FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんばんは、FXスキャル派のジジイです。

先週は、大幅な円高。理由は、「中国の製造業関連の景況指数が悪化」、「新興国の景気減速懸念」ということで、リスク回避の動きで株価は下がり、為替レートは円高に動きました。ドル円の1時間足はこんなことになっています。


1月24日 ドル円1時間足


これまでの円安、株高トレンドの一時的な調整では?というふうにジジイは思っていて、同じように考える市場参加者も大勢いるわけですが、もっと円高が進行すると思った人もいるから102円台でも売買が成立したわけで、いろいろ思うのは自由ですが、「絶対」はないのが為替の世界であります。


急激な円高の動きがあった一方で、今週ジジイが注目しているのは、1月30日に予定されているNZ中銀(ニュージーランド準備銀行)の政策金利発表です。ニュージーランドの政策金利は、ここ3年間近く2.5%に据え置きされていますが、前回、「必要に応じて政策金利を引き上げる」という声明が出ていて、市場予想でも政策金利引き上げの予想が囁かれているようです。

「来年最初のサプライズはNZの大幅利上げか」 (Bloomberg)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MY33RW6K50XV01.html

こういった市場予想は既に為替レートに折り込まれてはいるでしょうが、先週の円急騰で、NZドルは米ドルと同程度に下げましたし、もともと米ドルよりも金利が高いので、どうせ仕込んでみるなら米ドルよりもNZドルが面白そうと思っています。もし、レートが円急騰前の水準に戻った上に、NZDのスワップポイントも増えたりしたら、ウハウハな気分になれるかなーと・・・。
もちろん、あらゆる投資にはリスクがありますので、投資はくれぐれも自己責任にて^^


iPhoneアプリが秀逸 → アイネット証券

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1388-d8d864ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック