FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
外為どっとコムが、口座数と預かり資産の両方で、5年連続の業界首位を達成したそうです。プレスリリースはこちら。
http://www.gaitame.com/company/pdf/press_090820.pdf

口座数は7月末時点で41万だそうです。
参考値として、2位の外為オンラインが15万、その他では、サイバーエージェントFX:9万、FXブロードネット:5万、EMCOM証券:3万 など、という状況なので、他社を圧倒していると言えます。

5年連続とは素晴しい記録ですが、外為どっとコムの魅力ってなんでしょう?
こちらのページに、「4つの安心と信頼」が掲載されていますが・・・

1.安心の信託保全
最近では、100%信託保全を行っている業者もあまり珍しくなくなりましたし、規制強化により、2010年2月からは全業者に必須となることです。

2.安心の24時間サポート
24時間サポートを行っている業者はあまり珍しくありません。

3.安心の災害対策
これは非常に大事なことだと思いますが、実際に首都圏で災害が発生し、沖縄にバックアップシステムがあって良かった、というケースは今まで発生していませんし、このポイントを重視して外為どっとコムを選ぶお客さんもそんなに多くはないと思います。

4.個人投資家への情報提供「外為どっとコム総研」
ジジイはあまり情報は重視していないので深くコメントできませんが、外為どっとコムは情報量では比較的優れているようです。が、ひまわり証券やマネーパートナーズ等、情報力で優れている業者は他にもあるようです。


というわけで、外為どっとコムがPRしている「4つの安心と信頼」については、他社と比較して大きく優れている点があまり見当たらないように思います。こちらのページには、10個の魅力が掲載されていますが、やはりさほど際立ったものがあるようには思えません。

なぜ、5年も連続で業界首位の座をキープできたのでしょうか?
ジジイは、老舗であるが故の安心感というのが大きいと思っています。まだ業者数が少ないころから、顧客重視でサービスを提供し、信頼感があり、大きな事故や問題も起こしていない。みんなが使っているという安心感があり、加速度的に口座数も増える、といったところではないでしょうか。
あと、ジジイが重要じゃないかと考えているのは会社名です。「外為どっとコム」とか、「みんなのFX」とかって、名前だけすでに有利だと思うんですよね。逆に名前が良くないのではないかと思うのは、「MJ Spot board」とか、「GFT」、「CMS」とかです。


もちろん、サービス内容が充実していないわけではありません。システムが非常に安定的。約定力もそこそこ。1000通貨単位が可能。キャッシュバック系のキャンペーンを頻繁に実施。バーチャルFXが充実、当日出金が可能。などなど。
ただ、低コスト重視のジジイにとって、ドル円2~を始めとする現在のスプレッドは少々残念です。もう少し低コスト化に真剣に取り組んで頂かないと、実質的な他者との比較で、大きなアドバンテージがあるわけではないので、業界首位の座も危うくなるのではないか、とジジイは思っています。

外為どっとコムで現在実施中の、最大10,000円がもらえる口座開設キャンペーンは、8月28日までです。終了間近です。

外為どっとコム


人気ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/449-77d86977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック