FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXプライムが、選べるHIGH・LOWという新商品の取扱いを先週(2010年1月22日)から始めました。
昨日、スイングとは?という記事を書きましたが、1週間程度の値動きを予測するのが得意なスイング派の方にとって、なかなか面白そうな商品です。


商品の詳細はこちら。
『選べるHIGH・LOW』


ルールは、大雑把に説明すると、次の1週間の間に、ドル円が上に行くか下に行くかを予想し、1口1万円を賭けるというものです。最大20口賭けることができます。勝てば賭け金が約2倍になり、負ければ賭け金を失います。簡単に言うとそんなゲームですが、加えて、どの程度上に行くか、下に行くかも予想することで、払い戻し倍率を6~7倍くらいまで高めることができます。
予想は、毎週金曜の17:00~翌週月曜の9:30の間に行います。

申込み画面はこんな感じです。
選べるHIGH・LOW (FXプライム)


この例では、ジジイは来週1週間でドル円が、1円以上円安方向に向かうと予想し、1口を賭けました。基準となるレートは、月曜日の仲値です。月曜日の仲値が仮に90.29円だとします。予想が的中し、金曜日15:00のレートが91.30以上であれば、賭けた1万円の2.75倍が払い戻されるので、結果的に17,500円儲かります。それ以外の場合は、1万円を失います。こんな具合で、ゲーム・ギャンブル感覚で外貨投資ができる商品です。

普通にポジションを持つ場合と比べ、以下のような利点があります。
・どんなことがあっても、負けた場合の損失額が前もって確定している。
・為替レートが予想と逆に大きく動いてしまっても、最終的に予想通りならOK


普通に1万通貨をロングした場合と比較して、収益がどうなるかをグラフにしてみました。
選べるHIGH・LOWの収益グラフ


損失が確定しているのは大きな利点です。しかし、±1円の範囲内では、青い線(普通に1万通貨をロング)の方が上にあることが分かります。レンジ相場なら、普通にポジションを持った方が良さそうです。この商品は、荒れ相場のときに、なるべく値幅の読みまでを含めて購入するのが良さそうです。例えば、雇用統計が発表される週など。一気に予想通りの方向に行けばOK、逆に行ってしまっても敗者復活を望める、負けてしまっても、損失額は確定されています。


選べるHIGH・LOWに今後期待したいのは、賭け金の小口化です。1口1万円だと、私のような庶民はちょっと戸惑います。1000円まで行かなくても、2000円とか5000円くらいなら、試してみようか、という気になりやすいと思います。


FXプライムは、3月31日までに口座開設すると、以下のいずれかの書籍をもらえます。
FXプライムFXプライム



応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサーサイト
スキャル派のジジイは、今後もFXのスキャルについて掘り下げて行きたいと考えていますが、今日はスイングとは?というテーマで記事を書きます。こういった初心に帰った記事を書くことで、いろいろな気付きを得られる場合がありますし、FX初心者の方や、初めてこのブログを見てくださった方に、多少なりとも役に立つ可能性があると考えています。

応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



スイングとは、短期的な為替差益を狙っていくトレード手法です。「短期」の厳密な定義はありませんが、通常1週間以内とか、長くても2週間程度で決済(利益確定または損切り)します。

雇用の改善・改悪や政策金利、大企業の決算といったファンダメンタルな情報や、チャートの形などテクニカルな分析結果に基づき、この先1~2週間で強そうな通貨の買い、または弱そうな通貨の売りポジションを持つわけです。為替が予想通りの方向に動けば、そこそこのところで成行決済するか、もともと決めておいた利食いラインで指値決済します。予想に反した場合も同様に、ほどほどのところで成行決済するか、もともと決めておいた損切りラインで逆指値決済します。

スイングの利点は、実際にFX業者のシステムにログインして取引を行う時間が短くて良いことです。ポジションを持ったら、指値・逆指値を設定してあとはほったらかしでも問題ないわけです。(ポジションを持つまでは、タイミングを計ったり、じっくり考えたり多少時間がかかるかも知れませんが。)忙しいサラリーマンでも趣味的にマイペースで楽しめるトレード方法です。一方で、FXだけで生活しているような人も世の中には存在しますが、そういった人の多くはスイング派であるようです。スイングで稼げるようになると、自由な時間が多くて良いと思います。スキャルですと、基本的に画面に張り付いている必要があるので、「拘束時間」が長くなります。

短期的な為替差益を狙うスイングよりも、更に短期の為替差益を狙う手法が、デイトレやスキャルです。デイトレは1日1~2回程度の売買、スキャルは数分以内程度の売買でポジションを閉じてしまう手法です。FXを極めるならスイング、という気もしますが、やっぱりジジイはスキャルが好きで、今後もスキャルで専業を目指し(?)、研究を重ねて行くつもりです。


<関連記事>
スキャルとは?

外貨ex(サイバーエージェントFX)のリアルタイム出金をご紹介したいと思います。

この機能は2009年9月に、お知らせに掲載することもなく、ひそやかにリリースされたのですが、素晴らしく、ありがたい機能だとジジイは思います。詳しくは、下記リンクに掲載されています。

http://www.gaikaex.net/pdf/20090926release.pdf
http://www.gaikaex.net/information/real/
http://www.gaikaex.net/faq/74?category=5


営業日の8:50~14:30に出金依頼すれば、即時で出金してくれるという優れもののサービスで、ジジイの知る限り、このサービスを提供しているのは外貨exだけです。8:50~14:30以外の時間帯で出金依頼すると、翌営業日の8:50頃に出金されます。このサービス内容は、理屈的には何も難しいことはないはずです。例えば、ジジイが10:00に出金依頼をしたとすれば、業者側の担当者はそれを受けてすぐに自社口座のインターネットバンキングにログインし、ジジイの指定銀行口座宛の振込処理を行う。ただそれだけの話です。完全にリアルタイムではありませせんが、通常10:05までには間違いなく着金します。実際には、そういった振込作業をひたすら行う担当者がいるわけではなく、システムによって自動化されているのでしょうが、すぐに振込処理を行えば、お客さんの銀行口座にすぐに着金するという、シンプルな発想です。

他社はどうなっているかというと・・・。出金が早いことで有名な業者は、EMCOM証券やフォレックス・トレードです。EMCOM証券は、11:00までに依頼すれば当日中に出金されます。フォレックス・トレードは、14:00までに依頼すれば当日中です。良いサービスですが、両者とも、出金は「当日中」であって、「即時」ではありません。例えば、ジジイが10:00に出金依頼を行ったとすると、この2社は、恐らく14:30とか、決まった時間になるまでは何もしてくれません。そして14:30になると、それまでにたくさんのお客さんからもらった出金依頼を一斉に処理し出す、というわけです。
EMCOM証券やフォレックス・トレードは優れている方で、他の多くの業者は、10:00に出金依頼を受けると、翌日の日中くらいに出金処理が完了する、という流れになります。

出金が速いとうのは大変ありがたいことです。人によって、投資のスタンスにもよって、不要と思う方もいるかも知れませんが、遅いよりは速い方が絶対に良いわけです。こんな便利サービスを密やかにリリースした外貨exはエライ、とジジイは思います。
外貨exは、低スプと約定力の両立タイプで、レバレッジも最大200倍が可能なので、スキャルにも持って来いの業者です。1000通貨単位もサポートしています。口座数10万超という安心感もあります。
現在、新規口座開設+取引1回で、最大1万円もらえるキャンペーンを実施中です。



更にすごいことに、外貨exでは、出金先の銀行・口座をオンライン上で変更することができます。2009年9月以降の外貨exは、禁断の秘奥義と言われる「ジジイ式資金移動術」を使うのにもっとも適したFX口座になりました。持っておいて損はない、おすすめ口座です。


<関連記事>
ジジイ式資金移動術


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スキャル向け各FX業者の固定低スプレッドの状況を久しぶりにまとめてみました。
下図のとおりです。

スキャル向け各FX業者 1月25日以降の固定スプレッド


特記事項は・・・
・相変わらずDMM FXが強く、独走状態です。
・ポンド円の覇権をかけて、EMCOM証券MJの小競り合い(キャンペーン合戦)が始まりましたが、0.1pip差でMJが有利です。
インヴァスト証券のFX24を表に追加しました。期間限定ですが、ドル円0.8固定です。
FXブロードネットを表に追加しました。公式サイトを見るとなんと、従来「0.5~」だったドル円のスプレッドの記載が、「0.5~0.9」に変わっています。アナウンスも出さずにいつの間にか変わっていたようですが、わりと最近変えられたのではないかと思います。
TRADERS FXを表から削除しました。以前は、公式サイト上にドル円0~1という記載があったと思うのですが、現在見当たらないためです。ただ、実際ドル円のスプレッドは常に1以下のようです。


2月からはこの表にディールFXとMATRIX TRADERが加わることになると思います。ドル円の上限スプレッドが1以下の業者を掲載しているのですが、他にも漏れがありそうですね・・。LionFXなんかも入るのかな?次回見直します。最近では、ドル円1銭以下はほんとに珍しくなくなりました。



応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ





「ディールFX」のデモ取引を行ってみて生じていた疑問点について、ひまわり証券から回答が来ました。以下、コピーペーストです。


ひまわり証券でございます。
ディールFXデモ取引のご利用ありがとうございます。

> 1.一括決済注文のやり方が分かりませんでした。一括決済機能はないのでしょうか?

誠に恐れ入りますが、ディールFXでは一括でポジションを
決済する注文方法のご用意はございません。
そのため、ポジション毎に決済していただく必要がございます。
何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

> 2.2本以上のLot数で新規注文を出したところ、約定はされたのですが、1本のポジションが2個できました。どういう仕様になっているのでしょうか?

恐らく、部分約定によりポジションが分かれたのかと思われます。
ディールFXではそのレートで提供可能数量以上のご注文があった場合、
部分約定となることがございます。成行や逆指値注文においては、
残りは次のレートの可能数量内で約定いたします。
※新規注文においてはワンクリックモードを除き、部分約定を
 許可しない設定に変えることは可能です

ガイドブックをご用意しておりますので、こちらもご参照ください。

http://sec.himawari-group.co.jp/fx/common/pdf/dealfx_guidedemo.pdf



2については、相当のロット数でスキャルをやる人は注意が必要ですが、それ以外の場合はあまり問題ないと思います。
問題は1です。一括決済機能がない、導入の予定も今のところないようで、これは結構不便だと思います。こういったことは、利用者がどんどん要望をあげれば改善されるものだと思います。FXブロードネットも、以前は一括決済機能がありませんでしたが、顧客からの要望が多かったらしく、追加で搭載したということがありました。ジジイも要望をあげた一人です。

取引手数料0円 FXブロードネット


ディールFXは、スキャル派としてかなり期待できる優秀なサービスですが、スキャルをやる上で一括決済機能がないのは結構痛いと思います。同じように感じる方は、是非ひまわり証券に要望をあげて頂きたいと思います。ひまわり証券に意見・要望を伝えるには、下記ページをご参照ください。

http://sec.himawari-group.co.jp/faq/inquiry/


さて、先日ジジイは、ディールFXのデモ取引にて、ジジイ式スキャルの「レベル100」でトレードしてみました。一時的に証拠金が大きく目減りしてしまいましたが、最終的な収支は+40,000円でした。
ジジイ式は、デモ取引等で、ゲーム感覚のスキャルをやるには楽しい手法だと感じました^^;
ディールFXでジジイ式スキャル



応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



<関連記事>
ディールFXのデモ使ってみました
ディールFXとひまわりFX
ひまわり証券がスプレッド最低0レベル「ディールFX」導入決定!
ジジイ式スキャルとは?
ジジイ式スキャル公開中

スキャル派期待の新サービス、ひまわり証券ディールFXのデモ取引が、1月19日から利用可能になっています。さっそく使ってみたところ、「低スプレッド」と「高約定率」という売り文句どおり、なかなか好印象のシステムでした。

http://sec.himawari-group.co.jp/company/media/news/detail.html?regNo=1384&pageNo=#newsDetail


まず、取引ツールはクライアントインストール型のため、ダウンロードしてインストールする必要があります。インストール型は、Webベースのツールと比べると若干面倒ではありますが、機能が充実しているのなら、それはそれで構わないとジジイは考えています。さっそくログインしてみたところ、レートパネルが小さくてみずらく、第一印象はイマイチだったのですが、パネルの右上についている「+」というボタンを押すだけで、見やすい大きさに拡大できたので一安心。

スプレッドは、あらら意外と大したことない?という印象を持ちかけたのですが、そんなことはありませんでした。ドル円だけ、そんなにはすごくない、というのが答えです。初めはどうしてもドル円のスプレッドに注目してしまうのですが、通常は1.0、まれに0.5とか0も出るようですが、逆に2.0まで広がってしまう場面も多くみられました。従って、「そんなでもないのかな?」という印象を持ったのですが、ドル円以外のスプレッドがすごいんです。ディールFXの通貨ペアは、厳選10種類のみです。クロス円が少なめで、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、スイスフラン円の4種だけです。NZドルやカナダドル円、ランド円などがありません。外貨同士の通貨ペアは、ユーロドル、ドルスイ、ポンドドル、豪ドル米ドル、ユーロポンドの5種です。これら9種にドル円を加えた10通貨ペアだけが、取引可能です。「厳選」した結果の10通貨ペアだと、ジジイは感じました。


それで、ドル円以外の通貨ペアのスプレッドがどうなのかというと、下記スクリーンショットのとおりです。スプレッドは固定ではなく可変ですが、適当なタイミングで取得したスクリーンショットをみると、なんと、ドル円以外に、ユーロドル、ポンドドル、ドルスイ、豪ドル円、スイス円のスプレッドまでもが1pipなのです。これって、かなりすごいと思います。ドル円とユーロドルなら、スプ1は最近ではあまり珍しくないですが、ポンドドルやドルスイまで1というのは驚きです。ドルスイでスキャルなんてどうなんでしょう?渋い。

ディールFX レートパネル



約定スピードも、申し分ありませんでした。十分速く、ストレスを感じさせません。

しかし、弱点もありそうです。
いろいろ探してみたのですが、複数ポジションの一括決済機能が見当たりませんでした。これは不便です。また、デモ取引なので、2本(200Lot)や8本という新規取引を何度も行ったのですが、2本の新規取引が約定されると、1本のポジションが2個できる、ということが何度か起こりました。このあたりは、何らかの仕様に基づいてそういう動きになっている、ということだとは思いますが・・・。以上の2点は、サポートに問い合わせてみました。
ちなみにディールFXでは、一度の注文の上限は10本(1000万通貨)だそうです。通常他社だと、5本が上限の場合が多いです。お金持ちの方や、一発大勝負をしたい方は、ディールFXで10本の取引を行ってみるのも面白そうです。10本のポジションを持つと、1pipの値動きで10万円の損得がでます。それが10本という単位です。



以上、ひまわり証券のディールFXは、JFXのMATRIX TRADERと同様でかなり良さそうです。この2サービスは、スキャル派の期待の星です。是非頑張って頂きたいところ。


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



JFX株式会社MATRIX TRADERのデモ取引が、1月19日から開始されました。さっそくデモ口座を開設して、デモ取引を行ってみました。


ベースになっているのは、LIONFXエースでねらえ!FXが採用しているJavaのシステムのようです。メインのウィンドウ内に、小ウインドウを自由に配置するスタイルになっている点、各小ウィンドウの機能、メニューバーの内容などが似通っています。しかし、チャートや、通常注文時に表示されるミニウィンドウの内容は、クリック証券のはっちゅう君と酷似していました。もともとこれらすべての業者のシステム開発元が同じということなのか、ジジイには分かりませんが、今までそれらのシステムのどれかを使ったことがある人は、MATRIX TRADERにも馴染みやすいと思います。なお、システムが他社と同じだとしても、インターフェイスのカッコ良さは、MATRIX TRADERが群を抜いている、と感じました。黒ベースのプロっぽい画面です。"MATRIX TRADER" というネーミングもジジイは好きです。


注目のスプレッドも良好です。ドル円のスプレッドはずっと1銭をキープ、その他通貨ペアも、ユーロ円2銭、ポンド円3銭、ユーロドル1pipなど、業界最狭水準です。最近主流になりつつある、小数点以下3桁のレート表示を採用していない点は、ジジイにとってやや意外でした。しかし、2桁、3桁は一長一短があり、一概にどちらが良いとは言いにくい部分です。

約定スピードは、極めて良好と感じました。とても速く、スキャルをやっていてストレスがないです。快適なので、早く新たなポジションを持ちたいという気落ちにすらなってしまいます(笑)。

今日はデモ取引で短時間スキャルを行い、3百万円だった仮想資金を21,010円増やすことができました。10円という端数は、基準Lot数の設定を誤ったためです。はい、MATRIX TRADERは、1000通貨単位もサポートしています。しかも、手数料無料。小額から初めてみようという初心者にも優しいです。


以上、ジジイは早くもMATRIX TRADERがかなり気に入りました。
約定スピードやスプレッドに関しては、デモ取引だから、という部分が多少はあるかも知れないので、今後検証して行きたいと思います。
MATRIX TRADERの本番取引開始は、2月を予定しているようです。


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



店頭為替証拠金取引 「Oh! FX」の取扱を1月18日から開始する旨のニュースリリースが、1月18日に、住信SBIネット銀行のホームページ上に掲載されました。あまりに唐突でした^^;

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20100118


ジジイは早速「Oh! FX」の口座を開設をしました。住信SBIネット銀行の口座を既に持っているなら、5~10分程度かけて、質問項目に回答したり、PDFの書類に目を通したら、すぐに完了し、取引可能な状態になりました。

スプレッドはドル円2銭~、レバレッジは最大30倍、ということで、本格的にスキャルを行うのに向いているスペックではないですが、銀行という安心感のある会社で、気軽にFXを楽しめる、というメリットは大きいかも知れません。

通貨ペアはクロス円が充実しています。南アフリカランド、トルコリラ、ノルウェークローネなど、スワップポイントの高い通貨ペアが抑えられています。取引可能な通貨ペア数は、クロス円17種に、ユーロドル、ポンドドル、豪ドル米ドルの3種を加えた、計20種です。

1000通貨単位でも取引可能です。但し、1取引単位で片道50円の手数料がかかります。


以上、「Oh! FX」は、初心者の方や安心を求める方が、気軽に口座を開設し、気軽に取引できるという点でメリットがあると思います。住信SBIネット銀行の口座をまだお持ちでないなら、とりあえず口座開設を。




住信SBIネット銀行は、Oh! FXを抜きにしても、FX業者のクイック入金対応率が高い、コンビニATMを24時間利用可能、他行宛振込が月3回無料など、非常におすすめできる優秀なネット銀行です。

<関連記事>
イーバンクのハッピープログラムより住信SBIがおすすめ
使おうクイック入金


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



なぜクリック証券の「スピード注文」サービス開始と同日の対応なのか、ジジイにはバックグラウンドは分かりませんが、フォレックス・トレードがPC用トレーディングツール「トレードリズム」をバージョンアップし、スピード注文を変更しました。

http://www.forextrade.jp/news/2010/01/100118-01.html


「従来のスピード注文の発注タイミングはクリック操作(マウスダウン+マウスアップ)でしたが、今回のバージョンアップ版からクリック操作(マウスダウン)の瞬間に発注される方式に変更いたしました。
」とのことです。

「マウスダウン」とか、「マウスアップ」は、普通の人はあまり聞きなれない言葉なので、この説明はやや不親切に思いますので、簡単に解説させて頂きます。「マウスダウン」は、マウスのボタンを押す操作のことで、「マウスアップ」はボタンを放す操作のことです。
Webアプリケーションでも、インストール型のクライアントアプリケーションでも、通常、ボタンやリンクをクリックする操作は、押して、放すことで完了します。ボタンやリンクを押しても、放さない限りは、何も起こりません。

今回フォレックストレードは、マウスのボタンを押した時点で即座に反応するように、トレードリズムを変更したということです。ニュースリリースが出ていますが、システム的な変更としては、非常に軽微なものだったと予想されます(笑)。が、ジジイは割りと効果的な対応ではないかと思っていて、ユーザーは、注文の「感度が高まるような」印象を受けると思います。

ただ、僅かながらデメリットがないわけではありません。通常のボタン操作は、押して、放すことで完了すると述べましたが、押してしまったあとに、「押さなければ良かった」と思うケースがあります。その場合、通常のアプリケーションであれば、押したままの状態で、ボタン上にあるマウスカーソルをボタン外に出してから放します。こうすれば、ボタンを押していないのと同じです。これは、覚えておいて損のないことだと思います。
今回バージョンアップされたトレードリズムでは、こういった「ちょっと待てよ」というマウス操作が一切できなくなります。これをデメリットと感じる人は少ないと思いますが、若干の注意は必要だと思います。



スキャルに使いやすいクリック証券の最高峰のトレーディングツール「はっちゅう君FX」が1月16日にバージョンアップされました。

https://www.click-sec.com/corp/news/info/20100113-02/

主な変更点は、スピード注文とのことで、1クリック注文、1クリック決済、1クリックドテン注文が可能になります。また、キーボードショートカットでも注文を出せるようです。


って、凄いことではあるのですが、スピード注文に関しては、子会社のフォレックス・トレードが、はっちゅう君ベースのトレーディングツール「トレードリズム」に、2009年8月にすでに実装済みです・・・(関連記事参照)。
スピード注文では、トレードリズムに遅れること5ヶ月となってしまいましたが、はっちゅう君も日々少しずつ改善を積み重ねているということで、今後にも期待です。

ちなみに今回のリリースノートには、「選択できる効果音を変更し、数を増やしました。」というコメントもついていました。「地獄の約定音」と名高い、あの心臓が飛び出そうになる「バキュン!」という約定音も変更可能になるのでしょうか?後日検証します(笑)。


1万円キャッシュバックも実施中。



<関連記事>
業界ニュース ~ フォレックストレード、ドルフィンFX
ジジイの口座開設日誌 ~ クリック証券
楽天証券のキャンペーンについて、1月16日の記事で、締め切り間近とご紹介しましたが、2月1日までの延期が発表されています。しかも、最大で獲得できるポイントは、15,700から20,700に増量します。

比較的楽に獲得できるのは、口座開設で200ポイント、MRF入金5万円で+3000ポイント、CFD等取引で+5000ポイント、FX取引で+5000ポイントの、計13,200ポイントです。最近、簡単に1万円相当以上をもらえるキャンペーンは少ないので、是非お見逃しなく。





応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


楽天証券の「新春特大キャンペーン」の締切が迫っています。1月18日(月)9:59までにインターネットで資料請求する必要があります。資料請求さえ期限内に完了すれば、取引実施等はもう少し猶予があります。





キャンペーンの内容は、口座開設だけで楽天ポイントを200ポイント(200円相当)、MRF入金5万円で更に3000ポイント、FX取引等を1回行うと更に5000ポイントなので、比較的簡単に、8200円相当を獲得できます。その他も頑張れば、最大で15,700ポイント獲得可能です。

FX業界ウォッチャーのジジイですが、このキャンペーンは危うく見落とすところでした。2~3日前にたまたま気付き、すぐに申込みしました。後日、「口座開設日誌」を書きたいと思います。

楽天FXの実力は、ジジイには未知数です。キャンペーンのために1度は取引するつもりなので、後日体感してみることになります。スプレッドは下表の通り、ドル円2銭、ポンド円8銭などです。レバレッジは、ドル円で70倍くらいなので、低コストでスキャルを行うのには、あまり向いていなさそうです。ですが、ストリーム注文ではスリップページが発生しないとのことなので、約定力は強いようです。また、ワンクリック注文や、チャートのリアルタイム描画に対応したトレーディングツール「MARKETSPEED」もなかなか良さそうです。

楽天FXのスプレッド



応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



ひまわりFXが、NZドル絡みのスプレッド縮小キャンペーンを実施します。NZドルで取引をするメリットは、流通量が少ないことによる荒々しい値動き、スワップポイントが高い、少なめの証拠金で取引できる、などがあります。
キャンペーン期間は、1月11日~1月30日までで、内容は以下の通りです。

NZドル/円・・・・通常=7 キャンペーン中=5
NZドル/ドル・・・通常=8 キャンペーン中=5

http://sec.himawari-group.co.jp/ad/fx/reduce-spred.html

ひまわり証券[ひまわりFX]口座開設


果たしてどれだけの人が、このキャンペーンに魅力を感じ、ひまわりFXでNZドルの取引を行うのか、やや興味深いところではありますが(笑)、今後のスキャル業者の行く末を占う上では、意外と軽視できないようにも思います。


以下は、主要スキャル業者のNZドル円のスプレッドです。

DMM FX 1.5~2.1 (キャンペーン中)
みんなのFX 2.3固定
外貨ex 4~
FXブロードネット(FXTS) 4.8~
外為オンライン 6固定


というわけで、ひまわりFXは今回のキャンペーンによって、NZドル円については、スキャル業者の一角である外為オンラインよりも有利なスプレッドを提示することになり、FXTSとはほぼ並びます。キャンペーンで効果を計ったあとは、恒久的なスプレッド縮小に動き出す可能性も高く、低スプの各スキャル業者もうかうかしていられなくなる、というわけです。ひまわりFXは、上述のスキャル業者とは「比べ物にならない」と言っても過言ではない強力な約定力を持っているので、スプレッドで並ばれてしまったら、スキャル業者は立場がなくなります。

2010年は、レバレッジ規制も適用されますし、ハイレバ・低スプを売りにしてきたスキャル業者には試練の年になります。
頑張れ、低スプスキャル業者。


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ




こんにちは、ジジイです。
3連休は家族サービスなどしているうちに慌しく過ぎてしまいました。

応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ




FX ZEROが1月12日から、ポンド円に特化した週刊レポート『ポンド/円 Weekly Digest』の配信を始めました。有名なマット今井氏が会長を務める会社が作成しています。FX ZEROの取引口座を持っていれば、無料で閲覧できます。

ジジイも早速見てみたのですが、見やすくて悪くないと感じました。チャート、テクニカルコメント、先週の概況、今週の相場見通し、先週の指標結果、今週の指標などが、ポンド円に特化した内容でPDF2ページにコンパクトにまとめられています。スキャルでもスイングでも、ポンド円でやる人には参考になると思います。


正直、ジジイのFX Zeroへの評価は、現在やや微妙です^^; 理由は、システムがクライアントインストール型のわりにイマイチ使いやすくない点と、スプレッドがいまひとつな点です。スプゼロを連想させる、ずるいネーミング(笑)でかつ、ドル円だけでなく、ユーロ円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドルで、スプ0~と謡っていながら、実際スプゼロが発生するのは、ドル円で全体の1.85%など、非常に限られた時間のみという状況です。

しかし、今回は無料で良質なレポートが提供されます。こういったユーザー思いのサービスを充実させて行けば、必然的に業者としての評価が上がってくると思います。今後のFX Zeroに期待。


FX Zero口座開設リンク
金融先物取引業協会が2009年12月11日に「外国為替証拠金取引に係るロスカット取引に関するガイドライン」を公表したことを受けて、FX各社が対応に追われています。

EMCOM証券
http://min-fx.jp/press/id/index/463/
トレイダーズ証券
http://www.traderssec.com/news/top_news/14809.html
DMM.com証券
http://fx.dmm.com/press/id/index/255/


具体的にどうなるのか、EMCOM証券の証拠金シミュレーターを使って計算した例で見てみます。EMCOM証券(みんなのFX)では、1月25日以降ロスカットラインが証拠金維持率70%から、100%に変更されます。

例1)
純資産:10万円
レート:1ドル=93.00円
取引内容:レバレッジ100倍で、ドル円ロングを5枚新規建玉

現状は・・・
1ドル=91.648円でロスカットされ、32,444円が手元に残る。

1月25日以降は・・・
1ドル=91.927円でロスカットされ、46,350円が手元に残る。


例2)
純資産:100万円
レート:1ドル=93.00円
取引内容:レバレッジ1倍で、ドル円ロングを1枚新規建玉

現状は・・・
1ドル=64.885円でロスカットされ、718,850円が手元に残る。

1月25日以降は・・・
1ドル=92.694円でロスカットされ、996,940円が手元に残る。



ご覧のとおり、今回のルール変更で強い影響を受けるのは低レバレッジで行われた取引です。特に、レバ1倍です。例2では、レバレッジを5倍にするだけで、1月25日以降のロスカットラインが、1ドル=18.538円になります。

なんでこんなことが起きているのでしょう。金融先物取引業協会のガイドラインによれば、レバレッジの倍率に応じて、ロスカットラインを低く設定することができます。例えば、レバ166倍以上なら証拠金維持率100%でロスカットしなければなりませんが、レバ100倍なら60%、レバ25倍以下なら15%をロスカットラインとすることが、ガイドライン上は可能です。ですが、FX各社のシステムは、レバレッジに応じてロスカットラインを設定する、ということを想定した作りになっていなかったんだと、ジジイは思います。

FX各社はロスカットラインを100%未満に設定している場合が多いので、冒頭にご紹介したとおり、各社対応に追われています。特に、取引単位でレバレッジを設定可能で、顧客への親切で「1倍」というレバレッジ設定も可能にしていたEMCOM証券などは大変です。

「1倍にてポジションをお持ちのお客様におかれましては、別途、メールや電話にてご連絡いたしますが、2010年1月21日(木)の午前7:00までにご連絡が取れない場合には、2010年1月25日(月)午前7:00にお持ちのレバレッジ1倍のポジションをレバレッジ5倍に変更させて頂きます」という対応を行うそうです。
金融庁や金融先物取引業協会のイジメにあって、ご苦労な話です。



頑張れ!EMCOM証券。初回入金+取引で5000円キャッシュバックは、1月29日まで。
EMCOM証券
ジジイの口座開設日誌 ~ EMCOM証券

こんにちは、ジジイです。
応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


プチニュースですが、来週1月11日(月)からMJが、「AUD/JPYスワップポイント±100!キャンペーン」を開始します。

現在、他社だと80~90円くらいの豪ドル円スワップが、キャンペーン期間中100円(ショートの場合は-100円)になります。豪ドル円を10枚ポジると毎日1000円もらえる、と言うとちょっと嬉しいですが、甘い匂いに釣られて無理にポジションを持たないようご用心(笑)。
なお、例えばエースでねらえ!FXの豪ドル円スプレッドは、ショートの場合-82円なので、業者間両建(関連記事参照)も面白そうです。と思ったのですが、キャンペーン期間が短すぎました。キャンペーン期間は、1月22日までです。

2008年のリーマンショック以降、いわゆるFXのスワップ派の方は、ほぼ死滅してしまったと思うのですが、堅調なオセアニア通貨でスワップを狙いに行くトレーダーの方が、最近また徐々に増えてきているようです。

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」


<関連記事>
小技 業者間両建て
ジジイのスキャル日誌 ~ MJ
ジジイのスキャル日誌 ~ エースでねらえ!FX

こんにちは、ジジイです。
最近仕事が忙しくなってきて終電帰りが増えてきました。いつかスキャルで食べて行けるようになりたい・・・
応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


昨日、JXFからの回答をご紹介しましたが、同様の問い合わせについて、ひまわり証券からも回答をもらうことができました。
(恐縮ですが、都合上一部は伏せてあります。)

ディールFXについて、ひまわり証券からの回答



やはり、ディールFXに関わるキャンペーンは検討中とのことで、期待したいと思います。そして、ディールFXとひまわりFXは、案の定、今後も共存していくことになります。スキャル派としては、通常のスキャルはディールFXで、指標スキャルはひまわりFXで、という使い分けもありだと思います。

ジジイは以前、ひまわりFXがキャンペーンでユーロドルのスプレッドを1pipに縮小していたとき、一時的にですが、ひまわりFXをかなり使いました。そして、「滑らないFX」の素晴らしさを肌で実感しました。ディールFXは、そんな、約定力で最強と言われるひまわり証券がいよいよ提供する超低コストサービスなので、期待せずにはいられません。

ひまわりFXでは、1月29日まで、新規口座開設+1取引で5000円キャッシュバックを実施しています。条件は非常に簡単なので、まだ口座をお持ちでない方は、この機に口座開設して「滑らないFX」を体験してみるのはなかなか良いと思いますヨ。

ひまわり証券【ひまわりFX】


<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ ひまわり証券

こんにちは、スキャル派のジジイです。
応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



昨日ご紹介しましたJFX株式会社のMATRIX TRADER に関わる問い合わせの回答が、早速来ました。
以下のとおりです。

MATRIX TRADERについて、JFXからの回答


どちらかと言うと意外でしたが、現行のサービス「外為ゼロ」は、今後も継続するそうです。「安心してご利用くださいませ。」とのことですが、MATRIX TRADERが登場したあとで、利用価値は残るのでしょうか・・・。どちらかと言うと、この機になくなってしまった方がスッキリして良かったような・・・(笑)。
今回、JFXのサポートの対応は、素早くて丁寧だったので、人情的に、あまり突っ込んだ、意地の悪い追加質問はできませんでした(笑)

新規口座開設キャンペーンは実施されるようなので、期待したいです。
先日ご紹介しましたひまわり証券の「ディールFX」に続き、またまた新規のスキャル向けサービス登場が予告されました。現在、「外為ゼロ」を提供しているJFX株式会社が、MATRIX TRADERという新サービスを2月から開始予定です。ネーミングがかっこよくて良いですネ。1月18日からデモ開始とのことです。

http://www.jfx.co.jp/matrixtraderlp/index.html

MATRIX TRADERは、最近流行りつつある、低コストと約定力の両方を売り文句とするスキャル向きのサービスです。下記のとおり、低コストと約定能力の両方をPRしています。

MATRIX TRADER のスプレッド
MATRIX TRADER の約定力



またひとつ、ドル円の上限スプレッド1銭以下の業者が増えることになります。約定力、約定スピードも、それを大々的に宣伝しているFX Online Japanエースでねらえ!FXと同等の水準であり、大いに期待できます。
欲を言えば、サービス開始時に大盤振る舞いの口座開設キャンペーンを実施してもらいたいところです(笑)。JFXさん、期待しています。



JFXが現在提供している外為ゼロの方は、今後どうなるか分かりません。問い合わせをしてみましたので、もし回答を得ることができたらお知らせしたいと思います。ひまわり証券の場合、ひまわりFXは約定力重視派、ディールFXは低コスト重視派という感じに住み分けができそうですが、JFXの場合、外為ゼロがMATRIX TRADERより優れている点はあまりないような・・・。

逆に、外為ゼロでキャンペーン狙いの口座開設は、もしかしたら今が狙い目かも知れません。1月31日まで、新規口座開設+ポンド円20万通貨取引で、1万円がキャッシュバックされます。20万通貨はスキャルならわりとすぐなので、それほどハードルは高くないと思います。2月からはMATRIX TRADERが登場するので、ジジイは外為ゼロの新規口座開設キャンペーンは、これが最後か、当面行われない可能性が高いと思います。



口座開設は、わずか2日くらいで完了します。

<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ 外為ゼロ


日本ブログ村 為替ブログ
人気ブログランキング


ジジイはこれまでにかなりの数のFX口座開設を行ってきましたが、まだまだ、口座開設していない業者も多数あります。今まで口座未開設だったメジャー業者のひとつ、kakaku FXの口座開設を12月に行ったので、口座開設の流れをご紹介します。



12月8日(火) 5:00頃
インターネットで、「kakaku FX スタンダード」の口座開設の申込みを行いました。
スタンダードとプレミアムの違いは下表の通りです。ドル円の最低取引額が、1000通貨か5万通貨かが大きな違いです。最低5万通貨でOKなら、プレミアムを選ばない理由はほぼなくなると思います。
kakakuFX スタンダードとプレミアムの違い


12月8日(火) 5:15
自動返信メールが来ました。
kakakuFX 口座開設お申込みありがとうございます


12月11日(金) 1:56
本人確認書類をメールで送付しました。
12月8日にすぐ返送すれば良かったのですが、都合上遅れました。
kakakuFX 本人確認書類を送付


12月11日(金) 10:06
本人確認書受領のお知らせメールが届きました。
kakakuFX 本人確認受領のお知らせ


12月14日(月) 17:12
ログインIDと仮パスワードがメールで届きました。
kakakuFX お客さま番号および仮パスワード発行のお知らせ


12月15日(火) 10:35
ログインIDと仮パスワードが郵送で届きました。
kakakuFX お客さま番号および仮パスワード発行 郵便追跡
kakakuFX お客さま番号および仮パスワード発行 郵送書面


12月15日(火) 23:50
キー認証依頼のためのメールを送信しました。
kakakuFX キー認証依頼

専用トレーディングツール「kakaku FX Trader」で取引を開始するには、以下の手順が必要です。Webツール、モバイルツールで取引を始める場合もほぼ同様の手順が必要です。

1)kakaku FX Traderのダウンロード
2)認証キーの作成
3)認証キーの登録
4)入金


12月16日(水) 10:30
メールで、「キー認証終了の連絡」が届きました。
その後、クイック入金を行い、取引可能な状態になりました。
kakakuFX キー認証終了


以上、kakaku FXの口座開設は少々面倒臭い、というのが本音です。通常他社にはない、キー認証というステップが入るので、申込みから取引開始可能になるまで、多少余計に時間がかかります。手軽に口座開設して、すぐに取引を開始したい、という方には、エースでねらえ!FXEMCOM証券外為オンラインなどがおすすめです。

<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ エースでねらえ!FX
ジジイの口座開設日誌 ~ EMCOM証券
ジジイの口座開設日誌 ~ 外為オンライン


kakaku FXの強みは、150以上という多彩な通貨ペア(プレミアムコース)と、定評のある約定力です。ジジイは何度も取引したわけではないので、経験から語ることができませんが、kakaku FXの約定力は、ほぼ滑るということがない、かなり強力なもののようです。指標スキャル向けの業者を探している方は、一度お試し頂くと良さそうです。

良くある勘違いですが、あのカカクコムの子会社が運営しているFXだから非常に低コスト、というわけではありません。ドル円のスプレッドはプレミアムコースでも2銭なので、スプレッドだけを見れば、より低コストの業者は多数あります。kakaku FXを選択する場合は、約定力や通貨ペアを含めた総合力で見る必要があります。



約150の通貨ペア、低取引コスト!カカクFXで充実のFXライフ


人気ブログランキング
日本ブログ村 為替ブログ

こんにちは、ジジイです。
2010年、まずは基本に立ち返り、スキャルとは? なにかを述べてみます。

明確な定義があるわけではありませんが、非常に短い時間で売買を繰り返すことをスキャルと呼びます。新規にポジションを持ってから、短い場合には数秒、長くても数分ほどで決済し、小さな利益を積み重ねる手法です。

スキャルという短縮形が定着していますが、正しくはスキャルピング(scalping)です。scalpを辞書で引くと、1.頭皮 2.戦利品 3.〔転売して得る〕手っ取り早く手に入るもうけ という意味があります。

超短期取引のスキャルに対し、「デイトレ」というと1日1~2回くらいの取引を行うイメージがあります。「スイング」というと1~2週間ポジションを持ち続けるイメージです。いずれも、明確な定義があるわけではありません。

もともとスキャルと言えば、株式投資で用いられる手法で、一昔前は、「FXではスキャルなんて無理」という意見が多数でした。スプレッドが広かったからです。FXでスキャルをする場合、一概には言えませんが、5~10pips程度の利益を取りに行くケースが多いと思います。しかし、つい3年ほど前は、業界トップクラスの低コスト業者でも、ドル円のスプレッドが3pips程度と、今では考えにくい高コストでした。従って、ポジションを持った時点で3pips負けているのに、5pipsの利益を狙いに行くというのは、確かに手法として無理がありました。しかし現在では、ドル円のスプレッドは0~だったり、1銭未満に固定されていたりするので、FXでスキャルは十分可能になっています。


スプレッドの狭さは、FXでスキャルをする上で要(かなめ)です。以下は、業界を代表する低スプレッド業者と、ドル円のスプレッドです。

DMM.com証券DMM FX) 0~0.8

EMCOM証券 0.7固定

MJ 0.8固定

FXブロードネットFXトレーディングシステムズ) 0.5~

外為オンライン 1固定


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


ジジイです。あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろなことがあって、一時はスキャルをやめようかと考えたりもしましたが、やはりスキャル派のFXトレーダーとして、今後も経験を積んで行こうと考えています。本格的なスキャル再開の目処は未だに立っていない状況なので、当面は業界ウォッチャーとしてブログ更新活動を続け、低スプスキャル業者の動向や、各社のキャンペーン情報などを追って行きたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。