FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
EMCOM証券(みんなのFX)が、口座開設キャッシュバックキャンペーンを7月1日からリニューアルして継続することを発表しました。

http://min-fx.jp/press/id/index/572/


以下のとおり、ノーリスク/低リスクで、最大15,000円もらえます。

①新規口座開設+1Lot取引だけで8000円。
②他社のFX取引口座の売買報告書を送付すると更に2000円。
③500Lot取引すると更に5000円。


②の条件は初めて目にします。ライバル業者との顧客の奪い合いの意識が高まっているようです。


みんなのFXに関しては、トレイダーズ証券に継承される旨が発表されていて、先日の記事では早まって、TRADERS FXへの移管措置が取られるのではないか、口座開設キャンペーンは現在実施中のものが最後になるのではないか、などとコメントしましたが、キャンペーンは継続されますし、キャンペーン期間が8月31日までであることから、移管措置というようなことも、少なくとも当面は発生しないようです。
早まって混乱を招く記事をアップしてしまい、申し訳ありませんでした。


<関連記事>
「みんなのFX」が・・・、残念
ジジイの口座開設日誌 ~ EMCOM証券


ジジイにとっては、EMCOM証券が非常に好きな業者なので、今後も従来どおりのサービスや、パワフルなキャンペーンが継続されることはなによりと思っています。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

クリック証券がかなり本気です。先日の記事でもお伝えしましたとおり、6月14日から「クリック証券史上最大級のキャンペーン」を実施中なのですが、今日は日経新聞に全面広告を出し、首都圏の通勤電車に車内広告を出し、Yahoo! Japanのトップページにも広告を出してきました。

地下鉄千代田線の車内広告 日経新聞の全面広告 Yahoo! Japanのトップページ


一体どれだけ広告費をかけているのか分かりません(笑)
しかし、「ネット証券に大金を預けるのは不安」という安全重視の方にも、十分な説得力を与える効果はあると思います。実際にスキャルをやっている方には説明するまでもないことですが、FX会社、特にクリック証券のような大手であえれば、預けたお金が返ってこなくなる、ということはまず考えにくいです。出金は、必要なときにインターネット上で手続きを行えば、1~2日後には所定の銀行口座に振り込まれます。出金に手数料はかかりません。このあたりのことに不安を感じて、年利15%に興味を持ちつつも、なかなか実行に踏み切れない人も多数いるのだと思います。
もしあなたがその一人でしたら、このキャンペーンに乗って見ることは大いにオススメできます。


口座開設 → クリック証券


クリック証券は、専用トレーディングツールのはっちゅう君をはじめ、システムもかなり優れていますし、スプレッドでもドル円が0.8銭固定など、業界トップクラスの低コスト業者です。広告費をかけて、顧客を大勢呼び込んでも全くOKという、自信があることが伺えます。

レバレッジ規制直前で業界全体がしぼんでいるこの時期に、このとんでもない爆弾キャンペーンを実施することで、体力のない業者の顧客を吸い取り、場合によっては吸収してしまうことまで想定しているのかも知れません。爆弾に吹っ飛ばされてしまう業者が出るのか、爆風が収まったあと、体力を残している業者がどのような反撃に出るのか、しばらくは目が離せなさそうです。


<関連記事>
クリック証券が大規模な現金プレゼントキャンペーン!
ジジイの口座開設日誌 ~ クリック証券


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

住信SBIネット銀行が提供する店頭FX、Oh!FXが、現金キャッシュバックのキャンペーンを実施しています。

条件は、以下の3つと、ハードルは低いです。

①Oh!FXの新規口座開設
②10万円の入金(代表口座からOh! FX口座への振替)
③1取引単位以上の新規取引


これだけで、3000円もらえるので、Oh!FXを試してみようか、と少しでも思っていた方は、この機会にお試し頂くと良いと思います。既に住信SBIネット銀行の口座を持っているなら、本人確認書類を改めて提出する必要などなく、10分ほどの手続きだけですぐに取引可能な状態になります。
住信SBIネット銀行の口座を持っていない場合は、口座開設が必要です。

口座開設 → 住信SBIネット銀行


Oh!FXのメリットは、銀行が提供するFXという安心感が一番大きいと思います。外貨預金をやるくらいなら、Oh!FXの方が断然良いのではないか、とジジイは思います。スプレッド・手数料を見ると、スキャル向けの超低スプ業者には当然負けますが、とは言っても、現在、キャンペーンでドル円のスプレッドが1銭~になっていて、超低スプ業者との差も顕著ではなくなってきています。

通貨ペアは、20種とそこそこあります。南アフリカランドはもちろん、メキシコペソノルウェークローネトルコリラなども扱っているので、高金利通貨でスワップ益を狙うこともできます。

レバレッジは、10倍または30倍です。8月1日から、レバレッジ規制が開始され、日本の全FX業者のレバレッジは上限が50倍になるので、Oh!FXの30倍は、他社と比べてもあまり遜色のないものになります。

取引単位は、1000通貨単位が可能な、「ミニ取引」もあります。但し、1取引あたり片道50円の手数料がかかります。1万通貨単位の通常取引なら、手数料はかかりません。


条件を満たせば確実に3000円もらえるので、例えば、30pips下にストップを入れて豪ドル円をロングしてみるとか、トレール注文を使ってみるとか、工夫してこのキャンペーンを利用すると良いと思います。


<関連記事>
「Oh! FX」 (住信SBIネット銀行)
使おうクイック入金
イーバンクのハッピープログラムより住信SBIがおすすめ


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


FX業者のスプレッド縮小のニュースがまた発表されています。今度は老舗のフォーランドフォレックスからです。ドル円の基準スプレッドが、従来の2銭から、1銭に縮小されました。6月23日に適用済みです。

http://www.foreland.co.jp/new/index.html


ジジイにとっては硬めの雰囲気があった、老舗のフォーランドフォレックスもついにドル円スプ1です。フォーランドフォレックスは、スプレッドの原則固定を謳っていませんが、レートを眺めている限り、宣言している基準スプレッドよりも開いたスプレッドを提示することはほぼ無いようです。


フォーランドフォレックスの売りは、「戦略記憶ボード」です。例えば、「現在値より○pips有利なレートで指値注文」とか、「成行注文と同時に、+○pipsで利益確定、-○pipsで損切」といった戦略を、自由にカスタマイズし、記憶させることができるのです。頻繁に使う戦略を記憶しておけば、何度でも手軽に、独自に設定した発注方法をリピートできます。この戦略記憶ボードは、スキャルにもスイングにも、使いこなせばいろいろと活用できそうな便利機能です。

フォーランドフォレックスは、今までドル円がスプ2だったので、スキャル用業者としてはあまりおすすめできませんでした。今回ドル円がスプ1になるので、戦略記憶ボードを用いてのスキャルもかなり面白そうです。また、従来からユーロドルはスプ1です。

口座開設 → フォーランドフォレックス


<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ フォーランドオンライン
フォーランドフォレックス、取引システムをモデルチェンジ


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

DMM FXが、7月から新たなスプレッドキャンペーンを開催します。

http://fx.dmm.com/press/id/index/336/


昨日アップしたスプレッド実態調査 2010年6月22日で、

長期間継続してきたスプレッド縮小キャンペーンも、2010年7月以降は継続する気配がなく、とうとう小休止に入ったか?!

などとコメントした矢先のことで、当ブログ読者の方と、DMM FXの関係者の方には申し訳ありません・・。
DMM FXは、まだまだ元気なようで、ジジイとしては素直に嬉しい限りです。


さて、新しいキャンペーンと現行のキャンペーン、スプレッドの縮小幅に若干の違いがあります。
最注目のドル円は、残念ながらパワーダウンです。現在が0~0.5のところ、新キャンペーンでは0~0.6となります。また、要注目のユーロ円も、0.5~1.1が、0.6~1.1になるので、僅かながらパワーダウンです。
しかし、その他の10通貨ペアは改善されます。

ポンド円:1.3~1.9 → 1.2~1.7
加ドル円:1.9~2.5 → 1.4~1.9

などなど、業界最強レベルのスプレッドに更に磨きがかかります。


現行キャンペーン
現行キャンペーン


新キャンペーン
新キャンペーン


新規口座開設+200Lot取引で、もれなく1万円キャッシュバックのキャンペーンも、7月末まで実施中です。

口座開設 → DMM FX


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

2ヶ月ぶりにスプレッド実態調査を実施しました。この調査を楽しみにしていてくださった方には、間が空いてしまい、申し訳ありませんでした。
調査対象業者のラインナップは、前回4月の調査とほぼ同等の以下6社です。


アイネットFX
2010年3月29日にサービスを開始したばかりのFX業者。その名はまだあまり知れ渡っていませんが、実は、スプレッドに関して業界最強クラスの実力を有する。トレード画面がスタイリッシュでカッコ良いこともあり、EMCOM証券亡き後にはジジイの最高お気に入り業者になりそう。スワップポイントも高め。

MJ
今回の6社の中で唯一、変動性ではなく原則固定性のスプレッドを採用。今まで、ポンド円のスプレッドでは向かうところ敵なしだったが・・・。

DMM FX
もともと低スプなのに、2010年6月末までスプレッド縮小キャンペーンを実施中。2009年12月の調査では3冠を達成するなど、多数の通貨ペアで最強を誇っていたが、ここ最近は他社の台頭があり、前回はドル円の1冠止まり。長期間継続してきたスプレッド縮小キャンペーンも、2010年7月以降は継続する気配がなく、とうとう小休止に入ったか?!

FXブロードネット
古参の超低スプ業者。毎回、ドル円とユーロドルはめっぽう強い。
ポンド円、豪ドル円はやたら弱い。

TRADERS FX
7月にEMCOM証券の事業を吸収し、また規模の拡大を計っている。開業当初から売りのひとつになっているスプレッドの実力をひさびさにチェック。

サイバーエージェントFX[C-NEX]
2010年4月19日にサービス開始。最低取引単位が、100万通貨単位(7/30までは50万通貨)のため、十分な資金がないと取引できないが、スプレッドの狭さは本物。




<関連記事>
スプレッド実態調査 2010年4月16日
スプレッド実態調査 3/12(金)の各社終値で比較
スプレッド実態調査 ~ クリスマスイブの終値を比較
スプレッド実態調査 2009年12月16日
スプレッド実態調査 2009年11月19日
スプレッド実態調査 2009年10月7日
スプレッド実態調査 2009年8月13日


調査時間帯は、6月22日(火)の1:02付近。15秒間隔で6回計測しました。スプレッドの平均値を競います。調査対象の通貨ペアは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルの5種。
証拠スクリーンショットはこちら。

SNAG-0000_20100622235425.pngSNAG-0001_20100622235424.pngSNAG-0002_20100622235424.pngSNAG-0003_20100622235423.pngSNAG-0004_20100622235419.pngSNAG-0005_20100622235418.png




SNAG-0006_20100623000625.png

ドル円は、DMM FXとC-NEXが同点でトップ。DMM FXは相変わらずの強さですが、スプレッドキャンペーンが6/30で終了する見込みのため、7月以降、ドル円スキャルの本命はC-NEXになるのか?
前回、DMM FXと同点でトップだったFXブロードネットは、僅差で3位に後退。




SNAG-0007_20100623000624.png

ユーロ円は、前回に続き、アイネットFXが他社を圧倒。平均0.77銭という、前回記録の0.93を更に上回る驚異的な低スプレッドでトップ。



SNAG-0008_20100623000624.png

ポンド円ではサプライズが発生。キャンペーンを実施中のTRADERS FXが、MJを打ち破ることをジジイは事前に知っていたのですが、C-NEXが、それら2社を圧倒する成績でトップ。なんと、平均1.13銭です。ドル円じゃなくてポンド円ですよ?



SNAG-0009_20100623000623.png

豪ドル円は、前回に続きアイネットFXが強いです。



SNAG-0010_20100623000622.png

ユーロドルは、毎回コンスタントに強いFXブロードネットがトップ。前回と同様、アイネットFXが僅差で2位。



業者別のスプレッド平均値を一覧表にすると、以下のとおり。
アイネットFXとC-NEXが2冠、かつての3冠王、DMM FXは1冠止まりです。FXブロードネットも1冠。この4社は、今後も低スプレッド争いの中核になると思います。実力者のTRADERS FXとMJが無冠なのですから、今回の調査は本当にハイレベルなものだったと思います。

SNAG-0011_20100623000622.png


<口座開設リンク>
アイネットFX
MJ
DMM FX
FXブロードネット
TRADERS FX
サイバーエージェントFX[C-NEX]



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

FX ZEROが、専用取引ツールを全面リニューアルし、「FXZERO-CH Ver2.0」を6月21日にリリースしたそうです。

詳細 → FX ZERO


FXの取引ツールはシンプルなものが良い、と考えるジジイは、従来の「FXZERO-CH」にはあまり良い印象を持っていませんでした。マニュアルを良く読むなりしないと、すぐには使い方が分からなそうな機能がいろいろついているように見えたからです。慣れて使いこなせると良いのかも知れませんが。

一方、「FXZERO-CH Ver2.0」の方は、見た目がだいぶすっきりし、アイコンが大きく説明も付いているので、初心者にも使いやすそうです。チャートもかなり見やすく、チャートの機能面でも、いくつかの要望事項への対応がなされているようなので、チャートに拘る方にも一見の価値がありそうです。

FX ZEROでは、このリリースを記念して、新規口座開設者向けの現金キャッシュバックを拡充してきました。通常の、新規口座開設+30万通貨取引で5000円に加え、100万通貨取引では更に5000円がもらえます。
100万通貨取引は、50枚の往復でOKです。スキャル中級者以上なら、すんなりと達成可能なレベルです。


口座開設 → FX ZERO


しばらく大人しかったFX ZEROですが、この時期に手間隙をかけて取引ツールのリニューアルを行ったということは、レバレッジ規制により今後過酷になる、FX業界の生き残りをかけた顧客争奪戦に、挑む覚悟を決めた、ということなのだとジジイは考えています。

FE ZEROは、ドル円のスプレッド0~2を謳っていますが、概ね1で、たまに2、というのが実態のようです。取引コスト的にはもう一歩といったところ。約定力に強みを持っているわけでもないので、今回の取引ツールリニューアル以外にも、もう一つパンチが欲しいです。今後の動きに期待!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ



ひまわりFXからスプレッド縮小のニュースです。
6月21日(月)から、以下のとおり、ドルストレートのスプレッドが大幅に縮小されます。

GBP/USD 8 → 3
AUD/USD 6 → 3
NZD/USD 8 → 3
USD/CHF 6 → 3

http://sec.himawari-group.co.jp/company/media/news/detail.html?regNo=1598&pageNo=#newsDetail


ひまわりFXのスプレッドは固定ではなく、これらは「基準スプレッド」なのですが、信頼性に重きを置くひまわり証券のマニフェストなので、指標発表時などを除き、ほとんどの時間帯でこのスプレッドが提示されることになると思います。

低スプレッドで有名な3社と比較してみると、下表のとおりで、かなり肉薄しています。「ほとんど見劣りしない」と言って良いレベルです。


低スプ3社とひまわりFXのスプレッド
業者名GBP/USDAUD/USDNZD/USDUSD/CHF
DMM FX1.8 - 2.61.4 - 2.21.8 - 2.6-
MJ3.02.04.03.0
外為オンライン3264
ひまわりFX3 -3 -3 -3 -



ひまわりFXの売りは何といっても、約定率100%+スリップページなし なので、低スプレッドをPRポイントの中核にしているこれら3社に、スプレッドで劣っているのは、当然とも言えるところなのですが、今回のスプレッド縮小は、負けていて当たり前、という姿勢を改めた非常に評価できるものと考えています。

ひまわりFXの約定力の強さは、一度試すとすぐに実感できます。口座未開設の方、即にスキャル派の方には持っておくことをオススメできる口座です。7月30日まで、5000円キャッシュバックも実施中です。

口座開設 → ひまわりFX




レバレッジ規制により、業界から撤収する業者も現れる中で、約定力最強のひまわりFXが存在感をアップしてきました。今後の動きにも注目です。



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

みんなのFXEMCOM証券が、事業譲渡を行う旨が発表されています。
事業を継承するのは、トレイダーズ証券です。EMCOM証券の弟分(?)だったEMCOM TRADEが、やはり2009年11月にトレイダーズ証券に事業を継承していますが、そのときと同様、保有しているポジションは移管されるなど、ユーザーへの影響は最低限になるものと思われるので、みんなのFXのユーザーの方も、特に慌てる必要はないと思います。


EMCOMホールディングスのプレスリリース
http://www.hd.emcom.jp/pdf/20100615_001.pdf

トレイダーズホールディングスのプレスリリース
http://www.tradershd.com/tmp/timely/20100615171731_1.pdf


しかし、残念なニュースです。ジジイにとってEMCOM証券は、始めて本格的にスキャルをさせてもらった思い入れのある業者です。システムが使いやすく、出金が早いなど、好きな業者でした。


プレスリリースによると、事業継承は7月20日なので、この付近までは、今までに近い形でみんなのFXを利用できるのではないかと思います。


みんなのFXの口座を持っていない方にとっては、意外な口座開設のチャンスかも知れません。6月30日まで、口座開設キャンペーンを実施しているからです。今までは、繰り返し繰り返し、口座開設キャンペーンを実施してきたEMCOM証券でしたが、さすがに今回が最後になると思います。しかも今回のキャンペーンは、通常よりもちょっとだけお得な8000円キャッシュバックです。普通は5000円でした。キャッシュバックの条件は、新規口座開設+1Lot取引 だけなので、「事業を継承してしまう前に、8000円をぶんどる」というような気持ちで(笑)、口座開設してみるのも良いと思います。口座開設は非常にスピーディーですし、取引システムもシンプルで使いやすいものであることが分かって頂けると思います。

口座開設 → EMCOM証券


7月20日以降に、自動的に解約されるか、TRADERS FX に自動的に移管される、などの措置がとられることになると思います。


<関連記事>
さらば、EMCOM TRADE・・・
ジジイの口座開設日誌 ~ EMCOM証券


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


FXの現金キャッシュバックキャンペーンは、最近は業界全体で低迷気味でしたが、クリック証券が、いまだかつてない規模のキャンペーンを開始しました。

①10万円以上を入金し
②新規建取引を5回行う

というハードルの低い条件をクリアするだけで、最大25万円をキャッシュバックしてくれます!
既にクリック証券のFX口座を持っている人でも、これから口座開設する人でも、7月31日までに入金すればこのお得な企画に参加できます。


口座開設 → クリック証券のFX


キャッシュバック金額は、入金した証拠金の金額の2.5%で、マックスで25万円です。1000万円を入金すれば、25万円、100万円なら25,000円です。2ヶ月間、出金してはダメです。夏のボーナスの預け先、という見方をすれば、間違いなく最強の預け先と言えそうです。

クリック証券は、言わずと知れた、業界トップクラスの低コスト業者で、ドル円のスプレッドは0.8銭固定です。2ヶ月間で新規建取引を5回行うのは、スキャルでもスイングでも、難しくはないと思います。口座開設済みの方も、これから口座開設する方も、このチャンスは是非お見逃しなく!



<関連記事>
ジジイの口座開設日誌 ~ クリック証券



応援クリック、よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ
ひまわり証券のディールFXから、小注目のニュースです。
6月18日から、FIFO口座をリリースするそうです。

http://sec.himawari-group.co.jp/company/media/press/pdf/press100611.pdf

口座開設 → ひまわり証券【ディールFX】


FIFOとは、First In First Out のことで、日本語に直訳すると「先入れ先出し」です。
FXでFIFOというと、特定のポジションを決済する、という概念がないシステムのことです。

FIFOのシステムでは、保有するポジションを決済したいときは、反対方向の新規注文を出します。例えば、ドル円のロング5枚というポジションを持っていて、これを決済したいときは、ドル円5枚の売り注文を出す、という要領です。5枚売りの代わりに3枚売りなら、ロング2枚が未決済のまま残ります。また、5枚売りの代わりに10枚売りなら、ショート5枚が保有ポジションとして残ります。

ディールFXは、「アクティブトレーダー向けのFX取引サービス」を謳っています。要は、スキャルパーをお得意さんにしたいというわけです。FIFO方式は、使ったことがないと戸惑いますが、慣れてしまえば、スキャルに適した方式だとジジイは思います。常に為替レートの流れを感じ取り、「どちらの方向に」、「どれだけの数量を」ポジるかに集中すれば良いわけです。ドテン(保有ポジションを全て決済した上で、逆方向のポジションを持つこと)も簡単にできます。

さて、ディールFXのスペックですが、上述のプレスリリースによると、5月10日以降のひまわり証券の調査では、平均約定速度0.0066秒、で100%約定という結果が出ているそうです。これは極めて優秀な成績だと思います。例えば、ヒロセ通商のLionFXは、公式サイトによると平均約定速度0.035秒、約定率99.9% とのことです。これでも、公式サイトに堂々と載せられる優秀な実績なわけですが、ディールFXはそれをだいぶ上回っています。

ディールFXのスプレッドは、0銭~ を謳ってはいますが、ドル円やユーロドルのスプレッドは、1または2が中心のようです。スプレッドだけに注目すると、業界トップレベルから、一歩下がった位置にいます。


200万通貨単位の取引で1万円キャッシュバック中
ひまわり証券【ディールFX】



応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

マネースクウェア・ジャパンの口座を開設しました。実はジジイは、マネースクウェア・ジャパンのサービスに今まで非常に注目はしていたのですが、口座はまだ開設していませんでした。今回口座開設をしてよう、という決め手になったのは、7月から予定されている1000通貨単位の導入です。有名な、トラップリピートイフダン(トラリピ)が、もう少ししたら、数万円程度の資金でも問題なく使えるようになります。

口座開設 → マネースクウェア・ジャパン


6月2日 1:50頃
インターネットで口座開設申込みをしました。
申込みの画面は、「今風」で、未入力のあるなしが、とても分かりやすくなっています。

1_20100611022310.png


6月2日 1:58
お申込みありがとうメールが届きました。
2_20100611022310.png

6月2日 2:01
本人確認書類として、運転免許のコピーを送付しました。
3_20100611022309.png


6月2日 15:34
本人確認書類受領の旨のメールが来ました。
4_20100611022309.png


6月4日 8:52
転送不要の簡易書留で、「口座開設のご案内」が届きました。
5_20100611022308.png 6_20100611022308.png



以上、マネースクウェア・ジャパンの新規口座開設はとてもスピーディーです。
ジジイもトラリピをもう少ししたら開始予定です。


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



マネースクウェア・ジャパン(M2J)が、「トラップトレード」に酷似した注文方法を提供しているFX業者にその使用差し止めを求めていた件で、和解したというニュースが発表されています。M2J側の主張が通った形になっているようです。

http://www.m2j.co.jp/pdf/press/220608_Out-Of-CourtSettlement.pdf


トラップトレードって、誰でも思いつきそうな感じもするのですが、コロンブスの卵みたいなものですかね。リピートイフダンもですが、愛好家が結構いるので、M2Jにしてみれば、美味しい特許ビジネス、といったところのようです。取引コスト(スプレッド)は高めの業者なので(笑)。
しかし、利便性の高い注文方法であることは間違いないです。ユーザーとしては、素直にM2Jのサービスを使ってみる、というのが妥当なところです。1000通貨対応もされました。


【マネースクウェア・ジャパン】M2Jダイレクト

しかし、結構儲かっていそうなM2Jさんには、次は是非取引コストの改善に着手して頂きたいところ。
今どきドル円のスプレッド4銭はちょっと・・・。


<関連記事>
マネースクウェア・ジャパンが1000通貨単位!!
トラリピ戦略 “基礎中の基礎” (マネースクウェア・ジャパン)
かずえ先生とトラップリピートイフダン


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

昨日ご紹介したC-NEXのキャンペーンについて、サポートに問合せをし、回答をもらえたのでご紹介します。

サイバーエージェントFX[C-NEX]


[問合せ内容]
5月にC-NEXの口座開設をして、取引してみようと思ったのですが、最低取引単位(100万通貨)が少し大きすぎると感じ、結局取引はせずに出金してしまいました。
6月7日からのキャンペーンでは、最低取引単位が50万通貨に引き下げられるとのことで、とても興味を持っているのですが、「新規口座開設で10,000円キャッシュバックキャンペーン」も、現在まだ実施中かと思います。私のケースで、今から50万通貨単位の取引を数回(最低1回)行うことで、「新規口座開設で10,000円キャッシュバックキャンペーン」の条件は満たされるでしょうか。

[回答]
お世話になっております。
サイバーエージェントFXお客様サービスセンターxxでございます。

お問合せ頂きました、「新規口座開設で10,000円キャッシュバックキャンペーン」に
つきましては、2010年6月30日(水)までに口座開設を完了し、初回入金100万円以上
ご入金頂いたお客様で、2010年7月30日(金)ニューヨーククローズまでにお取引を
された方が、対象となります。

尚、50万通貨単位の取引につきましても、対象になりますので、
是非ご検討下さいませ。

以上、簡単ではございますが、回答とさせて頂きます。



以上、50万通貨単位で取引しても1万円のキャッシュバックキャンペーンに該当するので、1回試しにスキャルしてみるのも良さそうです。ジジイも、100万通貨は見送ったのですが、1万円目当てで、50万で再検討します。


なお、ジジイがC-NEXに問合せをしたのは今回が2回目なのですが、2回とも、レスポンスが早く、対応も悪くなかったです。


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


スキャル派究極の選択肢、C-NEXが、やや微妙な(笑)キャンペーンを展開しています。

サイバーエージェントFX[C-NEX]


最低取引単位を100万通貨単位から、50万通貨単位に引き下げる、というものです。う~ん、ジジイ的にはこのキャンペーンはやや微妙です(笑)。C-NEXの最大の特徴は、取引数量が無制限という、大きなLOT数での取引ができることであり、少ないLOT数で取引したければ、もとから他のFX業者を使えば済むからです。

まぁ、他のFXと比べて、C-NEXはスプレッドがかなり狭いという利点はあります。特に、ドル円だけでなくユーロドルがかなり優秀で、1ポイント未満の低スプレッドを安定的に提示しています。十分な余裕資金があって、C-NEXのすごさを一度体感してみたい、という方にとっては、7月30日までのこのキャンペーンを利用してみていただく価値は十分ありそうです。

1取引するだけで1万円もらえるキャンペーンも実施中です。こちらは、6月30日までの口座開設が条件です。



応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

明日6月4日(金)は、スキャルパーにとって月に1度のイベントと言える米国の雇用統計(「非農業部門雇用者変化」と「失業率」)の発表があります。日本時間の21:30です。指標スキャルに挑む方の健闘を願います!雇用統計発表後のスキャルにハイレバで挑めるのも、明日を入れてあと2回になりました。
ジジイは明日は、会社の付き合いで麻雀です・・・^^;


外為どっとコムで、専門家が雇用統計について語る10分強の動画が一般公開されています。外為の知識を増やすのに役立つ内容になっていますので、興味のある方はご覧頂くと良いと思います。

http://www.gaitame.com/gaitame/?tab=2&id=bk0039

外為どっとコム


<関連記事>
指標スキャルとは?
ハイレバでスキャル、あと2ヶ月だけ可能


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ

こんにちは、ジジイです。
最近は仕事が少々忙しく、各FX業者の注目のキャンペーンをピックアップしてご紹介するくらいしかできていません。他の為替ブログではなかなか見られないような記事なども書きたいと思ってはいるのですが・・。
恐れ入りますが、引き続き、応援の方よろしくお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ



さて、6月に入り、各社レバレッジ規制の最終対応に追われる中、注目のキャンペーンもいくつか実施されています。EMCOM証券(みんなのFX)のオセアニア通貨キャンペーンがその一つです。豪ドル円/NZドル円のスプレッドが、通常 1.9/2.3 のところ、6月中は、1.6 / 2.0 へと大幅に縮小されます。

EMCOM証券 ← 6/30まで、最大13,000円キャッシュバックも実施中


先日も書きましたが(関連記事参照)、豪ドル円は、スキャル用の通貨ペアとしても非常に注目度が高まっています。そんな中でEMCOM証券が、1.6銭固定という攻勢をしかけてきた、という状況です。豪ドル円のスプレッドは、FX業界内で常に低スプレッドをリードしているDMM FXが、現在1.1~1.7を謳っていますが、レートを眺めていると実際はほぼ1.7固定のようです。EMCOM証券の1.6固定は、それを上回る最強宣言と言えます。

一方、4月16日に実施したスプレッド実態調査では、豪ドル円でアイネットFXが平均1.44という驚きの低スプレッドでトップに輝きましたが、今日レートを眺めていると、平均で2.0かそれ以上に開いてしまっているようです。


手数の多いスキャル手法を使う方や、Lot数を多めでスキャルしている方は、少しのスプレッドの違いでも、最終的な収益がだいぶ変わってきます。なるべくスプレッドの狭い業者を選んで使うことは、トレイダーにとっての大事な戦略のひとつになってくると思います。


<関連記事>
スキャルを豪ドル円で
スプレッド実態調査 2010年4月16日
ジジイの口座開設日誌 ~ EMCOM証券



マネースクウェア・ジャパンが、2010年7月を目処に、売買単位を1万通貨単位から1000通貨単位に引き下げます!ジジイは、これはなかなかのビッグニュースだと思います。

株式会社マネースクウェア・ジャパン


というのは、マネースクウェア・ジャパンは、「トラップトレード」「トラップリピートイフダン」という注文方法の免許を持っているのですが、これらの注文では一度に5件とか、10件の指値注文を入れることになるので、最低取引単位が1万通貨単位だと、結構な額の証拠金が必要で、想定外の相場変動が起こったときのダメージもかなり大きなものになってしまう、という問題があったからです。
1000通貨単位が可能になれば、私のようなサラリーマンでも、有名な(?)トラップリピートイフダンを、比較的気軽に実戦で使ってみることができるようになります。


トラップリピートイフダンは、一定のレンジを読んで注文を行い、為替レートが想定のレンジ内で推移すれば、放っておくだけで何度でも繰り返し新規建玉と決済を行い、利益を積み上げてくれるという、画期的な注文方法です。マネースクウェア・ジャパンの公式サイト上に初心者向けの分かりやすい解説動画も用意されています。関連記事をご参照ください。


ジジイは今まで、スプレッドが広めという理由で、マネースクウェア・ジャパンはやや敬遠気味でした。しかし、1000通貨単位で利用可能になったトラップリピートイフダンは、かなり魅力的なので、近々トライしてみたいと思います。


6月30日まで、新規口座開設キャンペーンも実施中。
株式会社マネースクウェア・ジャパン


<関連記事>
かずえ先生とトラップリピートイフダン
トラリピ戦略 “基礎中の基礎” (マネースクウェア・ジャパン)



応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ