FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

今日の日経新聞のコラムに、少々気になる記事が掲載されていました。こちらです。

http://www.nikkei.com/money/features/26.aspx?g=DGXNASFL050IE_05082013000000&dg=1


記事を全部読むには無料の会員登録が必要です。
要約すると、短時間の高速、高頻度取引が、4月以降増えていて、各社が対応に苦慮している、のだそうです。GMOクリック証券が7月29日からドル円取引の最大数量を減らしたのも、その抑制策であるとのことです。また、SBI FXトレードやDMM.com証券は、詳細な文言はここには記載しませんが、それぞれ、スキャルのような取引を禁止事項に加えたそうです。


各社対応に苦労しているようで、低スプレッド争いが停滞してしまう結果になりそうで、なんとも残念です。が、ヒロセ通商は、「売買が増えるため、スキャルピングそのものは歓迎する」というコメントを出しているそうで、原則論に則って考えれば、取引量が増えるのは業者にとってとても嬉しいことのはずです。

各社大変かとは思いますが、いろいろな対策を考えて頂いて、コスト面で普通の顧客が損をすることのないように、引き続き努力をお願いしたいところです。


FX取引ならヒロセ通商へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1296-7f269b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。