FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
RBNZのウィーラー総裁が、「ちょwww NZドル高すぎwww」と発言したことで、NZドルが売られています。
最近堅調な米ドルに対し、ここ3ヶ月ほどジリ安状態でしたが、9月25日のRBNZ総裁発言を受けて売りに拍車がかかり、現在対ドルで1年以上ぶりの安値水準です。

NZドル/米ドルの週足チャート(i-NET TRADER)
NZドル/米ドルの週足チャート

ニュージーランドの政策金利は、先進国随一の3.50%です。NZD/USDのスワップは、業者によりますが、1万通貨で1日70円~80円くらいもらえます。にも関わらず、7月上旬から売られ続け、先週さらに急落となりました。さて、どうしましょう?

スキャル派を自負するジジイは、先週は逆張りのNZドルロングで短期売買を繰り返しました。結果は、「結果オーライ」でしたよ^^;
NZD/USDスキャル結果

NZD/USDを取引できる国内のFX業者は、ある程度限られてきます。ジジイのおすすめはアイネットFXです。スワップは75円とそこそこ高く、他社と比べてスプレッドが狭いです。固定スプレッドではないですが、なんと、0.7pipsで取引できることもあります。
アイネットFXのNZD/USDはスプレッドが狭い

アイネット証券


先週のスキャル成績は好調で終われましたが、あまりよろしくないNZD/USDロングのポジションを持ち越してしまいました。スキャル派として、あるまじき考えかも知れませんが、来週初に持ち直さなければ、塩漬けにしてしまっても良いかななどと思っています。1ヶ月置いておけば20pips分のスワップがもらえるので、その間に何とかなるんじゃね?なんて、甘いかな・・・。

いずれにしろ、スワップをたくさんもらえるのに要人発言で急落しているNZドルは、続落するにせよ、反発するにせよ、来週も値幅が大きめになると思いますので、スキャルパーは要注目です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1488-092dab91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック