FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、ジジイです。
固定低スプ各社によるスプレッド競争がまだ続いています。0.1pips単位の意地の張り合いです(笑)


MJ
ドル円0.8固定他、6通貨ペアの固定化を7月1日から開始します。キャンペーンではない固定化です。
先に5通貨ペアの固定化を宣言していたEMCOM証券より、ポンド円とユーロドルが有利で、その他は同じという、挑発的なスプレッド設定です。

EMCOM証券
MJの挑発を意識したか、「全額信託開始キャンペーン」と称して、7月3日まで、4通貨ペアの基準スプレッド縮小を発表しました。ポンド円、豪ドル円、NZドル円がMJより有利になります。

EMCOM TRADE
当初6月30日までを予定していた5通貨ペアの固定化を7月31日まで継続します。EMCOM TRADEは、固定スプではなく、上限スプなので、宣言されているスプレッドより狭いスプレッドを期待できます。EMCOM TRADEのドル円0.9のコスト的な意味合いは、他社のドル円0.8と同等くらいかも知れません。
更にEMCOM TRADEは、金融庁をも挑発!(笑)7月4日から、600倍、800倍のレバレッジを選択できるようになります。

フォレックス・トレード
7月3日でとうとうタイト・スプレッドキャンペーンが終了し、他社と比較した優位なくなります。今後の動きに注目!

外為オンライン
元祖スプ1固定の外為オンラインは、スプレッドに関してずっと沈黙を保っています。水面下で大きなことにチャレンジしていることを期待。ユーロドル1pip固定が強みでしたが、7月からはMJもユーロドル1pip固定を始めます。他社との違いは、スプレッド表示の小数点以下3桁化を行っていないこと。目まぐるしいレートの変化がうっとうしい人にはオススメ。


6月29日(月)以降のスプレッド状況は下表のようになります。
上段はキャンペーンスプレッド、下段はキャンペーン終了後です。

固定低スプ業者 6月29日(月)以降のスプレッド


ジジイが各社システムを使った印象では、どこも約定力やシステムの使い勝手では大きな差はありません。スキャルをするなら、0.1pipでもスプレッドが狭い業者で取引した方が、トータルのコストを圧縮できるのは間違いないと思います。今後の競争継続を期待!


人気ブログランキング
スポンサーサイト
ジジイは、FX各社が高額のキャッシュバックキャンペーンを比較的頻繁に行うのは、長い目で見て現在がピークだと思っています。理由は、FXという商品が既にかなりメジャーになりつつあることと、当局による規制が入ってきていることです。規制についてはクソ喰らえと思っていますし、今後も高額のキャッシュバックキャンペーンが頻繁に実施されることを強く望んではいますが、予想としては、現在のような各社の強気なキャンペーンが、今後長い間続く可能性はあまり高くないと考えています。

先日、私のオヤジとそんな話をし、オヤジがサイバーエージェントFXの口座開設をする運びとなりました(笑)。オヤジが狙うのは、新規口座開設でもれなく10,000円キャッシュバックキャンペーンです。
というわけで、口座開設の流れをヒアリングし、以下にまとめることができました。



6月19日(金) 6:50頃
インターネットで申込みを行いました。

6月19日(金) 6:59
口座開設仮登録完了のメールが届きました。
サイバーエージェントFX 口座開設仮登録完了

6月21日(日) 17:31
本人確認書類として、運転免許証のイメージをメールで送りました。都合上、私がイメージファイルを用意してあげて、しかも私のメールアカウントから送ったのですが、結果的に問題ありませんでした。
サイバーエージェントFX 本人確認書類送付

6月24日(水) 10:44
口座開設完了のお知らせが、転送不要の簡易書留で届きました。
しっかりと製本された「お取引ガイド」が同封されていました。中級者以上の方には特に不要なものですが、操作方法等がカラーで詳しく記載されているので、初心者の方には、しばらく使えるバイブルになりそうです。
サイバーエージェントFX 「口座開設完了のお知らせ」到着
サイバーエージェントFX 「口座開設完了のお知らせ」配達状況



以上、サイバーエージェントFXの口座開設は、実質2営業日でスムーズに完了しました。
10000円キャッシュバックキャンペーンは、6月30日までに口座開設を完了させることが条件なので、今週中に申込みすれば、まだ間に合いそうです。1万通貨の取引実施も条件ですが、そちらは、口座開設完了後30日以内に行えばOKです。

サイバーエージェントFXのシステムは、固定スプレッドではありませんが、かなり低スプが安定していて、ドル円は、ほぼ1pip固定です。また、7月31日までスプレッド縮小キャンペーンを実施中で、ユーロ円、ユーロドル、ポンド円のスプレッドが、それぞれ2,1,4にほぼ固定されています。今後のスプレッドの固定化、更なる縮小化に期待です。

サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】


人気ブログランキング
こんにちは、ジジイです。
最近は、少し仕事が落ち着いています。しかし、そうなると逆に、自宅でいろいろなことをすることなく、早く寝てしまったりします。4月くらいまでは仕事が非常に忙しく、25:00頃帰宅することも多かったのですが、それでも必ず小一時間のスキャルをほぼ毎営業日行っていました(笑)。昨日は、20:00に帰宅しのに、23:00に寝てしまって朝まで起きませんでした。
日々、スキャルやデイトレのアイデアを考えてはいるのですが、しばらくは充電期間ということでのんびりやっていこうと思います。


さて、ジジイ注目の明るいニュースを1件ご紹介します。
EMCOM証券が、6/30(火)より全額信託保全を実装致します。 とのことです。

http://min-fx.jp/press/id/index/365/

EMCOM証券は、ジジイが多数のFX業者を使ってきた中で、総合力でNo.1と思っている業者です。今まで以上に安心して証拠金を預けられるようになるので、これは大変嬉しいニュースです。

EMCOM証券は、口座開設時のキャッシュバック金額を7月31日まで増額中です。
EMCOM証券


人気ブログランキング
こんにちは、ジジイです。
さて、関連記事を5月22日に書いてからもう1ヶ月経ってしまいましたが、レバレッジ規制の件について、意見を述べたいと思います。

レバレッジ規制の件とは、4月下旬に突如金融庁が必要性を提唱し、FX業界を大いに困惑させている話で、個人的には、「許しがたい金融庁の横暴」と断じています。私は現在スキャルピングを休止していますので、この件が施行されたとしても直接大きな影響を受けませんが、そういう問題ではなく、投資家の方は全員、次は自分が影響を受ける「横暴」もあり得る、という意識を持って、注目すべきニュースだと思います。内容をご存知でない方は、下記の関連リンクを是非ご覧ください。

分かりやすいまとめサイト
http://www.geocities.jp/fxkisei/

最近のニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/268385/
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090619/fnc0906192140017-n2.htm


さて、この件に関するオフィシャルな動きとしては、5月29日に金融庁が、FXのレバレッジを最大25倍に制限するという内閣府令改正案を発表した、というのが最新のステータスになっています。投資家の9割がこの件に反対意見を持っている、という調査結果があったそうですが、結果的に、金融庁は反対意見に聞く耳を持たないまま、今夏にでも、レバレッジ25倍超の取引を禁止する方向で動いています。経過措置として、まずは最大50倍まで、続いて25倍と、段階的に規制をかけていくようですが、はっきり言ってそんな措置は、くそ喰らえです。

この件はもともと、理由が理解できません。金融庁はレバレッジ規制が必要な理由として、以下の3点をあげています。

1.顧客保護(ロスカットルールが十分に機能せず、顧客が不測の損害を被るおそれ)
2.業者のリスク管理(顧客の損失が証拠金を上回ることにより、業者の財務の健全性に影響が出るおそれ)
3.過当投機

1について
・FX業者のシステムに問題があるというのなら、まずシステムをきちんと直すこと、または、システムが想定通りに機能しなかったときにどうするか考えることに注力すべきと考えます。
・「顧客が不測の損害を被るおそれ」とありますが、不測の損害を被らないような工夫をすることが大事なのであって、レバレッジを規制するというのは話が飛躍しています。また、最大レバレッジを25倍に規制したからと言って、「顧客が不測の損害を被るおそれ」がなくなるわけではありません。
・「顧客保護」という理由に対する、もっとシンプルな反論は、「顧客は、各自の責任で投資を行っている」というものです。9割の投資家が反対しているという調査結果が示すとおり、誰も保護して欲しいなどと頼んでいないのに、「顧客保護」を理由に投資家の選択肢を奪う意味が理解できません。

2について
2は、1よりは多少理解できます。業者のリスク管理は、業者が責任を持って行うものですが、万一業者が不適切なリスク管理をしていて、その結果、顧客の損失が証拠金を上回り、結果的に業者が倒産するようなことがあれば、金融庁も責任を問われるからです。
しかし、こういった理由で既存のルールを大きく変更しようと言うのなら、誰もが納得できるデータを用意すべきです。

・実際どれだけの業者が高レバレッジ取引をサポートしていて
・それらの業者のうち、実際に高レバレッジ取引をしている顧客がどの程度いて
・業者のリスク管理体制がどうなっていて
・その結果、業者の財務の健全性に影響が出てしまう可能性がこれだけある

といった具合に、具体的な根拠をもとに論理的に説明するのであれば、例えばその結果、最大レバレッジは300倍が最も適切、という結論が出たというのであれば、少しは納得できると思います。
「業者の財務の健全性に影響が出るかも知れないから」という一言で、現行のルールを捻じ曲げるなんて、何でもありの世界です。
また、25倍という数字の根拠がまったく不明です。

3について
3も2と同様です。何が「過当投機」で、どういう悪影響があるのか、という点について具体的な説明がない限り、何でもありの世界です。
「過当投機」という言葉だけで、何だってできてしまいます。


以上、金融庁がやろうとしていることは「横暴」な行為だと思いますし、真剣に向こうの立場になって考えても、どうして変更したいのか理解できません。表向きの理由以外に、何か裏事情があるのでは?と考えたくなってしまいます。
金融庁は今回の変更の必要性を投資家にもっときちんと説明し、もっと時間をかけて議論すべきです。

横暴行為は今夏にでも現実のものになろうとしていて、私たちができることはあと僅かになっています。
下記URLから、直接金融庁に意見を伝えることが、今できる最も効果的な抵抗のようです。
締切は、6月29日(月)17:00 です。
http://www.fsa.go.jp/news/20/syouken/20090529-3.html

レバレッジを規制されて影響を受ける方は、是非意見を伝えましょう。
また、冒頭で述べましたとおり、レバレッジ規制で影響を受けない方でも、今回の金融庁の振舞いが納得できないと感じるなら、是非あなたのご意見を伝えて頂くようお願い致します。


人気ブログランキング
FX各社のキャンペーン攻勢が続いています。

EMCOM証券
MJと入れ替わりで、口座開設+初回入金で8000円をキャッシュバックするキャンペーンを始めました。期間は、6月19日~7月31日です。EMCOM証券は口座開設キャンペーンを頻繁に行っていますが、通常キャッシュバック金額は5000円なので、口座開設するなら今は良いタイミングです。
EMCOM証券


MJ
6月5日から始めた「”5通貨ペア”スプレッド固定キャンペーン!!」の期間を再延長し、6月30日までの継続を決定とのことです。

GBP/JPY "1.7銭 固定"継続!
EUR/JPY "1.3銭 固定"継続!
AUD/JPY "2.5銭 固定"継続!
NZD/JPY "3.0銭 固定"継続!
EUR/USD "0.01¢固定"継続!

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」


エースでねらえ!FX
3通貨ペアのスプレッドを縮小します。
期間:6月22日~7月18日

AUD/JPY 1pip~
NZD/JPY 2pip~
GBP/JPY 3pip~

固定ではないものの、豪ドル円1pip宣言はビッグニュース!
NZドル円2pipもすごい!
エースは低スプ業者ながら、約定スピードにとても自信を持っています。約定がスピーディーということは、滑りが少ないということです。また、エースのレート表示は小数点以下3桁を採用していないので、その点からも、自分の狙ったレートで約定できる可能性が高いです。
豪ドル円でスキャルするのも面白いかも!?
エース交易



サイバーエージェントFX
3通貨ペアのスプレッドを縮小します。
期間:6月22日~7月31日

ユーロ/円 3銭→2銭~
ユーロ/米ドル 2ポイント→1ポイント~
ポンド/円 6銭→4銭~

低スプ他社と比較するといまいちインパクト弱いか?!
サイバーエージェントは、ドル円のスプ1がかなり安定しているので、今後の固定化、更なる低スプ化に期待しています。
サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】


トレイダーズ証券
「ネットフォレックス」の口座保有者宛に、キャンペーン情報が飛び込んできました。ネットフォレックスは残念ながら、5月31日に新規口座申込みを中止しています。ジジイはちょっとした興味本位で、4月にネットフォレックスの口座開設をしていました。こちら参照。

ネットフォレックスの口座保有者には、下記URLが案内されています。トップページからこのページへのリンクはありません。
http://www.traderssec.com/cam/

しかし、新商品の名称が「TRADERS FX」とは・・・。
グループ会社の「トレーダーズFX」がスプレッド0~で業界に参入し、間もなく廃業となってしまったのは2008年10月なので、まだ記憶に新しいです。
「TRADERS FX」に関する情報はまだ少ないようですが、トレーダーズ証券の既存の2つの商品を終了してまで投入するモノなので、ジジイはかなり期待しています。



人気ブログランキング
しばらく大人しかった印象のあるクリック証券も、ここのところの他社の動きに押されてか、スプレッドの改善と大型のキャンペーンに乗り出しました。

今回、クリック証券は、ユーロ円のスプレッド1銭~ を宣言しました。
主要通貨ペアのスプレッドは以下のとおりになります。
クリック証券スプレッド

クリック証券は、固定スプレッドではありませんが、最狭時のスプレッドは、固定低スプ各社よりも狭いのです。しかも、そこそこの頻度で、最狭スプレッドが提示されます。
下記は、6月18日 5:30A.M.頃の実際のスプレッドです。常にこうというわけではありませんが、このスクリーンショットを取るのに、1分かかりませんでした。
クリック証券 実際のスプレッド

さて、そのクリック証券が口座開設キャンペーンを6月16日から開始しました。条件はやや面倒ですが、十分狙っていける内容です。キャッシュバック金額は最大1万円です。ジジイは既にクリックの口座を開設済みなので、例によって妻に狙わせます(笑)。
条件は、新規口座開設+1取引に加え、入出金差額50万円以上が必要、というものです。詳しくは、こちらでご確認頂けます。

ジジイは一時期、クリック証券をメイン業者にして日々スキャルを行っていましたが、専用トレーディングツール「はっちゅう君FX」の使い勝手もかなり良いし、レバレッジも最大200倍、サポートも24時間なので、メインスキャル業者として十分使っていけます。
ジジイにとって唯一残念だったのは、午前3:00~6:00は、クイック入金が利用できないという点です。あまり気にする人はいないかも知れませんが、いざというとき重要なのでやや注意が必要です。

クリック証券の約定力については、あまり良い噂を耳にすることはなく、実際約定力が強いということはないと思います。が、ジジイがスキャルで使った印象としては、他の低スプ業者と比較してまったく遜色のないものです。

FXするならクリック証券


人気ブログランキング
こんにちは、ジジイです。
三沢選手がなくなってとてもショックです。心よりご冥福をお祈りします。
さて、最近はときどきスキャルもやっていますが、当面はFX業界ウォッチャー、キャンペーン乞食関連の記事の執筆を行っていきます。

6月15日から、エフエックス・オンライン・ジャパン が、金額的になかなか美味しいキャンペーンを開始しています。
口座開設+1取引で5000円、CFDもしくはBOの取引をするとさらに5000円というものです。
ジジイはFX onlineの口座を既に開設済みなので、この機に妻に狙わせようかと考えています。取引もしなければならないので少々手間がかかりますが、キャンペーン期間は8月29日までなので、時間的には余裕があります。

ちなみに、キャンペーンのタイトルは、ドル/円スプレッド0.9銭から記念キャンペーンなのですが、残念ながらジジイが観察した限りでは、ドル円のスプレッドは常時2.0で推移していました。この点は、今後の改善に期待です。
取引コストはB級ですが、約定力は99%以上とのことで、完全にA級です。
滑るのが許せないスキャル派の方には選択肢になります。




人気ブログランキング

フォレックス・トレードは、ドル円のスプレッド0.8銭固定(7月3日までのキャンペーン期間中は0.6銭固定)という強烈なシステムスペックで、2009年5月にFX業者としてデビューを果たした超低スプ業者の一つですが、その親会社は、ドル円スプ0で有名なクリック証券です。

両社とも超低スプ、ハイレバを売りにしたスキャル向けの業者で、ジジイとしては、ターゲット層が同等であるのに、子会社を作った理由がイマイチ理解できませんでした。そこでズバリ、フォレックス・トレードのカスタマーセンターに、「御社の利点は?」、「クリックと比べてどちらが良いの?」という趣旨の質問をぶつけてみました。

メールで問い合わせ後、9時間ほどで返信が来ました。フォレックス・トレードの顧客対応のスピード感はなかなかのものだと思います。
回答は・・・

応援お願いします。
人気ブログランキング
[フォレックス・トレードに聞いてみました]の続きを読む
6月12日にMJが、"5通貨ペア"スプレッド固定キャンペーン!! の継続を発表しました。6月15日(月)~2009年6月19日(金)も、今週と同じ超低スプ固定が維持されます。スキャル派には嬉しいニュースです。

先週と同じになりますが、来週の超低スプ固定業者の状況は下表のとおりです!

固定低スプ業者 6/15~6/19のスプレッド
 USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYAUD/JPYNZD/JPYEUR/USD
Forex
Trade

0.6

1.2

1.8

-

-

-

EMCOM
証券

0.8

1.5

2.3

2.5

3.0

-

EMCOM
TRADE

0.9

1.4

2.4

2.5

3.0

-

MJ

1.0

1.3

1.7

2.5

3.0

1.0

外為
オンライン

1

2

5

5

6

1

 



Forex Tradeが優位ですが、キャンペーン期間は7月3日までです。

EMCOM証券は、キャンペーンではなくてこのスプレッドです。7月以降は最強かも。

EMCOM TRADEは、キャンペーン期間は7月1日までですが、その後もキャンペーンが継続されていく可能性が高そうです。また、EMCOM TRADEは、表に記載された値を上限とする可変スプレッドで、最低スプレッドは0.1銭です。

MJは6月19日までのキャンペーンスプレッドです。ポンド円では一日の長があります。

元祖スプ1固定の外為オンラインは、最近やや元気がありませんが、ユーロドル固定が強みです。奮起に期待。


MJの口座開設キャンペーンは、6月19日までです。今なら通常よりちょっと多目の8000円がキャッシュバックされます。
すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」


人気ブログランキング

EMCOM証券/EMCOM TRADEの関係と、両社のシステムをご存知の方なら、誰でも抱くであろう疑問を、EMCOM TRADEのサポート窓口にぶつけてみました。
質問は以下のとおり。


御社とEMCOM証券との違いについて、教えてください。
御社とEMCOM証券は、親会社が共通という関係かと思いますが、会社名だけでなく、サービス内容も非常に良く似ていると思います。超低スプレッドや高レバレッジを特徴としている点などです。どちらも非常に素晴らしいサービスを提供してくださっている点はユーザーとしては有難い限りなのですが、検討を進めていくと、「どちらを選ぶのが良いの?」という疑問に突き当たります。あまりにもサービス内容が似すぎていて、ターゲットとしている客層も同等なのではないか、と感じるためです。この点について、

1.EMCOM証券にはない御社の利点
2.業者選びにあたってのアドバイス

などがあれば、お聞かせ願えないでしょうか?
是非よろしくお願いします。

応援お願いします。
人気ブログランキング


[EMCOM TRADEに聞いてみました]の続きを読む
6月10日は、早寝してしまったため、デイトレ注文を出せませんでした。

さて、5月14日以降、独自ルールによるデイトレの結果を公表することを続けてきましたが、約定しない日が多く、トータルの損益もほぼプラマイゼロという状況なので、全く面白みがなくなってきてしまいました。従って、デイトレの研究は今後もずっと続けますが、日々結果を公表するのは今日までで一旦止めることにします。今後の研究の結果、もっと勝てる手法や、結果にメリハリが出るような手法を発見したら、結果公表を再開したいと思います。

このブログについては、当面は、業界ウォッチャー、キャンペーン乞食として、注目ニュースやお得情報の記事を掲載していく活動を続けて行きたいと考えています。今後ともよろしくお願いします。


人気ブログランキング
6月9日のデイトレは、IFO注文が新規約定に至らず損益ゼロです。
低スプレッド、高レバレッジでスキャル業者のトップクラス入りを覗っている外為ゼロの口座開設の流れをご紹介します。



6月4日(木) 1:40頃
インターネットで申込みを行いました。
オンラインの口座開設フォームの「面倒くさい度」は、並といったところです。
最近は各社とも、いろいろな予防線を張る必要があるようで、下図のように、PDFをダウンロードしたあとにチェックボックスにチェックをすることが必須である場合などが多いです。
外為ゼロ オンライン口座開設フォーム


6月4日(木) 1:49
「口座開設ありがとうございます」メールが来ました。
メール中に、「電話にて本人確認」と書かれていますが、電話は来ませんでした。
外為ゼロ 「口座開設ありがとうございます」メール


6月4日(木) 1:52
メールで本人確認書類を送付しました。
外為ゼロ メールで本人確認書類を送付


6月5日(金) 8:55
転送不要の簡易書留で、「オンライン口座開設内容」が届きました。速い!
外為ゼロ オンライン口座開設内容

郵便追跡サービス


さて、他社の場合は、「オンライン口座開設内容」に該当する書面に、IDとパスワードが記載されているケースが多いですが、外為ゼロの場合は、IDしか記載されていません。
これは、ログイン画面にIDだけを入力し、「パスワード問い合せ」を行うことによって、登録済みのメールアドレスにパスワードを通知する仕組みになっているためです。
書面にパスワードが記載されていることにやや抵抗感があるジジイとしては、この仕組みは悪くないと思います。

6月9日(火) 0:36
パスワード問い合せでパスワードを取得し、ログインすることができました。
メール本文にも記載されていますが、メールでパスワードを受信後、すぐにログインしてパスワード変更を行わないと、書面にパスワードが記載されているよりももっと危険だと思いますので、その点は各自で注意が必要です。
外為ゼロ パスワード問合せのお知らせ




以上、外為ゼロの口座開設は、たった2営業日完了しました。キャンペーンで口座開設申込がかなり増えている時期だったと思うのですが、備えは万全だったようです。

外為ゼロのシステムスペックは、ドル円スプレッド1銭~となっていますが、安定度はいまひとつのようで、2~3銭の時間帯が結構長いです。今後の改善に期待したいです。キャンペーンは美味しいので、狙いに行くのが得策!


一部業者による固定低スプレッド競争が、ここ最近で加速しています。

MJは6月5日、以下のキャンペーンを発表しました。
期間:6/8(月)~6/12(金)
 GBP/JPY "1.7銭 固定"
 EUR/JPY "1.3銭 固定"
 AUD/JPY "2.5銭 固定"
 NZD/JPY "3.0銭 固定"
 EUR/USD "0.01¢固定"


同じく6月5日、EMCOM TRADEが以下のキャンペーンを発表しました。
期間:6/8(月)~7/1(水)
 USD/JPY 0.9pips固定 最低スプレッド 0.1pips
 EUR/JPY 1.4pips固定 最低スプレッド 0.1pips
 GBP/JPY 2.4pips固定 最低スプレッド 0.1pips
 AUD/JPY 2.5pips固定 最低スプレッド 0.1pips
 NZD/JPY 3.0pips固定 最低スプレッド 0.1pips



次々と新しいキャンペーンが唐突に打ち出される状況ですが、今週スキャルをするなら、という観点では、下表のとおりです。
いずれも、固定スプレッドです(笑)。もう笑っちゃいます。

6/8~6/12 低スプ固定業者


特記事項として、
EMCOM証券外為オンラインは、キャンペーンではなく、恒久的にこのスプレッドです。
・EMCOM TRADEは、上限スプレッドを記載しており、下限は0.1pipです。


人気ブログランキング
6月6日のデイトレはIFO注文が新規約定に至らず±0

※6月6日は、「新規約定に至らず」ではなく、「トレードお休み」の誤りでした。
ここのところFX業界では、取引コスト改善に関係するニュースが多数飛び交っています。
今度は、EMCOM証券(旧パンタレイ証券)が動きました。6月8日(月)より、主要5通貨ペアの基準スプレッドが以下の通り改善されます。

○USDJPY 1.0銭固定  ⇒  0.8銭固定
○EURJPY 2.0~変動  ⇒  1.5銭固定
○GBPJPY 2.5~変動  ⇒  2.3銭固定
○AUDJPY 3.0~変動  ⇒  2.5銭固定
○NZDJPY 4.0~変動  ⇒  3.0銭固定

これまたすごい!
あっと驚く固定スプレッドで先手を打ってきたフォレックス・トレードが5月に取引を開始したのはまだ記憶に新しいところですが、その後1ヶ月強で、EMCOM証券が同じ土俵で真っ向勝負を挑んできました。フォレックス・トレードは7月3日までのキャンペーン期間が終了すると、以下のスプレッドになります。

USD/JPY=0.8pips固定
EUR/JPY=1.8pips固定
GBP/JPY=3.0pips固定

EMCOM証券はフォレックス・トレードより好条件を提示してきました。お客さんを奪われてなるものか、といったところでしょうか。

今後も、両社ともに頑張ってもらいたいところです。
最近スキャルを休止しているジジイですが、スプレッド以外に、EMCOM証券優位と感じるポイントがひとつあります。フォレックス・トレードが、「セーフティバルブシステム」なる自動損切の機能を搭載している点です。なにやら、レバレッジが高いと、少しレートが想定外の方向に動いただけで、自動的に損切が行うという、おせっかい機能のようです。


EMCOM証券は、新規口座開設+1取引で5000円キャッシュバック実施中です。6月30日まで。
EMCOM証券

フォレックス・トレードは、取引ツールを使って取引をすると、最大3000円キャッシュバックを実施中です。7月31日まで。
フォレックス・トレード

どっちも頑張って!!


人気ブログランキング
6月5日のデイトレは新規約定に至らずです。
面白みのない結果報告になってきました。

人気ブログランキング
6月4日のデイトレは逆指値にかかってしまいました。
なかなかうまく行かないものです。。。
6/4 -2050 (V)

人気ブログランキング
5月下旬以降、お得なキャンペーン情報やシステムスペック改善のニュースがたくさん飛び交っています。 注目度の高いものをピックアップして行きます。次にご紹介するのは、外為ゼロです。 FX ZEROとは別会社ですよ(笑)。

6月1日~6月30日という短期間で、1万円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。
条件は、キャンペーン期間中の新規口座開設+片道10万通貨の取引です。
金額は大きく、敷居は低めなので、ジジイは狙って行くつもりです。1万円はおいしいので妻にも狙わせようと思っています。

外為ゼロの実力は未知数ですが、ドル円スプレッド1~、最大レバレッジ約200倍、通貨ペア36種ということで、カタログ上のスペックはスキャル用としても合格圏内に入れるもののようです。
後日、「ジジイの口座開設日誌」でも取り上げたいと思います。



人気ブログランキング
昨日ご紹介したEMCOM証券に続き、また「不意打ちの」キャンペーン情報です。今度はMJです。
6月3日~6月5日の間、以下のとおりスプレッドが縮小&固定されます。

・ユーロ円 ・・・・・ 1.3銭固定!
・ポンド円 ・・・・・ 1.7銭固定!


MJは今までよく、19:00~20:00だけのタイムセールという形で好条件を提示してきましたが、今回は3日間だけですが、終日固定です。

衝撃が大きいのはポンド円です。
6月3日現在、ポンド円のスプレッドに関しては、EMCOM証券が2.5銭固定、フォレックストレードが1.8銭固定(両社とも現在キャンペーン期間中)となっていますが、MJはそれらを上回る1.7銭固定というチャレンジをしてきました。
3社で不毛な争いを行っているようにも見えますが、こういった競争がエスカレートしていくことによって、恒久的な低コスト化が進むものと、ジジイは大いに期待しています。

念のためMJにログインして確認しました。ご覧のとおり、本当にポンド円のスプレッドが1.7銭固定です。スキャル派にはたまらない光景です。
MJ ポンド円スプレッド


このスプレッドは、6月5日のNYクローズまでとのことなので、残念ながら今から口座開設してもこの恩恵は受けられません。ただ、昨日も述べましたが、不意打ちキャンペーンに備えて口座開設を行っておくというメリットは、それなりにあると思います。MJでは現在、口座開設キャンペーンスペシャルも実施中で、6月19日までに口座開設申込みを行い、開設完了後に1取引するだけで8000円もらえるので、口座開設を行うタイミングとしては今はチャンスです。
すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」


人気ブログランキング
6月2日のマイルールによるデイトレは、新規約定に至らず、3勝3敗のまま・・・。
全然面白みがなくなってきましたが、バックテストを実施するか、新規約定した結果が30戦分くらい出るまでは、バーチャル取引を繰り返し、一応、ブログへの結果記録を行っていく所存です・・・。

人気ブログランキング
5月下旬以降、システムスペックの改善やお得なキャンペーンのニュースがいろいろ飛び交っている気がします。ジジイ注目のニュースを、今日は2点、ピックアップして簡単にご紹介します。

EMCOM証券 みんなのFX
6月1日朝の不意打ち発表だったため、ご紹介も遅くなってしまいましたが、なんと、6月1日(月)~6月5日(金)の間、終日、ユーロ円が0.9銭、ポンド円が2.5銭の固定スプレッドになります。これなかなかすごいです。
短期間の不意打ちキャンペーンなので、既に口座開設済みの人がターゲットになりますが、こういった不意打ちキャンペーンを今後もやるから、口座開設しておいてよね、というメッセージにも感じられます。
EMCOM証券は、EMCOM TRADEに押され気味のようにも見えましたが、ぜんぜん元気のようです。
EMCOM証券


エフエックス・オンライン・ジャパン
6月1日より、ドル円の最低スプレッドを0.9に引き下げました。標準スプレッドは2.0のままで、ちょっとみたところは常時2.0固定でした。が、約定力重視グループの一角であるエフエックスオンラインまでもが1未満スプレッドに乗り出したということで、業界・他社へのインパクトはそれなりに大きいんじゃないかと思います。



人気ブログランキング
6/2 -2000 (V)

6月2日のジジイ式デイトレは、新規約定後、1時間足らずで20pips逆行し、逆指値で決済されてしまいました。3連勝で始まったジジイ式デイトレですが、その後引分けを挟んだ3連敗で勝率はイーブンとなってしまいました。適当な思いつきで始めた手法で勝てるほど甘くないという現実を突きつけられつつあります。
ま、バックテストを行う時間ができるまでの間は、バーチャルで修行です。


人気ブログランキング
ドルフィンFXが、6月1日からドル円のスプレッドを1.0銭に縮小しました。縮小される前はどうだったのかと言うと、ドルフィンFXのドル円のスプレッドは1.5でした。今まで、1.0はどうしても厳しかったということが感じ取れる、中途半端なスプレッドです(笑)。きっと涙ぐましい経営努力の甲斐あって、今回1.0を提供することが可能になったのだと理解しています。

さて、ドルフィンFX、あまりたくさん使ったわけではないので、多くは書けませんが、システムは比較的安定していて、他の低コスト業者に比べて約定力では勝っていると思います。Web版とリッチクライアント版がありますが、スキャルに使うのでなければ、Web版でも十分です。レバレッジは最大200倍と十分です。問題のスプレッドですが、現時点では1.0が十分安定しているとは言えないようです。1.5くらいに開いている場面が結構見受けられます。
信頼性の高い業者なので、もうちょっとスプレッドが改善されれば、主力低コスト業者に仲間入りできるのではないか、と思っています。

6月1日~8月1日まで、口座開設+初回取引で、5000円キャッシュバックされるので、とりあえず口座開設しておくなら、今は良いタイミングです。

小林洋行の店頭FX「ドルフィンFX」
ヒロセ通商のLionFXが、スプレッドの大幅縮小を発表しました。
新スプレッドは以下のとおり!

・ドル円 0pip~
・ユーロ円 1pip~
・ポンド円 2pips~


ジジイは従来より、LionFXはスプレッドだけが弱点と思っていました。それがとても大事なわけですが。スプレッドを除くLionFXのシステムスペックは以下の通り、かなり強力です。

1.無料で1000通貨単位取引が可能。
2.通貨ペアが50種と豊富。
3.ハイレバレッジ(400倍超)可能。
4.ユニークなキャンペーンを頻繁に実施。
5.取引ツールがWebベース。これがなかなか使いやすい。(ワンクリック注文、チャートから注文等)
6.出金が早い。(当日出金可能)
7.クイック入金の対応銀行が多い。
8.1/10クォート(ドル円なら、小数第三位までのレート表示)不採用。
好みが分かれますが、目がチカチカしないこっちが良いという人もいます。


従来のスプレッドも、業界全体で見れば決して悪くないのですが、例えば、ドル円のスプレッドは、1~を謳いながらも、頻繁に2~3に広がっていたのが実情でした。

今回の発表は、スプレッドに関しても業界最強水準を宣言する内容で、これが本当であれば、LionFXは、ほぼ弱点がなくなり、最強業者と呼べる存在に近づく思います。
実際スプレッドはどの程度改善されたのか?早速覗いてみました。結果は・・・

ドル円スプ0!
LionFX ドル円スプ0!

ユーロ円スプ1!
LionFX ユーロ円スプ1


以上のとおり、ポンド円は確認できませんでしたが、ドル円、ユーロ円に関しては、少なくとも発表がウソでないことは確認しました。
がしかし、まだ改善の余地は残る、というのが本当のところです。ドル円に関しては、以前と比べてスプ1の時間帯が大幅に増えているようですが、しばしばスプ2に開く場面も見られました。スプ0は、ずっと監視していれば稀に見られる、くらいの発生頻度です。
ユーロ円については2~3pipsくらい、ポンド円は5~6pipsくらいが中心のようです。

ちょうど、つい先日スプレッドの改善を宣言したFX ZEROこちら参照)とほぼ同レベルのスプレッドと言えそうです。
従来と比べて、スプレッドが大幅に改善されたのは間違いなく、スプレッド以外の条件が非常に良いので、低コスト業者選びの候補にLionFXが入っていなかった人は、今後は含めて考えて頂くと良いと思います。スキャルだけでなく、デイトレ、スイングにも大いに利用できる業者です。


6月30日まで、新規口座開設+片道10万通貨取引で、1万円をキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。 初心者が無理に手を出すのは危険ですが、中級者以上にとってこれは悪くない条件で、口座開設がまだの方は今はチャンスです。
また、「いか焼きプレゼント」、「ゴーフルプレゼント」も実施中です。
食品プレゼントのユニークなキャンペーンを頻繁に実施してくれるのは、ヒロセ通商だけです(笑)。

FX取引ならヒロセ通商へ


人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。