FC2ブログ
FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
金融先物取引業協会が2009年12月11日に「外国為替証拠金取引に係るロスカット取引に関するガイドライン」を公表したことを受けて、FX各社が対応に追われています。

EMCOM証券
http://min-fx.jp/press/id/index/463/
トレイダーズ証券
http://www.traderssec.com/news/top_news/14809.html
DMM.com証券
http://fx.dmm.com/press/id/index/255/


具体的にどうなるのか、EMCOM証券の証拠金シミュレーターを使って計算した例で見てみます。EMCOM証券(みんなのFX)では、1月25日以降ロスカットラインが証拠金維持率70%から、100%に変更されます。

例1)
純資産:10万円
レート:1ドル=93.00円
取引内容:レバレッジ100倍で、ドル円ロングを5枚新規建玉

現状は・・・
1ドル=91.648円でロスカットされ、32,444円が手元に残る。

1月25日以降は・・・
1ドル=91.927円でロスカットされ、46,350円が手元に残る。


例2)
純資産:100万円
レート:1ドル=93.00円
取引内容:レバレッジ1倍で、ドル円ロングを1枚新規建玉

現状は・・・
1ドル=64.885円でロスカットされ、718,850円が手元に残る。

1月25日以降は・・・
1ドル=92.694円でロスカットされ、996,940円が手元に残る。



ご覧のとおり、今回のルール変更で強い影響を受けるのは低レバレッジで行われた取引です。特に、レバ1倍です。例2では、レバレッジを5倍にするだけで、1月25日以降のロスカットラインが、1ドル=18.538円になります。

なんでこんなことが起きているのでしょう。金融先物取引業協会のガイドラインによれば、レバレッジの倍率に応じて、ロスカットラインを低く設定することができます。例えば、レバ166倍以上なら証拠金維持率100%でロスカットしなければなりませんが、レバ100倍なら60%、レバ25倍以下なら15%をロスカットラインとすることが、ガイドライン上は可能です。ですが、FX各社のシステムは、レバレッジに応じてロスカットラインを設定する、ということを想定した作りになっていなかったんだと、ジジイは思います。

FX各社はロスカットラインを100%未満に設定している場合が多いので、冒頭にご紹介したとおり、各社対応に追われています。特に、取引単位でレバレッジを設定可能で、顧客への親切で「1倍」というレバレッジ設定も可能にしていたEMCOM証券などは大変です。

「1倍にてポジションをお持ちのお客様におかれましては、別途、メールや電話にてご連絡いたしますが、2010年1月21日(木)の午前7:00までにご連絡が取れない場合には、2010年1月25日(月)午前7:00にお持ちのレバレッジ1倍のポジションをレバレッジ5倍に変更させて頂きます」という対応を行うそうです。
金融庁や金融先物取引業協会のイジメにあって、ご苦労な話です。



頑張れ!EMCOM証券。初回入金+取引で5000円キャッシュバックは、1月29日まで。
EMCOM証券
ジジイの口座開設日誌 ~ EMCOM証券

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/552-5bbc82e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック