FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXスキャル派のジジイです。こんばんは。

トラリピ®で有名なマネースクエアジャパンが、公式サイトにトラリピのうた(PVと歌詞)を掲載しました。

http://www.m2j.co.jp/landing/toraripi_song/


トラリピ®に興味のある方もそうでない方も、せっかくなので是非一度視聴しましょう(笑)。PVは、1分半ほどの短いものです。しかしこの歌、耳に残る・・・w


トラリピ®は、マネースクエアジャパンが特許を取得している注文方法のことで、正式には「トラップリピートイフダン」と言います。詳細は、公式サイトにしっかりした説明や解説動画が用意されているので、そちらをご覧頂ければと思います。

安心と信頼の【マネースクウェア・ジャパン】


トラリピ®は、ここ最近のドル円のような中期的なレンジ相場が形成されている場合に利益が出やすい注文方法です。半自動で何度でも売り買いを繰り返してくれるので、トラリピ注文をセットして、ほったらかしておいたらガッツリ利益が出た、という話も良く耳にします。レンジブレイクなど、注意する点も当然ありますが、レンジ相場が続くという読みがある場合には、楽してかなり勝たせてもらえる注文方法なので、詳細をご存知でない方は、一度公式サイトを訪れておいて損はないと思います。

ヘラクレス上場の【マネースクウェア・ジャパン】


マネースクエアジャパンは、新規口座開設のキャッシュバックも魅力的です。
口座開設するだけで必ず書籍がもらえて、取引をすれば、簡単な条件で5000円分のギフト券がもらえます。ここ最近、FX各社の新規口座開設キャンペーンはハードルの高いものが多い中、かなり魅力的なキャンペーンです。



スポンサーサイト
FXスキャル派のジジイです。おはようございます。

マネーパートナーズのFX nano が、狭いスプレッドと強い約定力を発揮しています。マネーパートナーズさんも自信満々のようで、すごさを積極的にPRしています。

http://www.moneypartners.co.jp/news/archives/2013/20131024.html


まず、ここ3ヶ月間(6月24日~10月25日)のスリップページに関する集計では、スベらないが88%とのこと。絶対スベらない、というわけではない点はミソだと思います。ほぼスベらないけど、稀にスベる。そこで無理をしていないから、低スプレッドが実現できていると思います。また、スベるにしても、有利にスベるケースと不利にスベるケースが半々(ともに6%)になっています。


続いて、ここ3ヶ月間(7月15日~10月25日)のスプレッド提示実績ですが、ドル円0.3銭固定を初め、全通貨ペアで、「原則固定」のスプレッドを100%実現しているとのこと。これは本当にすごいと思います。集計期間には、米雇用統計の発表のタイミングも含まれています。また、指標の発表時に限らず、通常のFXだと、原則固定を謳っていても、NYクローズ前後の取引が閑散としてくる時間帯では、スプレッドが開くのが一般的です。


FX nano は、数あるFXサービスの中で、現状ほぼ最強のスキャル向けサービスになっていると思います。
弱点は、最大注文数量が1回10万通貨までであること、取扱通貨ペアが、ドル円・クロス円の8通貨ペアに限られることです。この条件を飲めるなら、オススメ度は非常に高いです。


口座開設は → マネーパートナーズ


FXスキャル派のジジイです。こんばんは(^o^)

先週のドル円は、弱い雇用統計で少し値を下げています。週の終値は、97.38です。

FXプライムのぱっと見テクニカルによる今週の予想は以下のように出ています。

10/28(月)の週、ドル円ぱっと見


第一近似は、大幅な円安です。現在のチャートの形は、2013年4月に一気に円安が進んだ時のチャートと良く似ているようです。第二近似はやや円高、第三近似はやや円安となっています。
ジジイは、現在の水準だとドルの下値はサポートされると考えているので、今週のスキャルはドル円のロング主体で行こうと思っています。

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

FXスキャル派のジジイです。こんばんは。

DMM FXが、スマホで1回取引するだけで1000円くれるキャンペーンを延長してくれます。既に口座を持っていて、まだ1000円もらっていない人は、確実に頂きましょう。まだ口座を持っていない人は、新たに口座開設してスマホ取引をすればもちろんキャッシュバックを受け取れます。

DMM FX


<関連記事>
DMM FXのスマホ取引で1000円獲得


DMM FXは、業界トップ水準の低コスト業者で、ドル円のスプレッドは原則固定0.3銭です。
ユーロ円0.7銭固定、豪ドル円1.0銭固定など、ほとんどの通貨ペアで業界トップ水準の低スプレッドです。


スマホでバリバリ、スキャルをするもよし。

スマホであまり取引したくない、という人は、エントリーでも決済でも、1回だけスマホで取引して、あとはPCで普通に取引するだけでも1000円もらえます。とても美味しいキャンペーンです\(^o^)/

DMM FX


FXスキャル派のジジイです。こんばんは。

ジジイのひいき業者のひとつ、アイネットFXが、10月15日から自動売買システムの提供を初めています。その名もシストレi-NET です。

システムトレードと聞くと、面白くない、邪道、という印象を抱く方がいます。ジジイも初めはそうでした。が、システムトレードって、単にお金を預けて任せておくだけ、というものではありません。多数のストラテジのどれを、どういう根拠で選ぶのか、どのストラテジにどのくらいの比重を置くのか、どのくらいの期間で利確または損切りをするのか、などなど、いろいろな戦略的な要素があるため、真剣に取り組むと、通常のトレードよりも寧ろ考えさせられるポイントが多く、スキャルやスイングと違った投資を楽しむことができると思います。しっかり納得の行く戦略を立てたら、あとは自動売買システムがガンガン稼いでくれるのを待つモードに入ります。そして、定期的に戦略を見なおしたりするわけです。

シストレi-NETのスクリーンショットを1枚取得しました。

シストレi-NET


ドル円、60分足、順張り という条件で検索すると、5個のストラテジがヒットしました。更に、期間損益や勝率などを見て、どのストラテジを使うか、絞り込んでいくわけです。


システムトレードにはシステムトレードの良さがあり、ジジイは結構好きです。以前に、他社のシステムトレードで少しでしたがわりと簡単に益が出て勝ち逃げしているのでw シストレi-NET も、近々時間がとれたら一度試してみるつもりです。

シストレi-NET を試してみたい方は、アイネット証券の申込みをすればOKです。
↓ ↓ ↓
アイネット証券


FXスキャル派のジジイです。こんばんは。

10月22日の夜は、予定していた通り、MATRIX TRADERで米雇用統計の指標スキャルに参戦してみました。といっても、しょぼいロット数のトレードしかしていませんが、まあ、参戦しました。


まずはここ数回、まずまずの成績が出ている手法、逆指値エントリーをまた実践してみました。
雇用統計発表の3分前、ドル円のレートは98.32くらいだったので、上下20pipsくらいに逆指値注文を入れました。98.528の買いと、98.119の売りです。

指標の結果は、市場予想より弱いものでした。大荒れの雇用統計のときと比べれば小さな動きですが、指標発表直後にドルは下落。逆指値98.119に対し、98.094で約定しました。2.5pips滑っての約定です。

その後、ドルはもう少し下がりましたが、弱い下げなので、さっさと手仕舞いすることを決意、9.9pips抜きの97.955で決済しました。1万通貨取引だったので、990円の利益です(^o^;)
その後は予感したとおりドルがだいぶ買い戻されたので、さっさと決済したのは正解でした。

その後はポンド円でしょぼしょぼ、2-3pips抜きのスキャルをやったわけですが、肝心のMATRIX TRADERの感想です。
約定が速いです。約定スピードを自慢しているだけあって、かなり速いと感じました。スリップはあるものの、約定拒否はないようで、このスピードで必ず約定してくれるなら、スキャルパーの満足度は高いと思います。約定したときの、花瓶が割れたような約定音も、悪くないと思います(^o^;)

それから、PC版のツールはかなり使いやすいです。レートパネル、ポジション一覧、注文一覧などかなり見やすいですし、注文の変更が、注文一覧上で右クリックして簡単にできる点も、かなり使いやすいと思います。



指定の通貨ペアで20万通貨単位取引するだけで、1万円もらえるキャンペーンは、10月31日までに口座開設する必要がありますので、お見逃しなく。1万円ももらえるキャンペーンとしては、非常にハードルが低いです。


詳細 → MATRIX TRADER


FXスキャル派のジジイです。おはようございます。

2013年9月の米雇用統計は、本日10月22日に発表されます。指標スキャル参戦と、事前のポジション整理をお忘れなきよう。

市場予想は、非農業部門雇用者数が前月比18万人増と、良好な結果が予想されているようです。予想以上の場合はもちろん、予想通りでも、緩やかに円売りドル買いの方向に向かうのでは、とジジイは思っています。

今日は、指標スキャルに参戦できる見込みなので、現在、法人口座で口座開設キャンペーンに参加中のJFXの MATRIX TRADER で参戦予定です。ドル円スプレッド4銭 + スピード約定が売りのMATRIX TRADERでの指標スキャル結果を今晩ご報告できると思います。

JFX株式会社
FXスキャル派のジジイです。こんにちは。

先週のドル円は、98.17で始まり、木曜日に最高値99.00まで買われたあと急落、終値は97.85です。
余談ですが、ジジイはいろいろな副業に取り組んでいて、個人輸出の売上金が、数百ドルほどですがあります。1ドル100円を超えたら円転しようと思っているので、一時的にで良いから早く超えないかなー。。。

FXプライムのぱっと見テクニカルによる今週の予想は以下の通りです。

10/21(月)の週、ドル円ぱっと見

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


あまり大きな動きは予想されていないのですが、今週は、10月4日に発表予定だった米国の雇用統計の発表が、10/22(火)に予定されています。

異例の発表遅れに、もし何らかのサプライズが加われば大荒れになるのでは、と思います。ポジションの整理は早めにしましょう。ジジイも、指標スキャルに参戦予定です。



FXスキャル派のジジイです。こんにちは。

OANDA(オアンダ)というFX業者をご紹介します。まだメジャーではないので、聞きなれない方も多いと思いますが、なかなかの注目業者です。

OANDA(オアンダ)には、ジジイは以前から目をつけていたのですが、確か、しっかりした日本語のホームページが用意されていなかったため、紹介を見送っていたはずでした。が、いつの間にか、とても分かりやすい日本語のホームページが用意されていたことに気づきました。
こちらです。




リンク先に、オアンダが選ばれる8つの理由が書かれていますが、ジジイが一番注目しているのは、この8つと別に、まだまだある魅力、として書かれている、「毎秒スワップ」です。

これは、読んで字の如し、すぐに分かりますが、ポジションを保有しているときのスワップポイントが、なんと秒単位で入金(出金)される、という仕組みです。業界唯一の驚くべき仕組みではないかと思います。


例えば、豪ドル円のロングを10,000通貨保有している場合、

一般のFX業者だと、NYクローズを跨ぐと、60円前後のスワップをもらえます。業界の慣行的に、水曜日は3倍の180円前後をもらえます。これは、土・日のスワップを水曜日にもらう、という意味です。


さて、オアンダの場合はどうかというと・・。ジジイもまだ実践してみた訳ではないので、この理解で100%合っているかは未確認ですが、1日あたり60円のスワップが秒単位で発生する、ということなので、
ポジションを保持して約24分が経過すると、1円分のスワップをもらえる。ということになります。

まー、恐らく「毎秒スワップ」と言ってしまうとやや誤解があると思うのですが、要は、NYクローズをまたなくても、ポジションを持って一定時間が経過すると、チャリンチャリン♪とスワップがもらえる、という素敵な仕組みを提供してくれています。他社でこんなユニークな仕組みを提供してくれているところは聞いたことがありません。

この仕組みだけでも、ジジイにとっては大注目業者だったのですが、他にも、リンク先に記載されているとおり、約定力、1通貨単位、大口トレード対応(1000万通貨単位)、MetaTrader など、かなり期待できそうなスペックです。ジジイも近々口座開設予定です。

以上、注目業者OANDA(オアンダ)のご紹介でした。

オアンダジャパン

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

今週は、JFXMATRIX TRADERでポンド円のスキャルを楽しんでいます。
ジジイは以前、一子相伝のオリジナル手法「ジジイ式2」でハイレバ取引を行うために、FX取引用の法人を作りました。今でもジジイ式2で取引は継続しているのですが、市場環境の変化で以前よりも利益が出しにくくなっています。そこで、法人で新規口座開設キャンペーンに参加してキャッシュバックを頂こう、と目をつけたうちの1社がJFXです(^o^;) ポンド円を片道10万通貨取引すると1万円もらえるので、結構おいしいです。

さて、MATRIX TRADERを最近使ってみての感想ですが、ドル円のスプレッドがほぼ0.4銭に固定されているのは、業界トップ水準よりは一歩劣るものの、十分だと思います。加えて、約定が速い、拒否されない点も高く評価できます。PCで約定したときの音が、大きくて少しびっくりする音ですが、慣れてくるとこれが聞きたくてポジションを持ちたくなってきます(笑)。

やや残念だったのは、iPhoneツールの使い勝手がいまひとつです。機能は十分備えているのですが、全体的な動きが少しもっさりしている、注文完了までに必要なタップ数が多い、約定履歴を見た時に損益を一覧視できない、など、他社のiPhoneアプリに比べ、やや使い勝手に劣る印象でした。

しかしMATRIX TRADERは、1000通貨単位が可能な点が良いです。もちろん無料。法人の新規口座開設キャンペーンはおいしいのですが、対象の通貨ペアがポンド円のところに注意です。ドル円と同じ感覚でやっているとやられてしまうので、スキャルを1000通貨か2000通貨でちょびちょびやっています。まだ片道10万通貨未達ですが(^o^;)
1000通貨単位可でなかったら、ジジイには少し厳しいキャンペーン条件でした。


さて、JFXは、10月は法人だけでなく個人向けにも、新規口座開設で1万円くれるキャンペーンを実施しています。法人と少し条件が違いますので、良くご確認ください。

JFX株式会社

ハードルはさほど高くないです。最近、新規口座開設をしたあと、100万とか200万通貨の取引をしないと、キャッシュバックをくれない業者が増えていますが、JFXはハードルはだいぶ低く、金額はだいぶ大きいので、新規の方にオススメです。




FXスキャル派のジジイです。こんにちは。

セントラル短資FXが、10月7日から、新サービス「<市場直結型>ウルトラFX」の提供を開始しています。市場直結型ということで、スプレッドの狭さが売りになるわけですが・・・

ウルトラFXにログインしてスプレッドを確認してみると、確かに狭い!

ポンド円のスプレッド、0.2です!
ポンド円のスプレッド、0.2!


豪ドル円のスプレッド、0.7です!
豪ドル円のスプレッド、0.7!


ドル円のスプレッド、0.2です!
ドル円のスプレッド、0.2!


但し、上のスクリーンショットはもちろん全て本物ですが、良いところだけお見せしています。
ウルトラFXは、市場直結型なので、スプレッドは固定ではなく、常時変動しています。しばらく眺めていて、一番スプレッドが狭くなった瞬間のスクリーンショットを取得しました。

ですが、ジジイが2~3分眺めていた限りでは、スプレッドが開くタイミングでも、ポンド円、豪ドル円は1.2くらいまで、ドル円は0.8くらいまでしか開かないので、平均的に、超低スプレッドと言って間違いはないと思います。


低スプレッド業者のトップ集団に新たに強力な1社が加わり、ユーザーにとってはスキャルピングの有力な選択肢が一つ増えました。ウルトラFXの登場を歓迎しましょう\(^o^)/


こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
先週は所用で忙しく、ブログ更新が滞りましてすみません。

先週のドル円は、97.28で取引が始まり、前週までの流れでドルが売られ、火曜日に96.58の最安値をつけましたが、その後はほぼ一本調子の買いで、最高値は98.57、終値は98.53となりました。週中の最高値と最安値の差が、約2円と、値幅が非常に大きく、荒れた1週間でした。スキャル、スイングで良い感じに勝てた人も多いと思います。

FXプライムのぱっと見テクニカルによる今週の予想は次のように出ました。

10/14(月)の週、ドル円ぱっと見


第一、第三近似はドル高継続で1ドルが100円まで回復するシナリオになっています。
ジジイのスキャル戦略も、基本的にドル円ロングで考えていますが、米国議会の動き次第で急落がありそうなので、スキャル以外のポジションは持たず、スキャルもきちんとストップを入れて行うようにします。
今週も皆さまに爆益あれ。


大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

香川の自宅から東京に出かけていた都合上、いつものようにぱっと見テクニカルを週末中にチェックすることができませんでした。下記は、10/8(火)の0:15時点で取得した8時間足のチャートです。

10/7(月)の週、ドル円ぱっと見


今週初、ドル円はジリジリ値を下げて、現在96円台に突入しています。ぱっと見テクニカルの3つの予想はバラバラです(笑)。が、過去の一番近い形のチャートを元にした予想(赤い線)によると、一気に103円までの急騰も起こり得る、という見方になります。材料次第です。

10月の米雇用統計の発表は、延期ということになっていますが、発表されるのか、いつなのか、そしてサプライズはあるか、という点に注意して行きたいと思います。


大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

超低スプ業者のSBI FXトレードに復活の兆しです。
SBI FXトレードは、鳴り物入りの超低スプ業者として登場し、1通貨単位取引などユニークさも売りにして、一時圧倒的な低コストで他社を引き離していた超低コスト業者ですが、ツールを使った高頻度売買、大量指値注文などの禁止行為に悩まされた結果、7月にやむを得ずスプレッドの拡大を行っていました。

<関連記事>
SBI FXTRADEがついに息切れ


拡大してもなお、業界トップ水準の低スプ業者ではありましたが、その後明るいニュースはなく、復活にはまだ時間が必要かと、ジジイは思っておりましたが・・。意外と早い立ち直りを見せ、スプレッド縮小を発表してくれました\(^o^)/

対象通貨ペアは、ドル円です!
いきなり従来のレベルまで縮小するわけではありませんが、1万通貨取引単位までの注文の場合、0.29から0.27への縮小など、全面的に縮小されます。10月7日からです。

10月31日まで、口座開設をすると証拠金100円をもらなくプレゼントしてくるキャンペーンも実施中ですのでお見逃しなく!
完全無料で、リアルトレードを経験してみることができます。

詳細 → SBIFXトレード


FXスキャル派のジジイです。

本日は月に1度のスキャル祭り、米国の雇用統計の発表予定日でしたが、なんと、米労働省が発表の延期を発表しています。10月1日から始まった米政府の一部閉鎖の影響のようです。

ロイター
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE99201620131003

日経新聞
http://www.nikkei.com/markets/kawase/kawase-focus.aspx?g=DGXNASGC0300D_03102013000000


個人的には、今晩は予定があって指標スキャルに参加できない予定だったので、今回の延期発表はラッキーですが、各金融機関やトレーダーには、ただならぬ影響を受ける方もいるのではないかと・・・。まー、マーケットの世界においては、このくらいのことで驚いていてはいけないかも知れません。

なお、新たな公表日は、現在のところ未定とのこと。

アイネット証券

FXスキャル派のジジイです。こんにちは。

オーストラリアの金利の行く末に、ジジイは大変注目していますが、RBA(オーストラリア中銀)は、10月1日、政策金利の据え置きを発表しました。史上最低水準の2.50%が継続されます。

据え置き発表後に豪ドルは一時急伸しましたが、これは、「今後も利下げの余地がある」という点の示唆が明確でなかった、という点がサプライズだったからとか。据え置き自体は市場予想通りだったようです。

FX各社の豪ドル円のスワップポイントは、現在の水準がもうしばらくは維持されることになるでしょう。最高水準の業者で1万通貨のロングポジションを持つと、1日あたり65円くらいもらえます。

<関連記事>
スワップポイントも最高水準 FX nano

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。