FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんばんは、FXスキャル派のジジイです。
だいたいの人が分かっているような、米国の利上げを巡る状況を、だらだらと書き綴ってみます。

いわゆる「中国不安」で市場が荒れ始めたのは、8月も下旬に入ってからでした。それまでは、米国の利上げは9月が有力視されていました。中国不安によって、FRBは「いまはちょっと無理www」モードになるだろう、という予想が増えましたが、その後徐々に、「9月利上げ、行けるっしょ」という声も増えました。

9月を見送れば12月、というのが従来からの定説です。9月と12月のFOMCの会合後には、イエレン議長の記者会見が予定されているからです。が、ここに来て、10月利上げ説がかなり有力になっているようです。「中国不安があるから、9月はやめよう。けど、12月までは待てないから10月で。議長会見は臨時でやればいいじゃん」という感じ。

ジジイは、先週末、9月4日の雇用統計の結果次第で、9月に利上げするのか、しないのか、方向性が見えてくるのでは?って思っていたわけですが、ジジイ以外にもそう思っていた人は多かったと思うのですが、方向性は依然はっきりしません。雇用統計の結果は市場予想より結構弱かったのですが、予想よりは弱くても雇用はだいぶ改善しているので、景気は着実に回復している、という見方が強いようです。

利上げするのか、しないのか。あと2週間足らずで結果がでますが、してもしなくても、為替相場は大きく動きそうです。面白くなってまいりました!


アイネット証券

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/1587-1161662a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック