FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
おはようございます。FXスキャル派のジジイです。

みんなのFXが、豪ドル円キャッシュバックキャンペーンを6月も継続してくれます!

http://min-fx.jp/press/id/index/1796/

このキャンペーン、3月から実施してくれているのですが、かなりのハイスペックです。豪ドル円を100Lot取引すると1,000円をキャッシュバックしてくれるので、1Lotあたり10円のキャッシュバックです。しかも、エントリー、決済を両方カウントしてくれるので、1Lotの往復で20円のキャッシュバックとなります。みんなのFXの豪ドル円のスプレッドは業界No.1の0.7銭原則固定ですが、これが、実質0.5銭原則固定となる計算です。これはナイス!

が、注意点もあります。

まず、1Lot毎にキャッシュバックしてくれるわけではないこと。100Lotで1,000円 → 200Lotで2,000円 → 500Lotで5,000円 → 2,500Lotで25,000円 → ・・・ と、だんだんと次のレベルが遠くなります。ので、初めに目標のLot数を決めて、キリの良いところまで取引するスタンスが良いと思います。

次に、みんなのFXのスプレッドが原則固定になる時間帯は、8:00~26:00に限定されていること。これ以外の時間帯は、スプレッドがかなり開くので、ご注意ください。この点は、今後改善して頂きたいところ。

最期に、このキャンペーンは公式HPからエントリーを行わないと適用されませんので、ご注意を。みんなのFXの口座を持っている人は、忘れないうちにとりあえずエントリーをしておきましょう。ジジイもしました。

トレイダーズ証券「みんなのFX」は、豪ドル円以外の通貨ペアも業界No.1水準、ツールも使いやすいし、出金も速い、キャンペーンも充実のかなりの高スペック業者です。

トレイダーズ証券


おはようございます。FXスキャル派のジジイです。

ドル円は先週、週初始値から週末終値までで2円以上値上がりし、121円中盤で取引を終了しています。ドル強し、です。
FXプライムのパッと見テクニカルによる今週の予想は以下のとおりです。

5/25(月)の週、ドル円ぱっと見

予想はバラバラですが、レンジ内でうまく売り買いすれば、結構スキャルで稼げそうな予感。今週も頑張りましょう。

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!
おはようございます。FXスキャル派のジジイです。

先週ドル円は、米国の経済指標が弱く、一時119円を割ってしまいました。週の終値は119円台の中程まで戻していますが、6月説もあった米国の利上げ期待は遠のいています。。。

FXプライムのパッと見テクニカルによる今週の予想は以下のとおりです。
5/18(月)の週、ドル円ぱっと見

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

ドル買いが有利な予想になっています。ジジイも、ドル円のスキャルはロング主体の予定です。
今週も頑張りましょう。

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
やや注目のスプレッド縮小キャンペーンのニュース、トレイダーズ証券「みんなのFX」です。

トレイダーズ証券

http://min-fx.jp/campaign/spread_eurusd/

ユーロドルのスプレッドが、通常時の原則0,9pipsから、約1ヶ月のキャンペーン期間中は原則0.5pipsと、大幅に縮小されます。ただ、もっと頑張れる、もっと頑張って欲しい、というのがジジイの本音です。というのは、すでにユーロドルのスプレッドを原則0.5銭固定で提供しているFX会社は、以下のとおりいくつもあるからです。

DMM FX

外為ジャパン

FXブロードネット

GMOクリック証券

OANDA Japan

MATRIX TRADER

ヒロセ通商【LION FX】


みんなのFXも、これらのトップ集団にやっと追いついてくれた、というのが実際のところです。6月5日までの期間限定キャンペーンですが、キャンペーン期間終了後は、是非恒久化をお願いしたいところです。

上述の他社に関しても、是非横並びの0.5pips固定から抜け出して頂きたいところ。ドル円に関しては、トップ集団は0.3銭原則固定で、キャンペーンなどを考慮すると0.3銭未満も出始めている状況なので、世界中で最も取引量の多いユーロドルのスプレッドも、0.3pips未満を目指すことは十分可能なはず。
各FX会社さん、頑張ってください。


こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

5月5日はこどもの日。一般家庭でそうあるように、ジジイも親子で平穏な一日を過ごしたかったのですが、この日は13:00にRBA(オーストラリア準備銀行)の政策金利発表があるため、ジジイは朝からソワソワしておりました。
結果は、市場予想通りの利下げで、オーストラリアの政策金利は2.25%から2%に。うーん、各国の金利差は大きいほうがFXは面白い、というのがジジイの持論ですので、今回の結果は何とも残念です。FX各社は、豪ドル円や豪ドルドルのスワップポイントを減らしてくることでしょう。5月5日時点で、豪ドル円買いのスワップポイントは、1万通貨あたり50~60円くらいでしたので、今後は40~50円程度に引き下げられるものと思います。

政策金利発表直後の豪ドル円は、予想通りとは言え利下げだったので、一旦大きく下げましたが、その後すぐに買い戻しが入り、結局政策金利発表前よりもだいぶ値上がりしました。相場って本当に難しいです。

豪ドル円チャート

スワップ派の定番業者は → ライブスターFX



おはようございます。FXスキャル派のジジイです。
ゴールデンウィークは宿泊はせずに近場で遊んでのんびり過ごしています。

先週のドル円は、前回のパッと見テクニカルによる予想が的中する形に。GDP速報値が予想よりだいぶ弱かったものの結局は買い優勢で、120円を突破して終了しています。3月下旬から、118円~120円台のレンジ内に収まっています。

パッと見テクニカルによる今週の予想は以下の通りです。
5/4(月)の週、ドル円ぱっと見

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


第三近似のみ、大幅な買い予想が出ていますが、第一、第二近似は売りでレンジ相場の継続示唆となっています。
今週は日本がゴールデンウィーク中であることと、金曜日に米国の雇用統計の発表があることに注意したいと思います。
今週も頑張りましょう。