FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXスキャル派のジジイです。こんばんは。

本日12/6(金)は、米国の雇用統計発表ということで、指標スキャルに参加予定でいたのですが、子どもにせがまれて急遽、金曜ロードショーのルパンvsコナン を見なければいけないことに(笑)。ので、ここ最近、毎月の雇用統計で恒例で行っている逆指値でのエントリーだけすることにしました。結果はうまく行きました。

2013年12月雇用統計発表時のドル円1分足


雇用統計の発表で、ドル円は買われ、一瞬で40pipsくらい動きました。ジジイは、102.380で2枚、逆指値の買注文を入れていたところ、雇用統計発表直後は1~2秒画面が硬直し、ハラハラしましたが、ラッキーなことに殆ど滑らず、102.382で約定していました。しかも既にレートはそれよりだいぶ上でした。

欲をかかずにすぐに成行き決済し、一瞬で27.5pips抜くことができました。その後すぐにテレビ鑑賞に戻り、今日は勝ち逃げです。

この手法はレートの動き方次第で大負けする可能性もあるギャンブルですが、ここ数ヶ月の実践では高勝率です。
使う業者は、私は別のトレードも行う都合上、アイネットFXを使っていますが、高約定力と安定スプレッドのFXプライムやマネーパートナーズを使うと、安定度が少しアップすると思います。

FXプライム 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1365-324ded04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。