FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
最近、ブログの更新が停滞していた理由のひとつに、資格取得のための勉強をしていたから、というのがあります。ブログを見てくださっている方には申し訳ありませんでした。
そんなに自慢できるほどの資格ではないのですが、無事合格できたので、偉そうにご紹介します。

証券外務員試験に合格



証券会社や銀行で「金融商品取引業務」を行う「外務員」は、氏名等を金融庁に登録する必要があり、その登録を受けるために、必要な資格になります。ジジイは、1970年代生まれという年齢にして、昨年12月から職種を変えて、現在金融機関の店頭で仕事をしているため、会社からの要請がありこの資格を取得しました。

仕事で推奨されている人はもちろん、そうでなくても、金融や証券業務に興味のある方は、取得を目指してみると良い資格だと思います。FXをやる上では、直接的に役立つということはありませんが、総合的な予備知識が身につくと思います。

私は準備に2ヶ月くらい時間をかけました。問題集を買ってやり込めば良いのですが、問題をやるだけでは良く分からないところが出てくるので、参考書も買って、良く分からないところを読み込むと良いと思います。試験対策のブログなども、しっかりしたものがあるので、スマートフォンで隙間時間にも勉強できました。

「今はFXニートをやってるんだけど、将来が何となく不安・・・」というような方は、この資格をとってFX会社に入りましょう(笑)。きちんとした公的資格なので、それなりに就職活動は有利になると思います。

証券外務員試験は、1種と2種があり、1種が上級資格です。1種は、試験範囲が2種よりも少し広くなっていて、信用取引や先物取引などが含まれます。一昔前までは、2種をとってからでないと1種を受験できなかったようですが、現在では、誰でもいきなり1種を受験できます。ジジイもいきなり1種を取得できたので、1種をオススメしますが、自信がなければまずは2種、も良いと思います。参考書を見ると、始めは、ずいぶん試験範囲が広いなぁ、という印象を受けますが、2ヶ月くらいかけて少しずつ勉強していけばこなせる量です。また、試験は、7割以上で合格になるので、隅々まで完璧に理解しなくても合格できます。

受験料は1万円弱必要なので、参考書代と合わせて、15,000円くらいの出費になりますが、取得すれば資格がもらえ、きちんとした知識が身につき、それなりの達成感があるので、自分への投資と思えば悪くないと思います。



 にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1240-ae12fe92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック