FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
ブログ再開します。
精神的に参っている、と言いましたが、簡単に言うと、4/10にジジイ式がどつぼにはまるパターンに陥り、大量の含み損を抱えていた、というだけの話でした。
精神的にかなり参っていたのは間違いないです。。。

ジジイ式は、勝率が高い分、負けパターンにはまった場合の損失がかなり大きいのが特徴です。負けパターンでは、一定のラインで損切を行うルールにしています。計算上、現行のドル円相場だと、証拠金レベル1では、最大損失が約18万円、レベル2では約36万円、レベル3では約54万円です。3.24の悲劇がまさにこの計算を証明したものでした(証拠金レベル3で、約48万の負け・・・)。
2ヶ月以上順調に勝ち続けても、1回の負けでチャラになってしまう計算なので、ジジイ式が手法として通用するものになるためには、大負けの発生回数を1年に2回程度にまで減らす必要があると考えています。もうしばらく日々のトレードを続けてみて、稀に発生する大負けにより、手元の証拠金が全部溶けてしまえば、この手法はダメだというのが結論だし、時間をかけるほど証拠金が少しづつでも増えて行けば、通用する手法である、というふうに判断しようと考えています。

さて、4/10に何が起こっていたかと言いますと、証拠金レベル2でトレードを行っていて、負けパターンに陥ってしまったのです。従って、36万円未満程度の損失を確定すべき場面がありました。しかし、今の私は証拠金が40万ちょっとしかないので、損切をすることはほぼ引退するという意味で、それは何としても避けたいと思ったのです。まあ、もっと簡潔に言うと、単に熱くなってしまっていたということで、ジジイ式秘奥義を使い、更に、決して手をつけるべきでないお金にまで手をつけ、含み損を取り戻す行為に走ってしまったのです。その結果、ハイレバで大量のショートポジションを持ち越すことになり、そして。。。 寝るに寝られぬ、損切をすることもできない、生き地獄を味わいました。決して行ってはいけないことを行ったツケですね。のちのジジイ史でこの日は、「4.10の惨事」と呼ばれることになります(笑)

しかし奇跡的に、翌4/11夜にドル円が急落し、一命を取り留める結果になりました。ジジイを救ってくれた何かに心から感謝しています。今回の負け額約8万は、とても大きいですが、一時抱えていた含み損の額に比べれば、「たったこれだけ」という額です。。。(利確のタイミングさえ焦らなければ、爆益さえ狙えたのですが、そんな罰当たりなことは言いません)。のちのジジイ史ではこの日を「4.11の奇跡」と呼びます。

4/10-4/11は、トータルで-78,355
4/10/11


さて、普通なら退場する機会で一命を取り留めました。ここが潮時と、引退することもちょっとは考えたのですが、せっかく生きながらえた命でもう少しジジイ式を続けてみることにしました。ただ次回は損切ラインを厳守します。近いうちに(2~3ヶ月以内に)再び大きな損切をする場面が訪れてしまえば、ジジイ式はダメという結論を出し、しばらくはFXから離れるつもりです。ただ、4/11の反省点は一応盛り込んだので、損切をする場面が訪れる可能性は、少しずつ減っているはずで、再び長期間の連勝を続けられる可能性もあると思っています。ブログは、もう少し続くことになりますので、引き続きよろしくお願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/50-c3cc9952
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
???????ΰ?Υ???
2008/04/17(木) 18:39:40 | ????