FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。FXスキャル派のジジイです。

来週から、GMOクリック証券が法人口座の最大レバレッジを引き下げます(泣)。
最大200倍から100倍への引き下げです。
【ジジイ涙目】法人の最大レバレッジ引き下げ、GMOクリック証券他


調べたわけではないですが、背景は以下のようなものだと推測します。

2010年から、個人口座の最大レバレッジが規制された
 ↓
ジジイのように、レバレッジを高めた取引をしたいがために法人を設立する個人が増えてくる
 ↓
スイスショックなどで、ハイレバ取引の法人に大損が発生し、回収できないケースなども発生
 ↓
各社、法人口座も規制しないとやばいと、動き始める


GMOクリック証券以外も、時期を同じくして自主規制に動き始めています。何とも残念です。。。

しかしGMOクリック証券、メールやHPでアナウンスをする以外に、電話もくれましたし(不在着信2回)、手紙も送ってくれました。ジジイが最近しょっちゅう、GMOクリック証券でレバレッジ100倍超の取引をしていたということもあるのかも知れませんが、さすがはFX大手です。きちんとしています。

GMOクリック証券

スポンサーサイト
おはようございます。FXスキャル派のジジイです。
うっかり布団をかけないで横になっていると、すぐに風邪を引いてしまう気候になってきました。油断禁物です。

先週のドル円は、木曜日に118円ちょうど付近まで売られましたが、この水準では「ミセスワタナベ」の買い支えが入るのだそうで、そんなこんなでV字回復となり、週の終値は119.49となりました。しかし、9月以降の最安値をつけたのは事実です。

FXプライムのぱっと見テクニカルによる今週の予想は以下の通りです。
10/19(月)の週、ドル円ぱっと見

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


3つの予想はバラバラです。
今週の経済指標の発表は、ジジイが注目しているものは特にありません。注意すべきはやはり、中国発のニュースだと思います。悪い材料が出なければ、為替は徐々にドル高方向に向かうと思うのですが・・。
流れに乗ってスキャルでがっつり稼ぎたいところ。今週もがんばりましょう。

おはようございます。FXスキャル派のジジイです。

スキャル向けの低コスト業者、DMM FXが、デモ取引用iPhone版アプリおよびAndroid版アプリのリリースを記念して、大規模なキャンペーンを今日から実施します。

DMM FX

実際のトレードの成績上位者に賞金や商品を出してくれるキャンペーンは、いくつかのFX会社でしばしば実施されていますが、今回のDMM FXのキャンペーンは、デモ取引の成績上位者に商品をくれるというもので、珍しいものだと思います。デモ取引なので、ノーリスクで参加可能な上、商品がかなりすごい。賞品総額1,000万円・総勢2,000名へのプレゼントというのですから、かなり気合が入っています。

キャンペーンの詳細は、あと2時間半後、10月12日(月)の7:00に明かされる予定ですが、2,000位以内に入れば、最低でも松坂牛ギフト券3,000円分がもらえます。2,000人ともなれば、入賞できる可能性は高そうです。

かなり気合が入ったこのキャンペーン、お祭りに参加する意味合いでも、参加必須です!

DMM FXは初心者向け

おはようございます。FXスキャル派のジジイです。
四国も少しずつ涼しくなってきました。

先週のドル円は、金曜日に発表の注目の雇用統計が弱く、発表直後は1円くらいの円高になりましたが、その後はどんどん買い戻される展開となりました。週の終値は119.90くらいでした。

ジジイは10月の利上げに期待しているのですが、中国経済の不透明感に加えて、予想より弱い雇用統計ということで、だいぶ遠のいた感があります。が、それでも10月利上げ予想もまだ若干残っているようで、次回FOMCに注目が集まります。

FXプライムのぱっと見テクニカルによる今週の予想は以下の通りです。

10/5(月)の週、ドル円ぱっと見

3つの予想はすべて円高方向ということで、ジジイも戻り売りのドルショート中心でスキャル予定ですが、週刊誌等で、「黒田バズーカ第三弾」という言葉も目にするようになっています。ちょっとした材料で上にも下にも大きく動く可能性があるので、油断できません。短時間での利益確定・損切をきっちりやりましょう。今週もがんばりましょう。

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!



おはようございます。FXスキャル派のジジイです。

スキャル用の通貨ペアとしては、まだスプレッド面でちょっと使いづらいかな、という印象のあるNZD/JPYの最新の状況について。
業界トップ集団の筆頭は、今年2月にスプレッドを縮小してくれたヒロセ通商【LION FX】MATRIX TRADER の1.4銭原則固定です。

<関連記事>
【ナイス!】JFX/ヒロセ通商がNZドル円のスプレッドを縮小!

それに続くのがスプレッドの巨人GMOクリック証券や、革命児DMM FXなどの1.5銭原則固定です。あのSBIFXトレードですら、1注文1万通貨までの場合で1.79銭原則固定なので、スキャルにはいまいち使いにくいか、という印象です。ここ半年以上、NZD/JPYに関しては各社から目立った改善のニュースは出ていません。

そんな中、ご覧のスクリーンショットでは、NZD/JPYで0.8銭というスプレッドが提示されています。
アイネットFXのNZD/JPY

アイネット証券のアイネットFXです。
といっても、アイネットFXのスプレッドは、原則固定ではありません。時間帯によってはかなり開いてしまうのですが、ここ最近、NZD/JPYのスプレッドは1.0銭程度で安定している時間帯が多く、タイミングによっては、スクリーンショットのとおり0.8銭程度まで狭まります。

スプレッドが原則固定ではないFX会社は、最近ではかなり少なくなっていますが、アイネット証券はその少ない1社で、NZD/JPYに限らず、時間帯によってはかなり有利なスプレッドで取引できる場合があります。スキャルをする上では、こういったFX会社の口座も開いておいて、選択肢を増やしておくと良いと思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
アイネット証券

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。