身は、住所やら氏名やら、肝心なところは漏れずに済んだように見えます。ここ数年は、YJFXは利用していなかったので、そのためかも知れません。まー、その点は一安心。。。

時系列を見ると、土日、夜間も含め、可能な限り速やかに行動していたように見えるので、その点は、一定の評価ができると思います。昨今の企業不祥事の事例を見ていると、迅速な行動ができているか否かで、企業の質が問われるケースが増えていますので、休日返上で頑張ったじゃないかな。

元従業員の持ち出しということで、YJFXも気の毒と言えば気の毒です。内部の犯行を完全に防ぐのは至難の業ですから。再発防止策とか考えてもらわないといけないですが、そのためのコストでサービスのほうにしわ寄せが来ないように頑張ってもらいたいところ。FJFXは、ジジイはたまたま条件がちょっとだけ合わず、ここ数年利用を止めていましたが、FJFXはかなりの高スペックFX会社のひとつです。

私自身の情報漏洩はたいした内容でもなさそうだし、静観していようと思いましたが、「サービスへのしわ寄せがないように頑張ってください!寧ろおわびの印として、スプレッドをあとちょっと狭めてくださいね!」と連絡しておくことにします(^^;


こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
2016年最初の記事になります。明けましておめでとうございます(^^;

ジジイは、スキャルに使うFX会社は、スプレッド、スワップ、約定力、そしてキャンペーン内容、などを総合的に判断して、わりと頻繁に変更しています。各FX会社は、急に、期間限定でかなり有利なキャンペーンを実施したりする場合があるので、とりあえず口座は主要各社に開設しておくことをおすすめしています。

LionFXは、しばらく利用していなかったのですが、昨年12月は諸条件を考慮して結構利用しました。LionFXは、取引量に応じて食品をプレゼントしてくれるのが何とも嬉しいです。今回獲得したのはカレーです(^◇^) 12月は、片道1,000万通貨の取引を達成していたので、ダンボールに詰められて大量に届きました。

こちらの「両建カレー」は16人前。「リピート率半端ない」は、意外と本当です。
LionFX 両建カレー

キーマカレーは8人前です。これもおいしいです。
LionFX キーマカレー

グリーンカレーは、ジジイは初めて戴きます。見た目はあまりおいしそうに見えないですが・・・?6人前戴きました。
LionFX グリーンカレー

チキンカレーは4人前。結構辛いやつです。ジジイはこれが一番好き。
LionFX チキンカレー

そして、「LionFXごはん」が34人前。食べるときはレンジで3分です。常温保存できます。
LionFX ごはん


ジジイは、レトルトのカレー大好きです。これらが山積みにしてあって、いつでも食べられる状態になっていると、嬉しい気分になります(^◇^) 家族4人で、私以外はあまり食べないと思うので、だいぶ持ちそうです。

片道1,000万通貨の取引は、簡単とは言わないですが、1ショット20枚のスキャルを50回で達成できるので、その気になれば1日でも達成可能な取引量です。ヒロセからもらえる食品はスキャルパーの勲章です。まだもらったことがない方は、獲得目指して頑張ってください(^◇^)

ヒロセ通商【LION FX】



こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

ヒロセ通商のLionFXのキャンペーンで条件を達成し、三段重のおせちを頂きました!
12/26(土)に冷凍で届いたのですが、冷凍庫に正月までこんなの入れておく空きスペースがないので、さっそく解凍して、12/27(日)の朝から頂いております(^^;
ってこれ、1年前の自分とまったく同じ行動でしたwww

<関連記事>
もうおせちを頂いております (^Q^)

おせちの内容も、1年前とほぼいっしょ。
ヒロセからもらったおせち
ヒロセからもらったおせち
ヒロセからもらったおせち

なんつーか、おせち料理って、そんなに旨いってものではないですねwww 見た目はきれいですけど。
途中からは義務感で食べております。

12月は、久々にLionFXでたくさん取引をしたので、1月も食品が届く予定です。
LionFXはスプレッドが狭く、スワップが多め、キャンペーン充実、ツールもイケてるおすすめFX会社の一つです。

ヒロセ通商【LION FX】




こんばんは、FXスキャル派のジジイです。

最近は、ブログの更新をさぼってFXトレードに力を入れているような言い訳を何度かしていますが、その証拠と言いますか、たくさんトレードを行った結果、みんなのFXからキャッシュバック50万円を頂きました。

みんなのFXから50万円獲得


豪ドル円の取引高のキャンペーンに参加して、基準を満たす取引量をこなしたわけですが、実はこの「基準」に、11月実施のキャンペーンにおいては見逃せない点がありました。いつまで見られるか分かりませんが、こちらが11月のキャンペーンスペックです。

→ http://min-fx.jp/campaign/deal_audjpy_11/

注目は、50万円を獲得するために必要な取引量10,000Lotです。みんなのFXでは、1Lotをエントリー、決済すれば2Lotの取引と数えられるので、片道5,000Lotで決済まですれば、条件を達成できるわけです。1Lotあたり100円のキャッシュバック。みんなのFXの豪ドル円のスプレッドは0.7pipsですから・・・。つまり、そういうことです。

ちなみに、みんなのFXでは秒速スキャルは禁止されているようで、新規にポジションを持ってから5秒くらい(?)は、決済したり、両建てのポジションを持つことはできなくなっています。ですので、ポジって、すぐ決済して、70円のコストで5,000Lotの取引をする、という安全策を取ることはできませんが、とは言え、スプ0.7でキャッシュバック100円という状況は破格だったわけです。

ジジイは、当初このスペックは誤植であると思ったのですが、繰り返しプロモーションメールが送られてくるのを見て、誤植ではないのだと理解しました。「そんなおいしい情報があるなら、前もってブログに掲載しろよ!!」という話ですが、この情報を拡散してしまうと、チェリーピッカーが押し寄せて良からぬ事態になり兼ねない・・・、と判断して、内密にことを運びました。

そんなことを後から自慢するなんて、ジジイむかつくぜ!!」と思われるかも知れないですが、お伝えしたかったのは、FXの世界では、このようなおいしい話はたまーにありますよ、ということです。必勝法、絶対に儲かる、とまでは言いません。今回の件だって、みんなのFXが何か理由をつけて、キャッシュバックはしません。と言い張るようなことがあればそれまでのことでした。リスクは常にありますが、割とおいしい話というのは、そこそこあると思います。ので、FXトレードをしつつ、常にいろいろなところにアンテナを張っておくことは大事だと思います。当ブログでも、公開可能なおいしい情報は公開していく所存です(^^;

ちなみに、みんなのFXでは12月も豪ドル円の取引高でキャッシュバックをもらえるキャンペーンを実施していますが、スペックは11月からはダウンです。1Lotあたり100円キャッシュバックは、恐らくもうないでしょう・・・。とは言え、今回のスペックもかなり強力で、取引量次第では、1Lotあたり40円のキャッシュバックと、かなりのハイスペックです。

トレイダーズ証券
















こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
FXトレードに熱が入っている感じで、ブログの更新がおざなりです。見てくださっている方には、大変申し訳なく思います。
長年続けてきたものなので、ブログの閉鎖、ということは考えず、月1回でも良いので更新を続けて行く所存です。

さて、前回の記事でご紹介をしましたとおり、本人以外の銀行口座からクイック入金をしてしまったジジイですが、その後どうなったかをご説明します。実は、2つのFX会社に対し、本人以外の名義からクイック入金をしてしまったのですが、対応が分かれました。2社に対し、事前にメールで、「ごめんなさい。電話してくれても良いのだけど、出られないと思うので、できたらこのメールにて必要な手続き進めてください」と伝えたところ・・・

1.トレイダーズ証券(みんなのFX)
「神対応」と言って良いと思います。翌朝すぐに、携帯に着信がありました。出られなかったので不在着信だったのですが、そのあと来たメールを見ると、専用の返金依頼フォームを書いて送ってくれとのことでした。フォームに記載するのは、クイック入金をしてしまった日時、金額、返金先の口座情報などです。フォームを送って間もなくすると、先方から振込の手続きをとってくれて、元の口座に現金が戻っていました。さすがに、振込にかかる手数料は差し引かれた金額ではありますが、すぐに対応してくれてとてもありがたかったです。

トレイダーズ証券


2.xxxXXXX証券
老舗のFX大手、会社名は伏せます。大手ということで、今回のような案件はマネーロンダリングの疑いもあるのか、とても慎重な対応になるようです。まず、「この件に関してはメールでの対応はできません。電話連絡しますので、都合の良い時間をお知らせください」とのことでした。仕方がないので、電話をかけてもらって話をしたところ、まずは生年月日等、続いて、最近行った取引の内容やら、口座開設時期の確認やらで、間違いなく本人であるかの確認を徹底的にされました。終わると、「返金は可能なので、『組み戻し』の手続きをしてくださいね」で終わりです。組み戻しって、銀行に対して、「間違えて送金をしてしまったので、元に戻してください。先方は了解しています」と伝えて、お金を取り返す手続きです。銀行に電話連絡するの面倒くさいし、銀行に支払う手数料も高いのです。楽天銀行だったのですが、電話なっかなか繋がらないし、手数料は864円もかかるし、手続きしてからお金が戻ってくるのも3営業日くらいかかりました。


というわけで、本人以外の名義の銀行口座から、誤ってクイック入金をしてしまわないよう、十分に注意しましょう。