FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
MJに続いて、EMCOM証券も、1000通貨単位の導入を発表です。
http://min-fx.jp/press/id/index/440/

この2社、ライバル同士なのか、実は裏で繋がっているのか、ジジイは知りませんが、良く似た動きをします。1000通貨単位取引の詳細も、微妙な違いはありますが、以下の点は同じです。

・通貨ペア
USD/JPY, EUR/JPY, GBP/JPY, AUD/JPY, NZD/JPY の5種のみ

・レバレッジ
最大100倍

・手数料
1000通貨あたり片道30円

・取引方法
1回の発注は1000通貨から9000通貨(0.1~0.9Lot)まで。1.1Lotなどは不可。


両社同じシステムを使っているので、そのシステムが最近1000通貨単位に対応した、両社とも以前から1000通貨単位には関心があった、というのが実態かも知れません。
発表はMJが一歩早かったですが、対応はEMCOM証券の方が素早いです。「年末から」と言っているMJに対し、EMCOM証券は、なんと11月23日から取り扱いを開始するそうです。


しかし、手数料がよろしくないですね。ドル円、クロス円で1pip抜くと、1000通貨では10円の利益なのに対し、往復の手数料が60円かかるので、6pips抜いて初めて収支がトントンになります。これではスキャルはとても無理です。
きっと両社とも、小額でとりあえず中長期的なトレードを始めてみたい、という人をターゲットにしていて、いずれ1万通貨単位でスキャルでもしてくれたら嬉しい、くらいに考えているのだと思います。確かに、投資額1万円程度の人が、1000通貨単位でがんがんスキャルを始めてしまうと、サーバー不安定になったり、問題がありそうです。

しかし、たった数千円でFXを始めてみることができるというメリットはやはり大きいと思います。「数千円であれば、なくなってしまっても我慢できる」人は多いと思います。たった0.1枚でも、ひとたびポジションを保有すると、いろいろなことを考えさせられ、世界の経済ニュース等にも関心を持つようになり、勉強熱心になるものです。ポジションを持ってみないと分からないことは、本当にいろいろとあります。

EMCOM証券、MJはともにオススメできる業者です。
両社とも口座開設キャッシュバックキャンペーンを実施中。
MJは初回入金+1取引で8000円、EMCOM証券は5000円です。
但し、1000通貨単位取引ではキャッシュバックの対象にならないようなのでご注意!

すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」  EMCOM証券


人気ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/512-e341e870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック