FC2ブログ
FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

新型コロナウイルスの影響で、為替相場は乱高下し、まだまだ先動きは読めませんが、幾分、落ち着きを取り戻してきました。この状況で、再検討してみたいのが、ジジイおすすめサービスの一つ、インヴァスト証券の「トライオートFX」です。今回は、「トライオートFX?何それ?」という方にもご理解いただけるように、改めて記事にしてみました。長文になりますが、ご覧ください!


まず、「トライオートFX」をサービスしているインヴァスト証券は、資本金が業界でも指折りの約60億円で、JASDAQに上場している会社です。また、選択型自動売買口座数は業界でトップであり、FX業者として非常に信頼できると言えます。

●「トライオートFX」とは?
「トライオートFX」というのは、自動的に売買を一定間隔で繰り返すもので、ロジックが予め組み込まれた「自動売買セレクト」の中から自分で選択してスタートすることができます。
ロジックとしてすでに決定しているものをそのまま使用し、お手軽に自動取引を試してみることもできますし、自分だけのロジックをしっかり構築して稼いでみたい方は、細かな設定を自分で必要によって変えることもできます。
ロジックを選び、必要に応じてカスタマイズをしたら、あとは待つだけで、自動取引によってガンガン利益が出る!のが理想ですが、当然、自動で損失が出る場合もありますので、そこは自己責任となります。
安心業者が提供する、しっかり作られた仕組みであることは間違いありませんが、利益が約束されている仕組みではありません。今回は、注意点を少し厚めに記載してみます。

●「トライオートFX」で注意することとは?
「トライオートFX」では、相場がサブレンジ帯外になったときに注意する必要があります。
サブレンジ帯では、相場がコアレンジ帯にいずれ戻ることを条件に建玉を積み上げていきます。
しかし、最終的に戻らなくて上にサブレンジ帯を抜ければ、どんどん売りポジションの含み損が大きくなっていきます。
一方、下にサブレンジ帯を抜ければ、同じようにどんどん買いポジションの含み損が大きくなっていきます。
つまり、「トライオートFX」では、相場がサブレンジ帯およびコアレンジ帯で動くと利益が積み上がりますが、トレンドが大きくなってサブレンジ帯を抜ければ成功しない可能性が大きくなります。
そのため、サブレンジ帯を抜けたときは、次のような対応が損失を限定させるために必要です。
・「トライオートFX」を停めて、塩漬けにそれぞれの建玉はする
含み損が少なくなるように、元に価格が戻るのを待ちます。
・「トライオートFX」を停めて、損を確定するためにそれぞれの建玉の損切りする
損失の拡大を防止するために、負けを確定させます。

●トルコスプレッド1.5銭縮小キャンペーンとは?
キャンペーン期間は2020年4月1日(水)~5月29日(金)で、キャンペーンの対象は口座を開設している全てのお客さまです。キャンペーンの申込みは必要ありません。
「トライオートFX」のトルコリラ円のスプレッドが、キャンペーン中は縮小されます。
スプレッドは、普通は基本的に固定の5.5銭ですが、キャンペーン中は基本的にコアタイムは固定の1.5銭になります。単純に、取引コストが大幅削減されるので、トルコリラでトライオートFXを始めてみるには、絶好の機会となっています。是非ご検討ください。
対象は自動売買注文・マニュアル注文の両方の取引になります。
念のため、注意事項を記載しておきます。
・基本的にコアタイム固定はそれぞれの営業日の午前9時~次の日の午前5時である。
・震災などの天災地異などによって相場が突発的に急変したとき、年末年始の流動性が下がるとき、重要指標の発表前後などはスプレッドが拡大するときがある。
・予告なくキャンペーンは変更・終了するときがある。
コロナ相場につき、2点目は該当してくる可能性がありそうです。


以上、トライオートFXの簡単まとめでした。
FXの口座開設は、思い立ったが吉日です!
口座さえ作っておけば、チャンスが到来したときや、今すぐに取引をしたいと思う事情があるときに、すぐに取引を開始できます。口座開設したからといって、すぐに取引はしなくても良いのです。とりあえず、作っておくことがとっても大事!

トライオート