FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

スキャルに持って来いのFX業者として、ジジイは最近マネーパートナーズのFX nano を推し続けています。スプレッドが狭く(ドル円0.3銭他)、かつ約定力が強い業者の代表格です。

FX nanoのスプレッドは、ただ狭いだけでなく、ほとんど広がらないのがすごいです。定期的に公式サイトでデータを公開しています。こちら。

http://www.moneypartners.co.jp/news/archives/2013/20130625.html

まずはスリップページについての記載ですが、スリップページについては、FX nanoは完全ゼロを謳っていません。有利に滑ることもありますが、全約定の6%は、不利に滑るとのこと。この数字をどうとるかはひとそれぞれかも知れませんが、ジジイの経験上、僅か6%の約定が不利に滑ることは、全く問題なしです。


さて、スプレッドの提示実績ですが、7月15日~9月23日の2ヶ月強の実績で、ドル円初め、取り扱い全8通貨ペアで、スプレッドの原則固定値の提示率100%を達成とのことです。これはすごい。この調査期間中には、8月、9月の米雇用統計も含まれているわけですが、ドル円はその間もスプレッド0.3銭のレートを提示し続けていたわけです。

上記URLに、参考として他社のデータも載っていますが、ドル円原則固定0.5銭以下を謳っている他の低スプ業者は、米雇用統計発表の前後10秒は、通常0.5銭のはずのドル円スプレッドが、2.8~30銭に開くようです。FX nanoのすごさが良く分かります。

マネーパートナーズ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1327-56cc09ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック