FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しゃぼん玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こわれて消えた
しゃぼん玉消えた 飛ばずに消えた 生まれてすぐに こわれて消えた
風 風 吹くな しゃぼん玉飛ばそ

妻から教えてもらったのですが、童謡「しゃぼん玉」は、童謡作家の野口雨情さんが、幼くして亡くた娘さんへの思いを込めて作詞したものだそうです。そう思って聞くと、実に切ない、泣けてくる歌です。

今日はFXから逸れた話題になりますが、先週末起きた、私にとって一生忘れられない出来事を簡単にご紹介させていただきます。


プロフィール欄に記載していますとおり、私には子どもが2人いるのですが、2008年11月15日に、第三子である次女が誕生する予定となっていました。経過は順調で、とても楽しみにしていたのですが、10月11日の検診で、心臓に異常があるということが分かりました。生まれてすぐに手術が必要になる、とのことでした。とても心配でしたが、医師の話では、普通に生活できるようにするのが僕たちの目標、ということだったので、苦労もあるかも知れないけれど、家族で支えてあげながら頑張っていこうと、前向きに考えていました。

ところが10月17日に妻が、お腹の赤ちゃんの元気がないことに気づき、夜慌てて病院に駆けつけ、検査の結果、急遽帝王切開で出産することになりました。手術は無事終了し、2008年10月18日10時54分に次女が誕生しました。私は手術に立ち会うことはできなかったのですが、産科の医師から帝王切開手術の成功を告げられ、次女はすぐに小児科に移されたが、産声も聞こえたそうで、きっと大丈夫ではないか、という話を聞きました。

その後、病室で妻の出産の労をねぎらったりしていると、小児科の医師から話が、ということで呼び出されました。多少の覚悟はしていたのですが、待ち構えていた医師、看護師さんたちの数が予想以上に多く、予想以上に深刻な表情をしていたので、事態の深刻さはすぐに理解できました。病名は、重症新生児仮死、肺動脈閉鎖、エブスタイン奇形ということで、「かなり厳しい状態」で、まだ心臓の手術をするという段階ではなく、症状が落ち着くのを待っているということでした。この話を聞いたのが、確か10月18日の14:00頃です。その後次女に会せてもらいました。予定日より1ヶ月早く生まれたのに、体重は2852グラムもあり、見た目は普通の赤ちゃんなのですが、いろいろな薬を点滴で注入され、鼻には呼吸を補助する管が通されていました。ちょうど私が到着したとき、ぼんやり目を開けて私の顔を見てくれました。あとあと振り返ると、なんて親孝行な娘だったのかと思います。その様子を見て私は、きっと大丈夫、と思いました。治療を行うから退席するように言われ、幼稚園と保育園に預けてきた長男・長女の迎えにも行かなければならなかったので、10月18日は、確か15:00頃には病院を後にしました。

10月18日の18:30頃、子どもたちの食事を作っていると病院から電話があり、「赤ちゃんの様子が良くないから、出来たら来て欲しい」とのことでした。作りかけの食事を後回しにし、子ども二人を連れてすぐに駆けつけることにしました。もうダメなのかと思い、車の中で泣いていた私を見て、子ども二人は不思議そうに思っていたようでした。症状は相当厳しかったのですが、ここで呼び出された趣旨は、妻が車椅子で移動できるようになっていたので、いっしょに話を聞いてもらうということだったようでした。このとき妻は、まだ目まいがするなど気分が優れない状態で、かなりきつかったそうです。改めて医師の話を聞き、私は半べそでしたが、意外なことに妻の目に涙はなく、しっかりと医師の話を聞き、質問をしていました。母は強いと感じました。その後、長男・長女も面会させてもらい、次女の頭を撫でたり、「赤ちゃんがんばれー」と励ましの声をかけたりしてもらいました。10月18日の21:30頃、奇跡が起こることを祈りつつ、子どもたちを連れて自宅に向かいました。途中、夕食をとっていなかったことを思い出し、子どもたちが「マクドナルド食べたい」というので、立ち寄りました。22:00過ぎに、目に涙を浮かべたオヤジが、小さな子ども二人を連れてマクドナルドに入ってきて、店員さんには少し異様な光景に感じられたことでしょう。私は、最近お気に入りのマックリブを注文したのですが、この日食べたマックリブは味がせず、なかなかのどを通らなかったのを覚えています。帰宅後は、疲れもあったし、明日もあると思ったので、すぐに眠ってしまいました。

日付が替わった10月19日の3:00頃、もう病院から電話が来てしまいました。「赤ちゃんの容態が良くないから来て欲しい」。この時間に来たのだから、もう覚悟する以外にありませんでした。「すぐ行く」と伝えました。子どもたちはぐっすり眠っていました。叩き起こして連れて行くと、かなり時間を費やしてしまいます。かと言って、この時間に頼れる人が周りにいませんでした。そこで、こういうときだけ頼みごとをして申し訳ないと思いつつ、近くに住む不仲の妹に事情を説明し、子どもたちを見ていてもらいたいと頼みました。ここ何年もまともに口を利いたことのない妹でしたが、事情を理解し快諾してくれました。深夜の首都高を飛ばし、病院に着いたのが、4:00前くらいだったでしょうか。次女は、相変わらず鼻に管を通され、苦しそうな呼吸をしていました。臨終に間に合った、というのが正直な気持ちでした。その後間もなく、車椅子で妻も現れ、医師から症状の説明がありました。明らかに、どうにかなる見込みがないことはすぐに分かりました。さっき会ったときは、「頑張れ」という気持ちでしたが、この時は、「良く頑張ったね」というのが正直な気持ちでした。「ありがとう」、「大好きだよ」などと声をかけながらしばらく様子を見守ったところで、看護師さんが母親に、「抱っこしますか?」と言い、いよいよの時が来ました。このときばかりは母親の目からも大粒の涙がこぼれていました。2008年10月19日5時12分、母親の腕の中で次女は亡くなりました。重病を患って生まれ18時間、とても苦しい中で、たくさん親孝行をしてくれました。本当にありがとう。


冒頭で述べましたとおり、FXブログとしての趣旨から離れた内容になり失礼しました。これを載せるかは悩みましたが、私たちの自慢の娘のことを一人でも多くの方に知って頂きたいと思い、掲載させて頂きました。ご了承のほどお願い致します。

FXやブログは、私の趣味、楽しいことなので、次女は苦しい思いをして亡くなっていったのに、自分だけが楽しい思いをすることに、初めはとても抵抗がありました。しかし、どう考えてみても、楽しく笑って過ごすのが唯一自分にできることで、いつかは必ずそうなるはずだし、自分が次女の立場だとしてもそれを望みます。よって、今後も今まで通り、「ジジイのスキャル日誌」を続けて行きたいと思います。いつか、ジジイ式スキャルピングで大金を掴むことができたら、新生児の病気を救う基金を作りたい、などと妄想しています(笑)。忌引き等で10月31日まで会社は休みなので、トレード時間を多少長く取れるかも知れません。まだ毎日、涙が出ない日はありませんが、マイペースで楽しみながらトレードして行こうと思います。今後ともよろしくお願い致します。
ブログの方も、応援ポチっとお願いします。
人気ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

スキャルに興味があり、参考にさせてもらおうと、2,3日前から拝見するようになりました。

突然の記事に、
ただただ、お気持ちをお察しするばかりです。
私にできることは何もありませんが、作者様のブログが続く限り拝見させてもらい、勉強させてもらおうと思いました。


2008/10/25(土) 14:37 | URL | kan #-[ 編集]
初コメさせていただきます。

ジジイさんのブログは6月頃から毎日楽しみにさせて頂いております。
ですのでブログの更新が無い時はどうしたのかな? といつも心配していたのですが。
まさかお子さんに御不幸があったとは…。
しかも生まれたばかりでお亡くなりになられたとは…。
事の重大さにコメントを残すべきか迷いましたが、日々楽しみにジジイさんのブログを拝見させて頂いている者としてコメントさせて頂きました。
ジジイさんの事細かな記事を見ていたら年甲斐もなく泣いてしまいました…。
ご夫妻の深い悲しみを思うと掛ける言葉も見つかりません…。
しかしながらジジイさんは深い悲しみの中、ブログを更新しトレードも再開されたご様子で勇気を頂きました。
トレードも好調を維持しているご様子ですしこれからもグログの更新共々頑張って下さい!!
私も日々のトレードに頑張ってまいりますのでお互い頑張りましょう。
2008/10/25(土) 17:57 | URL | へなちょこトレーダー #-[ 編集]
今日のジジイさんの記事、ワタシも思わず涙が出てしまいました。
本当に言葉が見つからない状況ですが
これからもジジイさんらしく頑張ってください!

ワタシも2回とも帝王切開での出産だったので
特に手術後数日間の身体的な辛さは何とも言えないものがありました。
精神的にも奥様の悲しみはかなり深いのではと思われます。
ぜひぜひ大事にしてあげてくださいね!
2008/10/25(土) 19:47 | URL | GROOVE #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/25(土) 20:54 | | #[ 編集]
初めて書き込みます。ちょくちょく見に来てます。また遊びにきます。
2008/10/26(日) 03:59 | URL | はなえ #-[ 編集]
この記事を読んでくださった皆さま、コメントをくださった皆さま、どうもありがとうございました。2008年10月18日、10月19日のことは一生忘れませんが、トレードとブログの更新の方は、今週以降はまたデイリーで実施して行こうと思います。応援よろしくお願い致します。
2008/10/26(日) 07:26 | URL | ジジイ #iEUXXQqo[ 編集]
はじめまして。
私は、親父になった事がないので管理人様の心の痛みがどれほどの物なのか、分かってないと思いますが、心よりご冥福お祈りします。
これからも、日々家族の力になってトレード頑張って下さいね。
2008/10/26(日) 22:08 | URL | クリクリボウズ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/27(月) 01:18 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/27(月) 22:15 | | #[ 編集]
良くブログを拝見してます。
あれ更新がないなと思いながらそのような理由があったですね。
私も似たような体験をしました。

産後4ヶ月検診で、事前に次は、心臓の音が聞こえるよと家内は、喜んで検診に行ったことです。

実家に子供を預け、検診に行きました。

実家の母から、普段無い仕事場に電話があり、「あれっ」と思いながら聞くと、家内が泣き崩れている、とのこと。

「心臓の音が聞こえなかった・・・」

との電話口からの家内の言葉でした。本人は、きっと喜んで検診にいったはずです。
だって、心臓の音→命の息吹をちゃんと確認できる日のよていだったからです。

「天国から地獄」

家内も私もそんな感じでした。
今日貴ブログを見て、走馬灯のように思い出し、コメントしました。

その後、2人目の子供を授かりました。「きっと生まれ変わり私たちのところに、また、戻ってきてくれたんだな」と家内と一緒に思ってます。

子供を授かりたいけどできない方がいる中で、2人の子供を授かり、せいいっぱい愛情を子供達にささげていきたいなっと思ってます。

一方、FXの成績は、めっきり悪いのですけど(笑)

それでは、ブログ更新楽しみにしてます♪
2008/10/27(月) 23:44 | URL | takataka #-[ 編集]
管理人宛コメントをくださったお二方、ありがとうございます。頑張ります!

takatakaさん、体験談ありがとうございました。お互い、子育てとFXの両立頑張りましょう。
2008/10/28(火) 03:38 | URL | ジジイ #iEUXXQqo[ 編集]
はじめまして。

自分も5人の子を持つ父として、涙がでました。基金に賛成です。自分も社会還元できるよう精進したいと思います。がんばりましょうね。
2008/10/28(火) 23:31 | URL | はるまさ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/01(土) 14:01 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/234-af814611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。