FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、ジジイです。

先日も記事にしましたが、バイナリオプション取引に関しては、今後規制が厳しくなるようで、関係各社は対応に四苦八苦している状況ではないかと察しています。先行的な取り組みとして、各社、「月次取引実績」の公表を始めています。下記のような感じです。

FXトレードフィナンシャル
http://www.fxtrade.co.jp/support/systemNews#id802

FXプライム
http://www.fxtrade.co.jp/support/systemNews#id802

ヒロセ通商(LION BO)
http://hirose-fx.co.jp/pdf/news/20130114/binary_jisseki.pdf

GMOクリック証券
https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/atention/pdf/monthly_trading.pdf


これらの実績表を眺めると、バイナリオプションて簡単に勝てるものではない、ということが分かります。7割くらいの人は負けているわけですが、これをどう捉えるかです。投資で勝つというのは難しいことです。ジジイは、少額の投資であれば、一時的に負け組に入っても構わないと考えています。必ず、なくなっても構わない少額投資から始めて、徐々に勝ち組に回れるようになって、金額も増やして行く、というのが、最終的に勝ち組に残れる人だと思います。

またこのデータを見ると、ずいぶん業者が儲かっている、というふうにも見えます。各社、営利企業なので、それはその通りですが、人件費やシステム投資が必要なので、ものすごくぼったくっている、ということは決してないと思います。見方を変えると、日本の公営ギャンブルである競馬や宝くじに比べると、べらぼーに勝つ可能性が高いゲーム、とも言えます。

もうひとつ言えるのは、この実績表を各社が公開することで、バイナリオプションでどの業者を使うのが良いか、一目瞭然になるということです。お分かりのとおり、現時点では、GMOクリック証券が他社よりだいぶ有利です。総取引金額よりも総支払金額の方が多いという、業者側が赤字だった月が今までに2度もありました。損失発生口座が50%未満、つまり半分以上の人がバイナリオプションで勝っていた月もあります。

このデータは現時点のもので、今後各社がしのぎを削ることによって、いろいろな変化が出てくるものと思いますので、これからも注目して行きたいと思います。

GMOクリック証券


 にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
コメント
この記事へのコメント
Ke45v10v
大大大ニュース!
元AK○の
あの娘と出会えちまった…
http://2vX8o46f.akb-sokuho.com/2vX8o46f/
2013/01/24(木) 05:12 | URL | 芸能通!? #rFxMBV.6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1229-766e3d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。