FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
おはようございます。ジジイです。
ジジイは未だにWindowsXPのPCをメインで使っています。買い換える余裕ないですorz

マイクロソフト社によるWindowsXPのサポートが、2014年4月9日をもっていよいよ終了、ということで、FX各社も注意喚起を初めています。

外為オンライン
http://www.gaitameonline.com/news.jsp#P387

SBI FXトレード
https://www.sbifxt.co.jp/notice/index.html?NewsId=1785#Top

マネースクエアジャパン
http://www.m2j.co.jp/info/newsdetail.php?id=747


各社のホームページを調べていたら、既にWindowsXPをサポートしていない業者もありました。

JFX
http://info.jfx.co.jp/jfxphpapl/qanda/jfxqandavew01.php?selcategori=Q08011100|%C2%A01


ジジイのように、未だにWindowsXPを使っているユーザーにとっては、何かと不安になるWindowsXPのサポート終了ですが、WindowsXPでスキャル(トレード)を続けることに、どれくらいのリスクがあるでしょうか?

ありきたりの言葉ですが、「直ちに影響はない」とジジイは考えます。各FX業社の「サポート終了」の意味合いは、大きく2つあると思います。

1.4月10日以降に、各社が提供しているシステムに問題が見つかった場合、Windows Vista以降のパソコンでは問題が解消するような措置を取るけど、WindowsXPに関しては放置される。

2.4月10日以降に、ユーザーが、「何かおかしくね?」と思ってサポートに問い合わせをしても、WindowsXPの場合は門前払いを喰らう。


1に関しては、業社の提供するシステムに何らかの問題さえ発生しなければ、WindowsXPも従来どおり利用可能です。また、何らかの問題が発生した場合、各業社はWindows Vista以降のパソコンで問題が解消するような措置を取るわけですが、その措置によってWindowsXPにおいても問題が解消する、というケースは多いです。

2に関しては、問い合わせが全て門前払いということではなく、問題の種類によって、「あなたが使っているパソコンのOSは?」という話になり、WindowsXPだと、「じゃあサポートできません。ごめんね、さよなら」という話になります。


不安はありますが、当面の間は深刻な話ではないと思います。また、スマートフォンなど、別の取引手段を持っておくと安心感がだいぶ強まります。その点でジジイは、Windows VistaのサブPC、iPhone、iPad を持っているので、あまり慌ててWindowsXPのメインPCを買い換えよう、というつもりには今のところなっていないです。

ジジイは、決してWindowsXPの利用継続を推奨しているということではないです。余裕があるならもちろん買い替えが良いと思います。今後時間が経つに連れて、どのようにWindowsXPが廃れていくのか、見届けていくのは楽しみなところもあります。私が本当のジジイになっても、意外と使っていたりして(ジジイは1970年代生まれのおっさんです)。


アイネット証券

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1418-cd3282b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック