FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジジイが実践している豪ドル円の業者間両建(FXTFMJ)は、3/30現在でこんな具合になりました。

業者間両建


スワップは、差引き596円プラスです。
スプレッド分の為替損を差し引くと、現在366円のプラスです。
だいぶ手間隙をかけてのこの成果をどう見るか、後日まとめたいと思います。

しかし、MJの豪ドルスワップキャンペーンに興味を持ってとりあえず豪ドル円をロングした方は、非常においしい思いをされたことと思います。この1ヶ月弱で、ご覧のとおり500pipsの利益が出たはずです。それに、おまけ程度のスワップ益もつきます。


 


<関連記事>
業者間両建の状況
業者間両建実践中
小技 業者間両建て


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スポンサーサイト
ジジイが密かに本命視しているスキャル向けFX業者、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)が、4月1日からスプレッド縮小キャンペーンを実施するという情報があります。シャキッとしない物言いですが、その理由は、3月31日 0:30現在、公式サイト上に情報がないためです・・。情報源は、FXTFから届いたこのメールです。

FXTF スプレッド縮小キャンペーン


ご覧のとおり、確かにキャンペーンを行うようなのですが、なんとも、レイアウトや色使いにプロっぽさが感じられないメールです・・・(笑)。最悪、このメールが偽者という可能性もあるので(笑)、早く公式サイトに掲載して欲しいところです。FXTFは、派手な宣伝を行わない、控えめの有言実行タイプと、ジジイは感じます。単に、マーケティングが下手なだけなのかも知れませんが(笑)、FX業者としてのサービス内容は非常に優秀です。




さて、メールの内容を見ると、まず目に留まるのはドル円です。キャンペーン期間の1ヶ月間、通常1.0~のドル円スプレッドが、0.7~ になります。今までの実績から考えると、キャンペーン期間中はほぼ0.7固定に近くなることが期待できそうです。数字だけをみると、EMCOM証券「みんなのFX」MJ「SpotBoard」と同等、DMM FXには負けているじゃん・・・、という話になるのですが、FXTFには、これら低スプ業者にはない、約定力があります。「約定率99.2%」や、「高速FX」を堂々と宣伝している業者だけあって、約定力は高く、とてもスプーディーです。ほぼ0.7固定になるなら、キャンペーン期間中はドル円スキャルでもっとも有利な業者になるかも知れません。


また、実は注目はドル円だけではありません。FXTFには、毎月の取引量に応じて現金がキャッシュバックされるプラチナポイントという制度があります。「プラチナメンバー」であれば、プラチナポイントを考慮した実質スプレッドは、ドル円以外の4通貨ペアで以下のようになります。

EUR/JPY : 1.10 pips~
EUR/USD : 1.04 pips~
GBP/JPY : 2.10 pips~
GBP/USD : 2.04 pips~

ユーロドルとポンドドルでは、スプレッドで独創状態にあるDMM FXよりも有利になりそうです。特に、中・上級のスキャルパーに人気の高いポンドドルのスプレッドが、約定力に定評のあるFXTFで実質約2pipsというのは注目に値すると思います。



<関連記事>
FXTFがレート表示桁数拡張へ


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

DMM FXが、スプレッド縮小キャンペーンの再延長を決定しています。

http://fx.dmm.com/press/id/index/290/

小幅な期間延長ではなく、またまたドカンと、6月30日まで、3ヶ月間の期間延長を行いました。まだ口座未開設の人も、是非ゆっくりお試しください、と言わんばかりの自信に満ちた期間延長のように、ジジイには見えます。

DMM FXのスプレッド縮小キャンペーンは、ドル円0~0.5銭他、他社を寄せ付けない圧倒的な低コストを実現しています。スキャル派で、口座未開設でしたら、絶対に持っておいて損しない口座です。

口座開設リンク



<関連記事>
DMM FX が極狭スプレッドキャンペーンを再延長!
DMM FX が、極狭スプレッドキャンペーンを延長
キャンペーン情報 ~ DMM FX
業界ニュース ~ DMM FX
ジジイの口座開設日誌 ~ DMM FX
「DMM FX」 がサービス開始秒読み!

スキャル派要注目のFX新サービスが、3月29日(月)から開始されます。アイネット証券のアイネットFXです。

アイネット証券[アイネットFX]



アイネットFXは、低スプ争いのトップ集団に食い込む期待の新サービスです。ドル円のスプレッドは、0.7~1.0、概ね0.8を謳っています。公式サイトのレート情報は以下のとおりで、3月26日(金)の終値で、ドル円のスプレッドは公約どおりの0.8です。

アイネットFXの取引レート


この一覧表を見ていて1点気になったのが、ポンド円のスワップです。買スワップの方が、売スワップより大きい?!単純な誤植でしょうか。ちなみに、アイネットFXでは両建は可能です(笑)。
まぁこのスワップはやや謎ですが、全体的に、スワップポイントは高めのようです。


その他のスペックは以下のとおりです。

  • ドル円以外のスプレッドは、ユーロドル概ね0.8(0.7~1.5)、ユーロ円概ね1.6(1.4~2.0)等、全体的に低スプレッド。
  • 通貨ペアは全28種類と多め。
  • チャートは、トレンドラインを引いたり、チャート上から直接注文できるなど、高機能そう。
  • 取引ツールは、デスクトップ型、ブラウザ型の両方が用意されていて、マックOSにも対応。
  • 特にデスクトップ型は、パネルやウィンドウを駆使した柔軟なカスタマイズが可能そう。
  • レバレッジは最大200倍。(レバレッジ規制が施行される8月以降は50倍)
  • クイック入金は9銀行に対応。ネット証券としての歴史があるせいか、かなり多め。
  • 信託保全は、当然あり。日証金信託銀行。


アイネット証券は、資本金10億円、FX以外にも、国内の株式やオプション、投資信託などを手がけるネット証券で、信頼性は十分に高そうです。FX専用の公式サイトを持っているのがナイスで、サイトのデザインも、詰め込み過ぎでなくてジジイ好みです。
当然、ジジイも申込み予定です。

アイネット証券[アイネットFX]


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


CFD取引の取扱いを始めるFX業者やネット証券が増えつつあります。CFDで先行していたのはひまわり証券ですが、2009年3月にはFX大手のFX Online Japanもサービスを開始しました。そして、2010年3月にはDMM.com証券もデモ取引を開始するなど、各社、FXに続く有力な商品とみて顧客の囲い込みに力を入れ始めたようです。

そんな中で、クリック証券が、4月19日からCFD取引を開始します。デモ取引は、3月29日開始とのことです。
CFDで日本初となる、自社開発取引システムを採用とのことですが、クリック証券ならば、自社開発のFX取引システムで十分な実績があるので信頼できそうです。

https://www.click-sec.com/images_news/2010-03-24.pdf


さて、「ジジイのスキャル日誌」ですが、「FXスキャル」を謳っているわけでもないので、今後チャンスがあれば、CFDのスキャルにもチャレンジしてみたいと思っています(笑)。CFDは、8月からFXのレバレッジ規制が施行されることから、ポストFXの投資商品として注目されています。CFDのレバレッジは銘柄によりますが、20倍とか、50倍程度の場合が多いです。それじゃあ規制後のFXと同じじゃん、と思われ勝ちで、ジジイもそう思っていたのですが、よく考えてみると、そう単純な話でもありません。というのは、個別株や株価指数などの価格変動率は、為替レートと比べてずっと大きいからです。ドル円相場が1日で90円から95円に急騰するケースは非常に稀ですが、個別株なら、同様のことはしばしば発生します。CFDなら、20倍程度のレバレッジでも、十分な資金効率で、スリリングと言えるスキャルを楽しむことができるはずです。

ジジイは以前すでに、ひまわりCFDの口座を開設済みで、CFDで日経225のスキャルをちょっとだけ試してみました。感触はFXととても似ていて、手数料も安く、24時間取引できるので、FX中級者以上で、チャートを見たり、テクニカルの知識が豊富な人は、ポストFXとして問題なく利用できると思います。


<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ ひまわりCFD


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

フォーランドフォレックスが、取引システムのモデルチェンジを発表しています。3月28日目処にリリースとのことです。

http://www.foreland.co.jp/new/pdf/100324.pdf


「クォート+OCO 注文」、「現在値±1pip 指定リミット注文」など最新発注形式を標準装備、とのことで、ジジイは少々興味深いのですが、肝心の機能の詳細が、現時点ではどこにも記載されていませんでした・・・。「現在値±1pip 指定リミット注文」は、名前から察するに、成行で注文すると同時に、1pip抜きの指値注文を出す、というものでしょうか?もしそのとおりなら、いわゆる「1pip抜き」をメイン戦略にするようなスキャル手法において、重宝する機能になりそうです。いずれにしろ、他社で見かけない独自の注文方法のようなので、注目してみたいと思います。
他には、分かりやすいところで、トレール注文や許容スリップ設定が可能になり、システム全体が大幅に強化されるようです。

<関連記事>
フォレックス・トレードがトレール注文に対応


フォーランドフォレックスは、今年の1月下旬に、保証金が不足したことにより、新規注文の受付を一時停止するなど、顧客に少々心配をかける一時措置がありました。結果的に2月上旬には通常業務に戻ったわけですが、失った信用は少なくなかったのではないかと思います。今回の取引システム改善は、顧客の信頼を取り戻す第一歩になるのではないかと、ジジイは思います。頑張ってもらいたいところです。


フォーランドフォレックスは、スワップポイントの高さで有名な業者のひとつです。ただ、スワップに関しては、最近では他社も追いついてきている感があり、従来ほどの優位さはなくなってきたようです。
もうひとつの長所としてジジイが注目しているのは、情報量です。公式サイトを見て頂くとすぐ分かるのですが、FXに関する情報がかなり豊富です。初心者ガイドも充実していますし、FXコラムも月に2~3回発行されていて、読んでなかなか飽きない情報が、大量に蓄積されています。また、取引システム上でも、リアルタイムのニュース配信がかなり充実しています。チャートも、4画面分割を備えるなど、悪くないと思います。


問題はやはり取引コストなのですが、ユーロドルに関しては、スプレッドが1pipの配信率が95.7%とのことで、ほぼ1pip固定と言って良いようです。ドル円が2pipなのは残念ですが、ユーロドルでならスキャルに使うことも可能で、前述の「現在値±1pip 指定リミット注文」などを試す機会もありそうです。
当然取引手数料は無料なので、スワップ狙いであれば、スプレッドはそもそも気にならないと思います。


下記バナーから口座開設ページに飛べます。
口座開設はかなりスピーディーで、申込みの2日後にはトレード可能になります。



<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ フォーランドオンライン


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
サイバーエージェントFXが提供するスキャル派要注目の新サービス、C-NEXの口座開設受付が開始されました。
取引開始は4月19日です。

http://www.cnex.jp/kouza/release/20100323/20100323_cafx.pdf


C-NEXは、国内で前代未聞の異端児的なサービスです。ジジイはちょうどつい先日、各スキャル業者の最大レバレッジと最大取引数量をまとめました(関連記事参照)。1注文の最大取引数量は業者によって異なりますが、もっとも多いところで、みんなのFXFXブロードネットの500万通貨が最大でした。ちなみに、最低取引数量は、ご存知のとおり、各社1万通貨が通常で、最近では1000通貨から可能なサービスもかなり増えています。

さて、C-NEXはと言いますと、なんと、最低取引数量が100万通貨。最大は「上限なし」です。まぁ、以前にも書きましたが、一般庶民お断りのサービスです^^;

ちなみにレバレッジは最大100倍。スプレッドはドル円0.2~0.8、ユーロドル0.2~0.8、ポンド円1.0~2.5など、業界最高水準です。初回入金額は、当初200万円という情報がありましたが、100万円になるようです。けど、数百万円の余裕資金がないなら、やらないほうが良さそうです(笑)。

ジジイは口座開設は様子見です^^;
入金だけで何かを頂けるキャンペーンがあるなら考えますが、取引1回以上とかなら、ほぼお手上げです・・。


<関連記事>
ハイレバでスキャル、あと4ヶ月だけ可能
C-NEX(シーネックス) サイバーエージェントFX


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

最近はFX各社のキャッシュバックキャンペーンにも、いまひとつ活気がない感じがしますが、それでも、始めて口座開設する人に対しては、あまり難しくない条件で数千円から1万円をキャッシュバックしてくれる業者は結構あります。3月末で終了となってしまうキャンペーンで、条件・金額が優れているものをいくつかピックアップします。


TRADERS FX
キャッシュバック金額
7,000円

キャッシュバック条件
1. 3月31日までに口座開設。
2. 3月31日までに7回取引。(新規1回+決済1回は、2回と計算)
3. 4月3日時点で口座残高5万円以上。

キャッシュバック方法
4月下旬にTRADERS FX取引口座に入金。




MATRIX TRADER
キャッシュバック金額
10,000円

キャッシュバック条件
1. 3月31日までに口座開設申込し、JFXが発行する会員証の発行日が2010年3月31日までであること。
2. 初回入金1万円以上。
3. 4月10日までにポンド円を新規20万通貨取引。
4. キャッシュバック時に口座残高が1万円以上。もしくは、出金をしていない。
5. キャンペーン申込みフォームから、申込みしていること。

キャッシュバック方法
5月中旬を目安に取引口座へ入金。




ひまわりFX
キャッシュバック金額
5,000円

キャッシュバック条件
1. 3月31日までに口座開設。
2. 4月30日までに10万通貨単位取引。

キャッシュバック方法
5月下旬頃、ひまわりFXレギュラー口座とデイトレ口座のうち、取引量が多い方の口座へキャッシュバック。




セントラル短資
キャッシュバック金額
3,000円

キャッシュバック条件
1. 3月31日までに口座開設。
2. 初回入金10万円以上。
3. AUD/JPY, NZD/JPY, ZAR/JPY を1回取引。
4. キャンペーン参加申込フォ-ムから応募していること。
5. キャッシュバック実行時点(4月中旬予定)で現金残高があること。

キャッシュバック方法
4月中旬を予定。






どれも、比較的好条件のキャンペーンで、間もなく終了してしまうものです。
お見逃しなく。

応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



こんにちは、スキャル派のジジイです。
最近ではFX各社から、明るいニュースやビッグニュースがあまり聞こえて来ず、業界全体の活気がいまひとつと感じます。FXで巨額脱税などのニュースも聞かなくなりました(笑)。元凶のひとつはやはり、この夏からいよいよ施行となるレバレッジ規制。8月1日以降、国内の全FX業者で、最大レバレッジが50倍までに制限されてしまいます。スキャル派トレーダーの多くは、何らかの対応を迫られることになると思います。

<関連記事>
レバレッジ規制 施行へ
レバレッジ規制関連で少し情報収集


ハイレバレッジで取引できるのは、あと約4ヶ月。今日は、各スキャル業者の最大レバレッジと1注文の最大取引数量を簡単にまとめてみました。

主要スキャル業者の最大レバレッジと最大取引数量(USD/JPY)
業者名最大レバレッジ1注文の最大取引
数量(万通貨)
FXブロードネット

400

500

EMCOM証券

400

500

MJ

400

500

アプローズFX

400

100

TRADERS FX

200

500

アイディーオー証券

200

500

外為オンライン

200

500

サイバーエージェントFX

200

500

クリック証券

200

300

DMM FX

200

200

今回、各スキャル業者の「1注文の最大取引数量」も調べてみました。調査した10社中の7社は、1回の注文で500枚(500万通貨)の取引が可能です。ドル円で500枚のポジションを持つのに必要な証拠金は、現在、FXブロードネット他3社で、約120万円です。これが、8月以降になると、900万円以上もの証拠金が必要になってしまいます。




以上、「一攫千金」的なトレードが可能な期間もいよいよカウントダウンです。決して、高額取引をお奨めするものではありませんが、日々のスキャルをする上でも、規制施行までのタイムラインは常に意識して、「あのとき、もっとレバレッジをかけていたらなぁ・・・」なんて悔いが残らないようにご注意ください(笑)。

応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


マネースクウェア・ジャパンが、トレードの操作を動画で詳しく解説してくれる『おしえて!かずえ先生!』というコンテンツをリリースしました。

『おしえて!かずえ先生!』リリースのお知らせ
http://www.m2j.co.jp/pdf/press/220317_TeacherKAZUE.pdf


これ、なかなか良いです。FX初心者の方向けの基礎講座もあるのですが、これを見ればだいたいFXがどんなものか、トレード操作をどのように行うのかスムーズに理解できると思います。FX初心者の方に非常におすすめできます。


さて、ジジイはマネースクウェア・ジャパンが、「トラップリピートイフダン」という注文方法で、2010年1月に特許を取得したというニュースに非常に興味を持っていたのですが、仕事が忙しかったもので、注文方法の詳細について調べることが今までできませんでした。

マネースクウェア・ジャパン、注文方法『トラップリピートイフダン』で特許
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/08/024/index.html

しかし、今回、かずえ先生の動画を見て、短時間で良く理解することができました。各動画は、5分前後程度でとても分かりやすくまとまっています。トラップリピートイフダン、なかなか面白い注文方法ですね。ジジイ式スキャルに通じるものがあると感じました(笑)。

<関連記事>
ジジイ式とは?
ジジイ式スキャル公開中


ジジイは今まで、マネースクウェア・ジャパンにはあまり興味を持っておらず、口座もまだ開いていなかったのですが、興味深い業者であることが今回分かりました。特許も持っているし、他社になり独自色があるので、今後もこの業界で長く生き残っていく業者だと思います。難を言えば、少々コストが・・・(笑)。その点は今後に期待です。とりあえず、口座開設してみることにしました。


3月31日までに口座開設すると、トラップリピートイフダンが詳しくわかる書籍『果報を寝て待つFX』が、もれなくもらえます。

株式会社マネースクウェア・ジャパン


応援クリック、りがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

今日は、3:15A.M.頃に、FOMCによる政策金利と声明文の発表がありました。米国の雇用統計と同等レベルと言われる重要指標です。ジジイはトレードはしませんでしたが、この時間帯まで起きて様子を伺っていました。結果は、「フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲に据え置く」というもので、市場予想通りだったため、極端な動きはありませんでしたが、発表直後は値動きが活発化しました。

今回は、各スキャル業者のトップページに注目してみました。トップページにリアルタイムレートを掲載している業者は最近かなり多いのですが、最新のマーケット情報をも、トップページに掲載してくれている業者が少数あります。EMCOM証券は、マーケットのヘッドライン情報をご覧のとおり数分間隔でトップページに掲載してくれています。
EMCOM証券 トップページのマーケット情報

ID,パスワードを持っていれば、さらにニュースタイトルをクリックすることで、もう一段詳細な情報まで見ることができます。
同様にヘッドライン情報を提供しているのは、MJ、ニュースのタイトルのみ提供しているのは外為オンラインです。

3社とも超有名・優秀なスキャル業者ですが、いつでも素早くアクセスできるタダの情報源、ということでありがたく利用させて頂くのも良いと思います。


3社とも口座開設キャッシュバック実施中。
   


応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
業者間のスワップポイント差に着目し、為替リスクなしでスワップポイントの差分だけを頂いてしまう取引実験を現在実践中です。

<関連記事>
業者間両建実践中
MJが豪ドル円のスワップキャンペーンを再開
小技 業者間両建て


実践中の通貨ペアは豪ドル円です。スワップキャンペーンを実施中のMJでロングし、全体的にいつもスワップポイントが低めのFXTF(FXトレード・フィナンシャル)でショートしています。3月2日に開始し、こんな具合になりました。

業者間両建 実践中

スワップポイントの差分、302円を獲得しました。が、まだスプレッド分の為替損を補いきれておらず、今決済するとトータルでは58円の損になってしまいます。あと4日経過すると、ようやくトータルでプラスになる見込みです。

予想外だったと言えるのは、FXTFのスワップポイントの変動です。当初、豪ドル円ショートの場合のスワップは-74円だったのですが、現在は-81円まで支払いが増えてしまいました。MJは当初から変わらず、豪ドル円ロングで+100円なので、日々プラスは維持されています。

また、この2週間で豪ドルに対してだいぶ円安が進みました。当初、両社に3万円を入金して始めたこの実験でしたが、ロスカットされないように、今日に至るまで、MJから1万円を出金し、FXTFに移し変える作業を2度実施しました。

3月31日でMJのスワップキャンペーンが終了してしまうので、そこが引き際になりそうです。キャンペーンが延長されると非常に嬉しいのですが・・。

豪ドル円は、各業者間のスワップ金利差が、少なくなってきているように思います。次にジジイが目をつけているのは、NZドル円です。フォレックストレードでロング、FXTFかマネーパートナーズでショートが良さそうです。




キャンペーンで豪ドル円ハイパースワップ!--->



いつもスワップ高め--->
 資産運用


いつもスワップ安め--->
 



応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スキャル向けFX業者のスプレッドの実態を久々に調査してみました。今回は、週末のニューヨーク市場クローズ時のスプレッドです。市場が休みに入る直前なので、取引量は非常に少なくなるわけですが、そんなときでも、「原則固定」や「原則レンジ内」を謳っているスキャル業者は約束を守っているのか?という観点で、一つの目安としてご覧頂ければと思います。

ジジイが特に優秀と思ったスプレッドは青字で、マニフェスト違反と言われてもやむを得ないのではないか、と思ったものは赤字で記載してあります。なお、レート(Bid/Ask)も参考に掲載していますが、週末にシステムが何時まで稼動するかは業者によって違うので、各社同じタイミングのレートではありません。ご留意ください。


3月12日(金)クローズ時 低スプ各社のスプレッド
業者名BidAskスプレッド公表スプレッド(原則)
DMM FX90.52390.523

0

0~0.5(キャンペーン中) 
アイディーオー証券90.56090.566

0.6

~1.0
みんなのFX90.51990.526

0.7

0.7固定
MJ『SpotBoard』90.52190.529

0.8

0.8以下
クリック証券90.55690.564

0.8

0.8固定
フォレックストレード90.55690.564

0.8

0.8固定 
TRADERS FX90.51890.526

0.8

「変動性」とだけ記載
LION FX90.4490.45

1

0~1
エースでねらえ!FX
90.45290.462

1.0

1.0~
外為オンライン90.5590.56

1

1固定
MATRIX TRADER90.4490.45

1

0~1
外貨ex90.51590.525

1.0

1~
マネーパートナーズ90.52190.540

1.9

1.9~
FXトレード・フィナンシャル90.51190.531

2.0

1.0~
FX Online Japan90.55590.585

3.0

0.9固定
FXブロードネット90.54590.580

3.5

0.5~0.9



<訂正>
当記事のアップロード当初、MJの公表スプレッドについては、キャンペーン期間中のため0.7固定と記載してありましたが、当該キャンペーンは時間帯による制約が決められていたため、NYクローズ時点のスプレッド0.8は公表通りのスプレッドとなります。当初、公表しているスプレッドが守られていないかのような表記がありました。訂正してお詫び申し上げます。

<関連記事>
スプレッド実態調査 ~ クリスマスイブの終値を比較
スプレッド実態調査 2009年12月16日


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スキャル業界の暴れん坊、DMM.com証券が、「業務拡大と財務体質の強化の為、2010年3月10日付にて、増資を実施致しました。」とのことです。これで資本金はナント53億円に達しました。一度他社の会社概要をみて頂くと分かるのですが、この金額は圧倒的です。

圧倒的な低スプレッドキャンペーンを継続し、集客をし続けているのですから、繰り返しの増資が必要なのも無理はありません。今まで、月に1回のペースで増資を続けています。他社はこれをほぼ静観。この先も業務の拡大を続け、FX他社の吸収合併等も起こり得るのではないか、とジジイは見ています。

間違いなく最強のスプレッドに加え、スワップポイントもほぼ最強。新規の方向けのキャンペーンも、いつも実施しています。DMM FXの快進撃はどこまで続くのか、まったく先が見えません。




応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


もうすぐホワイトデー



選べるHIGH・LOWは、FXプライムの小口デリバティブ商品で、ジジイがやや注目しているものですが、FXプライムの公式サイトに紹介動画がアップされました。

http://www.fxprime.com/service/high_low/index.html#mov


基礎編と応用編があって、それぞれとても分かりやすいので、興味のある方は一度見て頂くと良いと思います。
応用編で、ポジションのヘッジに使う、というアイデアも紹介されていて、やや目から鱗でした。

選べるHIGH・LOW紹介動画


一口1000円からとなってグッと身近になった選べるHIGH・LOW。ジジイなりの使い方を研究してみる予定です。
FXプライム


<関連記事>
選べるHIGH・LOW (FXプライム)
選べるHIGH・LOWが1口1,000円に! (FXプライム)



選べるHIGH・LOWで儲かった人は、彼女に気の利いたホワイトデーの贈り物を(笑)。





応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スキャル業者の重鎮的存在で、腰の重かった外為オンラインが動きをみせました。3月6日に、本口座の取引システムバージョンアップ完了とのことです。

http://www.gaitameonline.com/torihiki_verup.jsp


2009年11月にデモ口座のバージョンアップを完了してから、3ヶ月以上経ってやっと本口座がバージョンアップされます。スピード感がイマイチの印象は否めないですが、それだけ大勢の顧客を抱えて慎重に進めているということかと思います。今回のバージョンアップの感想は、デモ口座の記事に記載しましたが、あっと驚くようなものではないのですが、「いい感じの」バージョンアップになっていると思います。


<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ 外為オンライン
外為オンラインが取引システムをバージョンアップ(デモ口座)


スキャルで儲けた方は、ちょっと気の利いたホワイトデーの贈り物を。



皆さんはLionクエスト、もうやりました?(笑)

LionクエストLionクエスト

LionFXで30万通貨以上取引して、このゲームをクリアすると商品をもらえるというキャンペーンの一環ですが、取引をしなくてもゲームをすることはできます。
詳しくはこちらのキャンペーンページご参照。
http://hirose-fx.jp/landing/20100301lion_q/

クソ○ーとか言わないでください(笑)。楽しみながら、FXのことやLionFXのことを学べるように作られています。


LionFXでは、3月も新規口座開設者向けの1万円キャッシュバックを実施中です。
 


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スキャル業者最強と呼んで差し支えないと思います。DMM FXがドル円0~0.5pipsなど、圧倒的な低スプレッドキャンペーンを再延長します。終了予定日が1ヶ月延びて4月30日になりました。

http://fx.dmm.com/press/id/index/276/


他社はこの超低スプレッドキャンペーンに対し、以前から静観を決め込んでいるようで、正面からやり合う気配が感じられません。各社、ここまでの低コストキャンペーンとまともにぶつかり合って、消耗戦に勝ち残る自信がない、といったところだと思います。

引き合いに出すのも申し訳ないですが、MJも3月5日にスプレッドキャンペーンを発表しましたが、期間と時間帯限定で、ドル円を0.7固定、ポンド円を1.7固定にするというものなので、DMM FXと比べるとどうしても見劣りします。

ユーザーとしては、このDMM FXの攻勢には、素直にお世話になっておけば良いと思います。ドル円0~0.5は一度経験してみて損はないです。また、先日ご紹介しましたとおり、DMM FXは、スワップポイントも業界最高水準です。口座開設もスピーディーで、申込みの2~3日後には取引可能になります。




<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ DMM FX
業者間両建実践中


EMCOM証券が3ヶ月連続でポンド円のキャンペーンを実施しています。
以下のとおり(笑)。

1月は、GBP/JPY de すっポンドキャンペーン(スッポン鍋)
2月は、GBP/JPY de ポンしゅキャンペーン(日本酒)
3月は、GBP/JPY de ポンジュースキャンペーン(ポンジュース)


条件は、1ヶ月間でポンド円を2000Lot取引なので、ハードルは高めです。スキャル上級者でないと達成できないと思います。そのわりに景品が・・・(自主規制)、という気もするのですが、オヤジギャグ級のキャンペーンを3ヶ月も続けて実施したことに敬意を表したいと思います(笑)。

4月はなんでしょうね?ジジイの予想はズバリ、フルーツポンチ。


口座開設 > 入金 > 1回取引で、5000円もらえます。
 



応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

スキャル派のジジイですが、久々に公開するトレードは、MJのスワップキャンペーンを利用したスワップ狙いの業者間両建てです。


業者間両建 MJとFXTFで実践中


ご覧のとおり、MJで豪ドル円のロングを1枚、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)で豪ドル円のショートを1枚建てました。ほぼ同じタイミングで新規取引を行いました。評価損益は両社合わせると約400円のマイナスで、これは今後ほぼ変動しない金額です。一方スワップは、MJで+100円、FXTFで-74円なので、合計+26円です。3月末までは、毎日+26円のペースで増え続けることが想定できるので、為替とスワップのトータル損益は、3月下旬から若干のプラスに転じます。4月以降は、MJがスワップキャンペーンを継続してくれることを願いたいですが、そうでなければ、決済してしまっても良し、両社のスワップの差分は減るものの、依然プラスであるなら持ち続けるも良し、ということになります。

業者間両建てのリスクは、スワップポイントがいつどう変動するかが保証されていないという点です。とは言え、業者によって、いつも高めのスワップポイントを提示したり、いつも低めだったりという特色ははっきりしているので、そこのところを突いていくのがポイントです。

ロング用のおすすめ業者は、キャンペーン実施中のMJと、DMM FXです。やや意外に思う方もいるかも知れませんが、DMM FXは、スワップポイントも業界最高水準です。低スプレッドの印象が強すぎて、目立たないのですが。

 


ショート用のおすすめ業者(支払うスワップが少なくて済む業者)は、FXTFです。




もう一つのリスクは、ロスカットです。ジジイは今回、両社に3万円だけ入金しました。豪ドル円が、どちらの方向にでも2.5円くらい動いてしまうと、一方がロスカットされてしまいます。毎日レートを確認し、益が出ている業者から出金し、損が出ている業者に入金する、という地道な作業が必要になります。しかし、もしロスカットを食らってしまっても、それが大損を意味するわけではありません。他方の業者では大きな益が出るからです。寧ろ、一方がロスカットされたあと、同じ方向にさらにレートが動いていけば、他方の口座は元が取れてお釣りがきます。


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


こんにちは、ジジイです。
先週は5日会社に行き、5日とも終電帰り。少々疲れてブログの更新がはかどりませんでした。土日休めたのがせめてもの救いです。もうしばらく、仕事が落ちつかなそうですが、引き続きよろしくお願いします。

この1週間、FX業界ではそれほど大きな動きはなかったように思います。注目のキャンペーンをあげるなら、MJの豪ドル円スワップキャンペーンです。以前と同様、買いスワップが+100円、売りスワップが-100円となりますが、今度はキャンペーン期間が3/1~3/31と、長めです。買いの場合、他社より20円前後も有利なので、豪ドルを中長期的な買い時と判断している方は、MJがお得です。

http://mj-net.jp/news/news_gen.php?y=2010&t=full#2010_02_26_49


今回はキャンペーン期間が長いので、業者間両建ても十分狙って行けそうです。例えば、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)は、豪ドル円のスワップが、買い+75円、売り-75円なので、MJでロング、FXTFでショートポジションを1枚持てば、為替リスクゼロで毎日25円のスワップ益を得られます。30日で750円になるので、スプレッド分の為替差損を引いてもお釣りが出ます。両社のスワップポイントが、月末まで今のままである保証がないのがリスクですが、MJのキャンペーン終了後も含め、両社のスワップが逆転してしまう可能性は少ないので、わりと悪くない戦略ではないかと思っています。明日早く帰宅できたら仕込もうと思っています。


 


<関連記事>
小技 業者間両建て
ジジイの口座開設日誌 ~ MJ(エムジェイ)


応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。