FC2ブログ
FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、ジジイです。

先日、時間がなくて種明かしを持ち越していた件です。

<関連記事>
アイネットFXでレバレッジ33倍?!


実にくだらない話ですが、ポイントは、アイネットFXでは、証拠金維持率が100%を下回ってもすぐにロスカットされない口座タイプがあるということです。口座開設する際に、「アイネット25」または「アイネット25S」を選べばOKです。

3つ口座タイプがあるうちの残り、「アイネット25G」では、証拠金維持率が100%を下回るとすぐにロスカットされてしまいます。「アイネット25」または「アイネット25S」であれば、証拠金維持率が15%まだ下がらないとロスカットされないので、負けていてもすぐには追証せずに粘ることができます。

アイネット証券


証拠金維持率が100%を下回っても即座にロスカットにならない、というルールを採用しているFX業者はいくつかあります。そのケースで、ロスカットラインは80%とか、50%の場合が多いですが、アイネットFXの場合は、15%なので、大きく凹んでも簡単にはロスカットされません。ただし、すぐにロスカットされないというだけで、「アイネット25」の場合は、NYクローズのタイミングで証拠金維持率が100%を下回っていたらロスカットされてしまいます。「アイネット25S」の場合は、NYクローズのタイミングで不足している金額が計算されます。そして、翌日のNYクローズまでに、追証やポジションクローズなどで、証拠金維持率を100%超にする必要があります。
自分できちんとポジション管理、資金管理ができるなら、「アイネット25S」が最も有利な口座タイプです。


というわけで、レバレッジ33倍というのは、結構負けている状態、と言えます。手元の証拠金で目いっぱいのポジションを持ち、その上で含み損をかかえると、レバレッジは25倍を超えます。つまり、先日の記事でジジイのレバレッジは33倍でしたが、含み損がだいぶ大きい、という意味になります。 orz

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1177-41747285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック