FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
今週末は花粉がかなり厳しいです。くしゃみ連発中です。。。

さて、少し遡りますが、3月13日にニュージーランド中銀がついに政策金利の引き上げを行いました。2.50%から2.75%へ、25ベーシスポイントの引き上げです。利上げは織り込み済みだったため、急騰という状態ではありませんが、NZDは強含みになっています。

これを受け、FX各社のNZD/JPYのスワップポイントがどのくらい変わったか調べてみました。FXの各社のスワップは日々変化していますが、利上げ発表少し前の3月11日と、発表後2週間が経過した3月27日で比較しました。結果は以下のとおり。

NZD/JPYのスワップ
2014/3/112014/3/27
DMM FX
4555
アイネット証券
6575
GMOクリック証券
6279
トレイダーズ証券
4259
ライブスターFX
6376



各社、きっちり増えています。スワップをたくさんもらえるからNZD/JPYをロングするぜ! では、いかにもFX初心者という感じですが、ニュージーランド中銀が利上げサイクル入りし、今後長期的に更なるNZD高が見込めると思う。など、明確なビジョンを持った上で、タイミングを見てNZDのロングポジションを持つのは面白そうです。

今回の調査をしていて、NZDに「つられて」なのか、どうしてかジジイは分かりませんが、各社、AUD/JPYのスワップも少し増えていることに気づきました。

AUD/JPYのスワップ
2014/3/112014/3/27
DMM FX
5055
アイネット証券
5560
GMOクリック証券
6579
トレイダーズ証券
5557
ライブスターFX
6673



ジジイは基本的に、スワップは少ないよりも多い方が、単純にロングしたときにもらえる金額が増えるという点以外にも、ボラティリティが増え、FX人気が高まり、良いことだと思っています。オーストラリアを初め、先進各国がニュージーランドに続くことを願っています。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1421-8fc6034f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。