FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
FXスキャル派のジジイです。こんにちは。

OANDA(オアンダ)というFX業者をご紹介します。まだメジャーではないので、聞きなれない方も多いと思いますが、なかなかの注目業者です。

OANDA(オアンダ)には、ジジイは以前から目をつけていたのですが、確か、しっかりした日本語のホームページが用意されていなかったため、紹介を見送っていたはずでした。が、いつの間にか、とても分かりやすい日本語のホームページが用意されていたことに気づきました。
こちらです。




リンク先に、オアンダが選ばれる8つの理由が書かれていますが、ジジイが一番注目しているのは、この8つと別に、まだまだある魅力、として書かれている、「毎秒スワップ」です。

これは、読んで字の如し、すぐに分かりますが、ポジションを保有しているときのスワップポイントが、なんと秒単位で入金(出金)される、という仕組みです。業界唯一の驚くべき仕組みではないかと思います。


例えば、豪ドル円のロングを10,000通貨保有している場合、

一般のFX業者だと、NYクローズを跨ぐと、60円前後のスワップをもらえます。業界の慣行的に、水曜日は3倍の180円前後をもらえます。これは、土・日のスワップを水曜日にもらう、という意味です。


さて、オアンダの場合はどうかというと・・。ジジイもまだ実践してみた訳ではないので、この理解で100%合っているかは未確認ですが、1日あたり60円のスワップが秒単位で発生する、ということなので、
ポジションを保持して約24分が経過すると、1円分のスワップをもらえる。ということになります。

まー、恐らく「毎秒スワップ」と言ってしまうとやや誤解があると思うのですが、要は、NYクローズをまたなくても、ポジションを持って一定時間が経過すると、チャリンチャリン♪とスワップがもらえる、という素敵な仕組みを提供してくれています。他社でこんなユニークな仕組みを提供してくれているところは聞いたことがありません。

この仕組みだけでも、ジジイにとっては大注目業者だったのですが、他にも、リンク先に記載されているとおり、約定力、1通貨単位、大口トレード対応(1000万通貨単位)、MetaTrader など、かなり期待できそうなスペックです。ジジイも近々口座開設予定です。

以上、注目業者OANDA(オアンダ)のご紹介でした。

オアンダジャパン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1339-d9dbfb42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック