FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。

2007年5月にパンタレイ証券(現EMCOM証券)が「ドル円スプ1」を開始して以来、各スキャル業者によりドル円低スプレッドの歴史がどのように塗り替えられてきたか、2010年4月までの主要なニュースをまとめました。

<関連記事>
低スプ史 ~ スキャル業者進化の歴史




2007年5月18日
パンタレイ証券(現EMCOM証券)、ドル円スプ1~でサービス開始

当時私がメインで利用していた外貨exのドル円のスプレッドは3で、当日中に決済しないと別途手数料(確か、1万通貨につき200円)を徴収されるという状態でした。もう少し低コストの業者もありましたが、他社も概ね同じくらいの状況でした、スプ1というのは、驚きというよりも、「どうせ何か裏があるに違いない」という感じで、誰もが疑ってかかっていたような雰囲気でした。私も、騙されたと思って半信半疑でとりあえず口座開設してみたのを覚えています。ところが、そういった予想とは裏腹に、ドル円のスプレッドはかなり安定的に1銭で提供されていました。スプ1~を謳いながら、実際のスプレッドは簡単に広がってしまう業者が、2010年4月現在でも結構ありますが、当時のパンタレイ証券のスプレッドは、そういった「なんちゃってスプ1業者」よりも安定していました。が、口座開設が殺到したためか、ログインできないなどのシステムトラブルがが頻発していました。

2007年12月3日
FXブロードネット、ドル円スプ0.9~でサービス開始

今ではかなりの業者が採用しているドル円の小数点以下3桁表示は、このときFXブロードネットが始めたのが最初ではないかと思います。
小数点以下3桁表示なんて慣れていないし、0.1pipだけの違いだし、使い慣れたシステムを変えるのも面倒、ということで、当時のジジイはあまり興味を持ちませんでした。

2008年5月26日
FXブロードネット、ドル円スプ0.5~開始

これは驚きのニュースでした。0.9のときはスルーでしたが、スプ0.5とスプ1では、スキャルの取引コストにかなり差が出ます。
というわけでジジイは、愛用していたパンタレイ証券に別れを告げ、業者乗り換えを果たしたのでした。

2008年6月25日
外為オンライン、ドル円スプ1原則固定宣言

これまた衝撃のニュースでした。指標発表時にはスプレッドが大きく開くのが当時の常識で、ドル円は各社5~10pipsくらいに開いていました。

2008年7月11日
トレイダーズFX、スプ0.5~でサービス開始

強力な低スプ業者の参入だけでもビッグニュースだったのですが、時間限定のスプ0~キャンペーン実施により大いに注目されました。

2008年7月17日
クリック証券、ドル円スプ0~開始

元祖スプ0はトレイダーズFXでしたが、のちに廃業してしまったため、「スプ0と言えばクリック証券」という時代が結構長く続きました。開始当初から、かなりの頻度でスプ0が出ていました。

2008年7月18日
トレイダーズFX、常時スプ0~宣言

クリック証券に触発されたか、ドル円のスプレッドを「常時0~」に改善。


2008年9月9日
トレイダーズFXが事業休止

やはりどこかに無理があったようで、僅か3ヶ月での事業休止となりました。
休止直前は、ドル円のスプレッドが常時4.0程度に広がってしまい、何とも哀れな最後でした。

2008年10月15日
FXトレード・フィナンシャルがドル円スプ1~でサービス開始

ビッグニュースとは言えませんが、FXTFはジジイ注目業者のひとつのため、ピックアップ。
この頃になると、スプ1~を謳う業者はかなり増えていました。が、スプ1を謡っていながら、実際のスプレッドは2~3という業者が多かったのに対し、FXTFは固定ではないものの、スプ1がかなり安定しているのが特徴。

2008年10月28日
サイバーエージェントFX、ドル円スプ1~開始

ジジイ注目業者のひとつ、サイバーエージェントFXがスプ1を開始。
FXTFと同様、安定的なスプ1で、他社と比べ約定スピードに若干の強みがあります。

2008年11月10日
パンタレイ証券、レート表示小数点以下3桁化

この頃は、まだまだ2桁表示が主流でした。

2008年12月1日
パンタレイ証券、ドル円スプ1原則固定宣言

しばらく大人しかったパンタレイ証券がついに動き出し、ジジイは妙に嬉しかったです。

2008年12月8日
MJ、ドル円スプ1原則固定宣言。同時にレート表示小数点以下3桁化


2009年4月10日
EMCOM TRADE、ドル円スプ0.1~1.0でサービス開始

パンタレイ証券の兄弟会社が、期待を背負っての出発ということで、注目度の高いニュースでした。
両社の住み分けがはっきりせず、当時はパンタレイ証券の方の先行きを不安に感じましたが、最終的には先にEMCOM TRADEがなくなることになりました。しばらくは共存し、ライバル同士といった関係でした。

2009年5月11日
フォレックス・トレード、ドル円スプ0.8原則固定でサービス開始。7月3日までは0.6固定。

衝撃度の高いニュースでした。他社は0.6固定のキャンペーン期間中は静観でしたが、キャンペーン終了のタイミングに合わせ、EMCOM証券、MJ、EMCOM TRADEが0.8固定で追随し、「低スプ大戦」(ジジイが勝手に命名)の幕開となりました。

2009年5月20日
FX Zero、ドル円スプ0~宣言

スプゼロは本当ですが、クリック証券等と比べて、発生頻度はかなり低いです。今後の更なる改善に期待。

2009年6月
LionFX、ドル円スプ0~宣言

スプゼロは本当ですが、クリック証券等と比べて、発生頻度はかなり低いです。今後の更なる改善に期待。

2009年6月8日
EMCOM証券(旧パンタレイ証券)、ドル円スプ0.8原則固定宣言

0.6固定のキャンペーン期間が終了したフォレックス・トレードに肩を並べました。

2009年7月1日
MJ、ドル円スプ0.8原則固定宣言

フォレックス・トレード、EMCOM証券に続いてMJも0.8固定に。

2009年7月1日
アイディーオー証券、マスターFX2のサービス開始。ドル円スプレッド通常0.8~1.2、上限2.0


2009年7月10日
トレーダーズ証券、ドル円スプ0~で新サービス「TRADERS FX」を開始

1年前に事業休止となってしまった子会社と同じ名称で、新サービスを提供。新たなスプ0業者の登場です。

2009年7月17日
DMM FX、ドル円スプ0~1.0原則固定でサービス開始

レンジ内変動の超低スプで、DMM FXが鮮烈デビュー。

2009年7月17日
クリック証券、上限スプレッドを設定。ドル円は「0~1」に

DMM FX等の躍進を意識し、「スプ0の巨人」クリック証券も、上限スプを設定。従来の「0~」を「0~1」とすることで、指標発表時等にもスプレッドが大きく開いてしまうことをなくしました。

2009年8月3日
FXトレード・フィナンシャル、レート表示小数点以下3桁化


2009年8月3日
EMCOM TRADE、ドル円スプ0.1~0.8宣言

EMCOM TRADEがライバルのEMCOM証券、MJを一歩リードする恒久低スプ化を発表!

2009年8月24日
ODL Japan、"Royal Club"を開始。条件付きながら、ドル円スプレッド0.8~


2009年9月2日
EMCOM証券が、ドル円スプレッドを0.7固定に

従来の0.8固定を改善し、業界単独トップとなりました。

2009年9月4日
アイディーオー証券、マスターFX2のドル円スプレッドを「概ね0.6 上限1.0」に改善

アイディーオー証券が抜き打ち的な改善で、一気にドル円スプレッド最強クラスに。

2009年9月5日
クリック証券、レート表示小数点以下3桁化

遂に「スプ0の巨人」も動き、小数点以下3桁化はスキャル業者のスタンダードに。

2009年9月7日
MJ、ドル円スプレッドを0.8固定から0.8以下に

終了日未定のキャンペーンスプレッドとして、「0.8以下」を宣言しました。ただ、残念ながらジジイは0.8以外のスプレッドをみかけることはできませんでした。

2009年9月7日
DMM FX「極狭スプレッドキャンペーン」を開始

DMM FXが、ドル円スプレッドなんと0~0.5という歴史に残る低スプキャンペーンを開始。当初、キャンペーン期間はたった1週間でしたが、延長に延長を重ね、2010年6月30日までの期間延長が発表されています。(2010年4月現在)

2009年9月24日
クリック証券、ドル円スプレッドを0~1.0の変動幅固定から、0.8の原則固定に変更

これは改善とは呼べない変更で、残念なニュースでした。もう、クリック証券を「スプ0の巨人」と呼ぶこともできなくなりました。(そもそもジジイが勝手に命名した呼称でしたが・・・)

2009年10月3日
エースでねらえ!FX、レート表示小数点以下3桁化


2009年10月12日
FX Online Japan、ドル円スプレッドを0.9に固定

それまでの0.9~2.0のレンジ内変動を0.9に固定。約定率99%と、約定力にも定評のある業者が固定低スプを開始した注目ニュースです。

2009年11月27日
EMCOM TRADEがサービス終了

結果的に7ヶ月強という短命でしたが、スキャル業者低スプ化の歴史に名を刻みました。

2010年2月1日
JFX株式会社がMATRIX TRADERの取扱いを開始

ドル円スプレッド0~1+高約定率、MATRIX TRADERがデビューしました。

2010年2月8日
外貨ex、レート表示小数点以下3桁化


2010年2月19日
ディールFXが「低スプレッド+ハイスピード高約定」をキャッチフレーズにサービス開始

業界最強レベルの約定力、ひまわりFXを擁するひまわり証券が、スプレッド「0ポイントレベル」ディールFXのサービスを開始しました。

2010年3月29日
アイネットFXが、ドル円スプレッド0.7~1.0でサービス開始

ドル円のスプレッドは通常0.7~0.8、豪ドル円はじめ、その他の通貨ペアのスプレッドもかなり狭いアイネットFXが登場。今後の超注目株。

2010年4月19日
サイバーエージェントFXの「C-NEX」がドル円スプレッド0.2~0.8でサービス開始

スキャル派要注目のサービスが超低スプレッドで開始されました。





<口座開設リンク>
EMCOM証券
FXブロードネット
外為オンライン
トレイダーズ証券【TRADERS FX】業界屈指の取引環境!
クリック証券
手数料¥0、口座開設10分のFX!≪FXトレード・フィナンシャル≫
サイバーエージェントFX
業界最高水準の取引環境!MJ「Spot Board」!!!
フォレックス・トレード
FX ZERO
ヒロセ通商【LION FX】
DMM FX
エースでねらえ!FX
ひまわり証券【ディールFX】
MATRIX TRADER
アイネット証券[アイネットFX]
サイバーエージェントFX[C-NEX]


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



間もなく終了してしまう新規口座開設キャンペーンの一覧です。特に、お得度の高いものを3件ピックアップして説明しています。FXの新規口座開設をご検討中の方は参考にしてください。


TRADERS FX

新規口座開設して、5月1日(土)5時50分までに7回以上取引すると7000円。お得度高めです。
申込みの2日後くらいには取引開始可能になるので、まだギリギリ間に合います。ジジイの口座開設日誌 ~TRADERS FX参照。
7回取引は、新規も決済もカウントされるので、スキャルならすぐです。7000円負けても良いというつもりで、新規建取引を4回行えばOKです。取引量は関係ないので、1万通貨単位で行うと良いと思います。





サイバーエージェントFX(外貨exまたはクリック365)

条件は、口座開設完了後30日以内に1回1万通貨取引(くりっく365の場合は1枚取引)なので、難易度という話ではなく、誰でもクリア可能です。初回入金額によってキャッシュバック金額が変わってきます。30万円なら3000円、50万円なら5000円、100万円なら10,000円です。すぐに出金しても問題はないので、一時的にでも100万円を用立てして、10,000円を獲得しておきたいところ。
口座開設さえ4月30日までに完了していれば、取引はその後30日以内に行えばOKです。但し、既に外貨ex口座を持っている人がくりっく365の口座を開設した場合は対象外なので注意。

サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】 サイバーエージェントFXのくりっく365



インヴァスト証券 FX24

口座開設だけで1000円もらえます。加えて、1万通貨取引すると、初回入金額に応じてキャッシュバックされます。10万円で3000円、50万円で5000円、100万円で7000円です。
5月3日からも同様のキャンペーンが実施されることが決まっていますが、初回入金額の条件が現在よりも厳しくなってしまいます。以下のとおりです。

3/1~4/30までの条件 | 5/3~6/30の条件
FX24新規口座開設キャンペーン 2010/03/01~2010/04/30 FX24新規口座開設キャンペーン 2010/05/03~2010/06/30




間もなく終了する新規口座開設キャンペーンは、他にも以下のものがあります。条件が厳しめのものもあるので、狙っていく場合には条件をよくご確認ください。

 FX取引ならヒロセ通商へ  FXするならクリック証券 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ  


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


FXCMジャパンが開催している春のWキャンペーンが、少し面白いです。

2つあるキャンペーンの1つ目は、新規口座開設者へのキャッシュバックです。20万円入金して10Lot取引すれば条件達成で、3000円もらえます。スキャルに慣れている方なら、10Lot取引はさほど難しくはないと思います。

注目は、2つ目のキャンペーンです。TSタイトは、非常に狭いスプレッドを実現するため、手数料をユーザーから徴収する形を採用しています。これが5月末まで無料で使えるというのですから、結構なニュースです。


外国為替のFXCMジャパン

<関連記事>
低スプ争い、ついに・・・!(笑)
EMCOM証券がここのところ毎月実施しているポンド円のキャンペーンですが、4月の景品は「ちゃんぽん」です。4月19日から実施中で、5月14日までにポンド円を2000Lot取引すると、「四海楼の麺点餐セット」がもらえます。相変わらず、景品のわりに少々ハードルが高いですが(笑)、スキャルパーの勲章として目指してみるのも良いように思います。残念ながらジジイは敬遠ですが・・・。
今回はなんと、キャンペーン期間中、ポンド円のスプレッドが、1.7銭まで縮小されます。ポンド円最強のMJ「SpotBoard」に並びます。

http://min-fx.jp/campaign/chanpon/


EMCOM証券の1月以降のポンド円キャンペーンは以下のようになっています。

1月 GBP/JPY de すっポンドキャンペーン(スッポン鍋)
2月 GBP/JPY de ポンしゅキャンペーン(日本酒)
3月 GBP/JPY de ポンジュースキャンペーン(ポンジュース)
4月 GBP/JPY de ちゃんぽんキャンペーン (ちゃんぽん)

ジジイは前回のキャンペーン開始時に、次回の景品として、「フルーツポンチ」を予想していたのですが、惜しくもはずれてしまいました。5月もこのしょうもないキャンペーンが続くことを期待しています。

なお、EMCOM証券は5月14日まで、通常5000円の新規口座開設キャッシュバックを8000円に増額しています。口座未開設の方はいまがチャンスです。

EMCOM証券


<関連記事>
GBP/JPY de ポンジュース (EMCOM証券)
「みんなのFX」、新規口座開設のチャンス


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

ジジイが密かに注目している、ひまわり証券の「エコトレFX」が、4月26日から本番利用可能になるそうです。

http://sec.himawari-group.co.jp/company/media/press/pdf/press100419_2.pdf

エコトレFXは、運用資金を入金し、約100種類の売買システムの中から好きなものを選べば、あとは自動でシステムがトレードを行ってくれるというもので、スキャル派を名乗る者としては、少々利用を躊躇する部分もあるにはあるのですが、ひとつの選択肢として、利用も前向きに検討すべきもの、とジジイは考えています。

相場を完璧に読める人は存在しないわけですが、FXで一定以上のスパンでみると、いつも勝っている、という人はそこそこいます。上手い、下手、がある世界であり、長い目で見て勝率が高いシステムトレード手法というものもあるわけです。投資信託みたいなもので、リスクもありますが、資産を増やせる可能性が高い商品になると思います。また、いろいろなシステムに分散投資することでリスクも抑えられます。また、リーマンショックのときなどには、殆どの投資信託は基準価格を下げましたが、FXのシステムトレードならば、不景気=勝率が下がる、とは限らない点が、投資信託よりも優れているのではないか、とジジイは考えています。
少し余裕資金ができたら、いくつかのシステムトレードに投資してみようかと考えています。


ひまわり証券のサービスはどれも優秀で信頼できると思います。
スキャル派、アクティブトレーダーなら、ディールFX。堅実派なら、スリップページなしのひまわりFX。CFDならひまわりCFD。
  


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

スキャル派要注目のサイバーエージェントFX[C-NEX] が4月19日から取引を開始しました。業界の異端児的な存在で、無事サービスを開始できるのだろうかと、ジジイはやや心配していたのですが、ここまでは無事に進んだようです。あとは、今後早期にサービス終了、などということが起こらないことを祈るだけです。

先日の記事でお伝えしましたとおり、C-NEXはスプレッド実態調査(関連記事参照)でも十分な成績を残しています。建玉数無制限のサービスが登場しただけでもかなりのビッグニュースですが、そのサービスが業界最高レベルの低スプレッドを提供します。

同時に、「世界基準のスプレッド体感キャンペーン」が実施されます。5月31日までに口座開設&100万円入金を完了すると、高級赤ワインや高級革ブックカバーが抽選でもらえます。取引はしなくて良いようなので、ジジイも一応狙ってみようと思っています^^;

サイバーエージェントFX[C-NEX]


<関連記事>
スプレッド実態調査 2010年4月16日
C-NEXの実力
C-NEXが口座開設受付開始
C-NEX(シーネックス) サイバーエージェントFX


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ
スキャル派の業者選びに、スプレッドは欠かせません。久々にスプレッド実態調査を行いました。この企画は月に1回以上は実施して行こうと考えていたのですが、なかなか時間が取れず、終値以外の調査は4ヶ月ぶりになってしまいました。楽しみにしてくださっていた方には、お待たせしてすみませんでした。

<関連記事>
スプレッド実態調査 3/12(金)の各社終値で比較
スプレッド実態調査 ~ クリスマスイブの終値を比較
スプレッド実態調査 2009年12月16日
スプレッド実態調査 2009年11月19日
スプレッド実態調査 2009年10月7日
スプレッド実態調査 2009年8月13日



今回調査したのは、前回好成績の3社に、新参の3社を加えた以下の6社。ワクワクするラインナップです。

アイネットFX
2010年3月29日にサービスを開始したばかりの新勢力。スタイリッシュなトレード画面がジジイに人気。その実力やいかに?

MATRIX TRADER
2010年2月1日からサービス開始。ドル円0~1他の低スプに加え、約定率、約定スピードをも売りにしている。今回の6社の中では唯一、小数点以下3桁のレート表示を不採用。

サイバーエージェントFX[C-NEX]
2010年4月19日からいよいよサービス開始予定。超低スプ+建玉数無制限が売りの超注目業者。

MJ
前回調査ではポンド円でトップ。今回の6社の中では唯一、変動性ではなく原則固定性のスプレッドを採用。

DMM FX
もともと低スプなのに、2010年6月末までスプレッド縮小キャンペーンを実施中。前回調査では、ドル円、ユーロ円、豪ドル円の三冠を達成し他社を圧倒。

FXブロードネット
古参の超低スプ業者。前回調査ではユーロドルでトップ。



調査時間帯は、4月17日(土)の2:47付近。NY時間で金曜の午後ですが、まだレートは活発に動いていました。15秒間隔で8回計測しました。調査対象の通貨ペアは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルの5種。
証拠スクリーンショットはこちら。

SNAG-0001_20100418045402.png SNAG-0002_20100418045402.png SNAG-0003_20100418045401.png SNAG-0004_20100418045401.png SNAG-0005_20100418045400.png SNAG-0006_20100418045424.png SNAG-0007_20100418045423.png SNAG-0008_20100418045422.png


結果は以下のようになりました。


ドル円調査結果

ドル円の接戦を制したのは、同点でDMM FXとFXブロードネット。平均で0.5銭という狭さです。


ユーロ円調査結果

ユーロ円は、新登場のアイネットFXが平均0.93でトップ!C-NEXも、DMM FXを打ち破る大健闘。
ドル円、ユーロドルに続きユーロ円も、今後は1銭以下のスプレッド争いが激しくなりそうな予感です。


ポンド円調査結果

ポンド円は今回もまた、原則1.7固定のMJがトップ。MJはポンド円に関しては絶対的な安定感があります。
FXブロードネットは、相変わらずポンド円が弱い(笑)。


豪ドル円調査結果

豪ドル円は、アイネットFXが平均1.44でトップ!
低スプ業者の豪ドル円のスプレッド争いは、今や2銭以下が主戦場です。


ユーロドル調査結果

ユーロドルは、FXブロードネットが、平均0.5でトップと強いですが、他社もすべて平均1pip以下というハイレベルな争い。
すみません、DMM FXはスクリーンショットを取り漏らしてしまいました。が、DMM FXのユーロドルは原則0.7~1.3なので、FXブロードネットの首位は変わりありません。



業者別の平均値を一覧表にすると以下のようになりました。
業者別のスプレッド平均値

以下、業者別にコメントします。

アイネットFX
今回の新登場で「善戦」を期待していたのですが、蓋を開けてみるとユーロ円と豪ドル円でトップ成績!ドル円、ユーロドルも好成績です。トレード画面がカッコ良くて使いやすい、ジジイの注目&オススメ業者です。
アイネット証券[アイネットFX]


MATRIX TRADER
スプレッドでは、他の5社に一歩引き離される結果となりました。MATRIX TRADERは、スプレッドだけでなく、約定率と約定スピードを売りにしているため、主にスプレッドを中心にPRしている他の5社との差が出たように思います。約定力を含めた総合力勝負なら、もっと上位に食い込むと思います。



C-NEX
5通貨ペアでトップは取れませんでしたが、どの通貨ペアでも安定的に狭いスプレッドを提示しています。キャンペーン期間中のDMM FXとほぼ互角レベルです。
サイバーエージェントFX[C-NEX]


MJ
ポンド円では向かうところ敵なし。その他の通貨ペアも、原則固定値が低く設定されていて安定的。
すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」


DMM FX
他社を圧倒する状態が続いていたDMM FXですが、今回はドル円のみの1冠。アイネットFXという強力なライバルが登場しました。ただ、全通貨ペアで安定感は相変わらずです。
DMM FXは初心者向け


FXブロードネット
ドル円とユーロドルが強い。ポンド円や豪ドル円が弱いのは以前からの特徴。
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ


ではでは。
次回調査はできれば5月中。


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スキャル派の究極の選択肢、3月23日から口座開設受付を開始しているサイバーエージェントFX[C-NEX]の実力を改めて検証します。

まずスプレッドが、業界トップ水準です。最近では、「業界トップ水準」のスプレッドを提供する業者が増えてきましたが(笑)、C-NEXは、トップ水準の中でも最上位クラスです。公式サイトに他社との比較を堂々と載せていて、ご覧のとおり、今までスプレッドでは単独トップと言って過言ではなかったDMM FXと同水準であることが分かります。
C-NEXのスプレッド



あるタイミングの実際のリアルタイムスプレッドが下図です。ドル円、ユーロ円、ユーロドルのスプレッドが1pip未満になっています。その他、全9通貨ペアのスプレッドが2pips以下です。凄まじい低スプです。
C-NEXレート


もうひとつの特徴がこちら。
C-NEXは取引上限/建玉制限なし

通常他社では、一度に取引できるのは500万通貨まで、というところが多いのですが、C-NEXは無制限。建玉制限もなしなので、十分な証拠金さえあれば、1億通貨でも100億通貨でもポジションをもつことが可能です。これができるのは、国内業者では恐らくC-NEXだけだと思います。

最大の制約を最後に・・・。
ご覧のとおり、100万円の初回入金が必須となります。これを何とかクリアできたとしても、最大の難所は次の条件。「取引単位は100万通貨単位」です。他社では通常1枚から建玉が可能なわけですが、これがC-NEXでは100枚。100枚のポジションを持つと、1銭の値動きで1万円の損益が発生します。一般庶民だと、この状況は寿命に影響を及ぼします(笑)。

C-NEXは、初回入金100万円以上必要



以上、C-NEXは、十分な投資資金を持っている人にとっては、最強の選択肢になります。
ジジイは・・・、とりあえず口座開設だけはしてみようかな、と思っています。

口座開設は下記バナーから行けます。
デモ口座もあるので、まずはそちらの方で、スプレッドや約定力を確認して頂くのも良いと思います。
サイバーエージェントFX[C-NEX]




応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

FX最大手の外為どっとコムが、ついにドル円のスプレッドを縮小します。

http://www.gaitame.com/info.html#100414


従来の「原則2銭」が、「原則1~2銭」に変更されます。
ジジイはたまに外為どっとコムのレートを見ていましたが、既に少し前からドル円のスプレッドが1銭になっていたようで、今回が正式発表を行ったようです。また、1~2を謳っていますが、ほぼスプ1のようです。FX最大手が遂に、FXトレード・フィナンシャルや、外貨exなどの「準超低スプ業者」に追いつきました。これによって、スキャル派の人は選択肢が増えます。業者としての信頼性に重点を置く人にとっては、かなり嬉しいニュースではないでしょうか。


外為どっとコムでは現在、2つの取引口座『FXステージ』、『外貨ネクスト』の両方で、口座開設キャンペーンを実施しています。簡単な条件で、5000円×2 のキャッシュバックを獲得できます。
外為どっとコム


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


先日ジジイの妻がFXブロードネットの口座を開設したので、ジジイの口座開設日誌をお届けします。まぁ、この記事を書くために、私が頼んで口座開設をしてもらったわけですが・・・(笑)


3月14日(日) 3:00頃
インターネットで口座開設の申込みを行いました。

3月14日(日) 3:28
「口座開設申込受領のお知らせ」及び「ご本人確認書類ご送付のお願い」メールが来ました。
FXブロードネット 口座開設申込受領のお知らせ


3月23日(火) 1:43
運転免許証のスキャン画像をメールで送りました。3月14日にすぐ送れば良かったのですが、遅くなりました。
FXブロードネット 本人確認書類を送付


3月24日(水) 16:42
「ご本人確認書受領のお知らせ」メールが届きました。
FXブロードネット 本人確認書類受領のお知らせ


3月25日(木) 10:35
「口座開設完了のお知らせ」メールが届きました。
FXブロードネット 口座開設完了のお知らせ


3月26日(金)
ログインIDが記載された「口座開設手続完了のご案内」が郵送で届きました(自宅を留守にしていたため、実際に受け取ったのは3月28日)。ちなみに、発送元は福島。
FXブロードネット 口座開設手続完了のご案内 郵便追跡 FXブロードネット 口座開設手続完了のご案内



以上、FXブロードネットの口座開設はスピーディーに完結します。本人確認書類を送った3日後に取引可能な状態になりました。

FXブロードネットの魅力は何といっても低コストです。ドル円、ユーロドルのスプレッドが 0.5~となっていて、固定スプではありませんが、通常の時間帯は非常に安定的に低スプレッドを提示します。但し、今までの実績からみてポンド円はいまひとつです。ポンド円でスキャルをするなら、別業者が良いと思います。

もう一つ、1000通貨単位が無料というのも大きな魅力のひとつです。1万通貨単位のブロードコースと比較して、1000通貨単位のブロードライトコースが取引上不利な扱いを受けることは何もありません。


下記バナーから口座開設ページにジャンプできます。
新規口座開設の方は、5万通貨取引するだけで5000円のキャッシュバックをもらえます。
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ


<関連記事>
スプレッド実態調査 2009年12月16日
小技 FXTSでコースを追加する方法


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


ジジイが3月1日から4月5日まで、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)とMJとで実践していた業者間両建の結果を簡単にまとめると、以下のようになりました。

FXTF
決済損益 -63,510
スワップ -2,799

MJ
決済損益 +63,210
スワップ +3,500

トータル
決済損益 -300
スワップ +701
差引き +401


為替相場は、想定外に円安が進行しましたが、最終結果は、当初想定していたとおり、ちょいプラスで終了できました。両社に3万円ずつ入金していたので、6万円を35日間運用して、401円の利益、と考えてみます。すると、年利回りに換算すると、約7%です。

この結果をどう考えるかは、人それぞれになると思います。利回りが7%というと、銀行の定期預金なんかに比べると相当美味しいわけですが、業者間両建にはリスクがあります。ロスカットされてしまうリスクと、スワップポイントがマイナスやゼロに近くなってしまうリスクです。従って、そうならないように日々為替レートやスワップポイントを監視する必要があり、時には資金の移し変えなどが必要です。それなりの苦労をしての7%、ということになります。また、今回はMJのスワップキャンペーンを利用したので、スワップ益が大きくなり、約7%の利回りとなりました。キャンペーンがなければ、良い組み合わせの2業者をみつけても、年利回りに換算して、3~4%くらいが精一杯になるのではないかと思います。

業者間両建は、それなりのリスクと根気によって、それなりの利回りを得る手法、と考えて頂くのが良いように思います。差引きプラスのスワップをもらる2業者は、よく探せば必ずあるので、興味のある方は探してみてください。
4月13日現在なら、以下の2社に注目。


最近の豪ドル円スワップの高さに注目



最近の豪ドル円スワップの安さに注目



<関連記事>
業者間両建の状況
業者間両建の状況
業者間両建実践中
小技 業者間両建て


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



EMCOM証券「みんなのFX」が、5万口座突破を記念して口座開設キャンペーンを実施します。新規口座開設+1取引で、通常5000円がキャッシュバックされるところ、4月12日~5月14日の間は、8000円に増額されます。

今FX各社が実施しているキャンペーンの中で、難易度は低く、金額は大きい、最もお得なキャンペーンになっています。EMCOM証券であれば、今後長く使っていく業者としてもオススメできるので、口座開設がまだの方はこの機会にご検討頂ければと思います。


下記バナーから新規口座開設できます。
EMCOM証券



<関連記事>
EMCOM証券が5万口座突破
ジジイの口座開設日誌 ~ EMCOM証券

外為オンラインもスプレッド縮小キャンペーンです。ポンド円、豪ドル円のスプレッドが、通常5銭のところ、3銭に縮小されます。

ぶっちゃけ、通常の5銭は高すぎ、3銭でもまだ業界トップ水準には追いついていませんが、外為オンラインもこういったスプレッド縮小の流れに乗りつつある、乗らざるを得ないようです。みんな頑張れ。



応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

TRADERS FXが2010年4月6日(火)から「ポンド/円スプレッド原則1.5銭固定キャンペーン」を実施しています。これは、今まで業界最狭だったMJの1.7銭固定よりも狭い、ポンド円史上最狭のスプレッドです。

毎日12:00~24:00の間だけ、1.5銭固定になるそうです。
時間帯が制限されているのはイマイチですが、キャンペーン終了日が決まっていないようなので、意外と長い期間、この状態が続く可能性がありそうです。

新規口座開設+7回取引で、もれなく7000円をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施中です。
EMCOM証券「みんなのFX」が、5万口座を突破したそうです。顧客重視のサービス展開、宣伝活動を続けてきた努力の結果かと思います。おめでとうございます。

http://min-fx.jp/press/id/index/522/


さて、そこでEMCOM証券が実施したキャンペーンが、「5万(ゴマン)口座突破記念マンゴーキャンペーン」です。毎度毎度、こういうしょーもないギャグをキャンペーン名に盛り込んでくれるEMCOM証券をジジイは憎めません。


キャンペーン期間の4月30日まで、ユーロ円のスプレッドが1.2固定に縮小されますが、ジジイにしてみれば、いつも元気の良いEMCOM証券にしてはイマイチか、という印象が拭えません。超低スプのスキャル業者としてトップを行くDMM.com証券のユーロ円スプレッドが、0.5~1.1だからです。

景品の宮崎県産完熟マンゴー「太陽のたまご」は、悪くなさそうなので、ユーロ円が得意、他業者でユーロ円のスキャルをやっている人などは、今月はマンゴー狙いでEMCOM証券を使ってみるのも悪くなさそうです。


口座開設キャッシュバック実施中。
 


ブログランキングの応援クリック、ありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


フォレックス・トレードが、専用の高機能トレードツール「トレードリズム」に、Twitterに自動的にツイート(投稿)する連携機能「ポジッター(Positter)」を4月5日(月)より提供するそうです。

http://www.forextrade.jp/news/2010/04/100405-01.html

このネーミングは最高です(笑)。ジジイは、こういうしょーもないギャグが・・・、結構好きです・・・。わざわざ英語の名称を用意している点も良いですね。

この機能性もなかなか面白いもので、ツイッターを利用している方には、一見の価値ありではないでしょうか。こういった機能を開発しようという発想が素晴らしいと思います。フォレックス・トレードのような優良業者には今後も頑張って頂きたいところ。

資産運用

2010年3月29日にサービスを開始したばかりのアイネット証券[アイネットFX]の口座開設の流れをご説明します。



3月30日(火) 4:00頃
インターネットで口座開設申込みをしました。
申込みの画面はとても分かりやすくて使いやすいです。入力が何%完了したかが分かるメーターがついていて、チェックボックスをチェックしたり、データ入力を行う都度、リアルタイムに更新されます。
アイネットFX 口座開設申込み

本人確認書類は、申込みフォーム上からアップロードできます。メールやFAX・郵便で送ることも可能。
アイネットFX 本人確認書類アップロード画面


3月30日(火) 4:10
お申込みありがとうメールが来ました。
アイネットFX 申込みありがとうメール


3月30日(火) 17:57
口座開設完了のお知らせメールが来ました。はやっ!
アイネットFX 口座開設完了のお知らせメール


3月31日(水) 9:40
転送不要の簡易書留で、口座開設手続完了のご案内が届きました。
パスワードは、メールで問い合わせて取得する仕組みです(それは自動応答なので、待たされることはありません)。ログインや入金の方法が丁寧に解説された「アイネットFXご利用かイド」が同封されていて、FXが始めての方でもスムーズに取引を始められるようになっています。

アイネットFX 口座開設手続き完了のご案内

アイネットFX 郵便追跡



というわけで、アイネットFXはなんと、申込みの翌日に取引可能でした!今までジジイが多数のFX口座開設を経験してきた中で最速です。

アイネットFXは、顧客重視の姿勢が伝わってきて、スプレッドも業界最狭水準、システムがとてもスタイリッシュでカッコ良いです。カッコ良いだけでなく、かなり使いやすく、細かい配慮が行き届いています。

ジジイはシステム開発関連の仕事をしているのですが、アイネットFXの各システムを見ると、お客さんが使いやすいシステムを作るという点で、デザインの人とシステム開発の人が両方とも高い技術を持っていて、統率も取れているように感じました。是非一度、このシステムを使ってみてください。私の言っていることが、きっと分かって頂けると思います。口座開設のシステムからして使いやすく、また、口座開設の非常に迅速なのも、事務を行う人が使う社内のシステムや、事務処理部隊の統率がしっかりしているからだと思います。この業者は、ジジイの超お気に入り業者のひとつとして今後注目して行きたいと思います。


下記バナーから口座開設画面にジャンプできます。
アイネット証券[アイネットFX]


<関連記事>
アイネットFXでスキャルしてみましたよ
アイネットFX!


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


注目度の高いスプレッド縮小キャンペーンのニュースです。
住信SBIネット銀行が提供する店頭FX、Oh!FX です。

https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20100402

対象通貨ペアは、ドル円、ランド円、ユーロドルの3種ですが、やはりスキャル派として注目すべきはドル円です。通常「2銭~」のところ、4/5(月)~4/30(金)は、「1銭~」に縮小されます。

1銭以下のスプレッド争いが熾烈なときに、今どきドル円1銭~、という状況ではあるのですが、あらゆるFXの中で、お金の預け先という点で最強クラスの信用度を誇るOh!FXが、「1銭~」を宣言した意味合いは小さくないと思います。「1銭~」と言いつつも、恐らくは、ほぼ1銭固定になるのではないか、とジジイは思っています。

例えば、信頼度を第一に考えて、スプレッドがやや広いのを我慢してFXプライム外為どっとコムを使っている人や、ドル円スプレッド1銭未満の業者に興味があるけど、信頼度を重視して外為オンラインを使っている、という人にとって、Oh!FXは強力な選択肢になりそうです。

Oh!FXは、住信SBIネット銀行の口座さえ持っていれば、すぐに取引を開始できます。住信SBIネット銀行は、FX各社のクイック入金への対応率が高い、他行宛振込みが月3回無料、セブン銀行等のATMが完全無料、ゆうちょ銀・ローソン・イーネットのATMが月5回無料など、持っておいて絶対に損のない超オススメ銀行口座です。

口座開設はこちらから。
住信SBIネット銀行



<関連記事>
「Oh! FX」 (住信SBIネット銀行)
使おうクイック入金
イーバンクのハッピープログラムより住信SBIがおすすめ


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


3/29の記事でご紹介した要注目の新規FXサービス、アイネットFXの口座を早速開設して、スキャルしてみました。

<関連記事>
アイネットFX!


Webの取引ツールを使ってみたのですが、ご覧のとおり、スタイリッシュでかなりカッコ良いです。カッコ良さ重視の方には、外貨exMATRIX TRADERと同等か、それ以上におススメです。

アイネットFX Webの取引画面


さて、注目のスプレッドですが、スクリーンショットでご確認頂けるとおり、かなり狭いことが確認できました。
ドル円、クロス円も十分狭いのですが、ユーロドル0.6、ユーロポンド1.0、ポンドドル1.5など、ドルストレートや欧州クロスの方に、より強みを持っているように感じました。

ひとつ難を言えば、私のPCにはWebの取引ツールはやや重いです。私のPCは一昔前のもの(AthlonXP 2400+ / 768MB RAM)なので、新しめのPCを使えば、重いと感じることはないかと思います。また、デスクトップ版のツールもあるので、そちらを使うのも良さそうです。次回試してみます。


さてさて、前回の記事に書きましたが、ジジイは、アイネットFXのポンド円のスワップが、買い+14、売り-9 である点が気になっていました。売り買いを足すとプラスということは・・・
さっそく、両建を試してみました(笑)。141.910で買い、141.935で売りのポジションを持ちました。ポンド円のスプレッドが2.5のときに一括決済すれば、損得なしで両方をクローズできます。さて、一晩が経過してスワップポイントが付与されました。すると・・・

アイネットFX ポジション照会

ちゃんと、+14円と-9円のスワップポイントが付与されました。両建で為替リスクがない状態で、毎日差引き5円のスワップポイントを獲得できる、ということになります!今後スワップポイントが変わらなければですが・・・。
どうしてこんな状態になっているのか分かりませんが、ジジイとしては、いつまでもこの状態が続くことを願うばかりです(笑)。

アイネット証券[アイネットFX]



応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ