FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
スキャル派要注目のニュースが、1月下旬に発表されています。サイバーエージェントFXが2010年3月から提供予定のC-NEX(シーネックス)という新サービスです。そのサービススペックは、驚愕と言えます。リンク先をご参照ください。

http://www.gaikaex.net/pdf/20100122/20100122_cafx.pdf


ドル円のスプレッド0.2~0.8! は、今回驚く部分ではありません。これも相当すごいのですが。
注目すべきは、最低取引単位。なんと、最低取引単位が100万通貨です。そして、最大取引単位、建玉制限は「なし」です。口座開設条件は、初回入金200万円以上!
まぁ、簡単な言葉で説明すると、「一般庶民はご遠慮願います」的なFXです^^;


<後日追記>
・2010年9月現在、「初回入金100万円」は撤廃されています。
・2010年9月現在、最低取引単位は20万通貨となっています。

※徐々に条件が緩和され、当初発表と比べるとだいぶ一般庶民にも親しみやすいスペックに落ち着きました。それでも、100万円程度以上の余裕資金がある人にのみ、ジジイはオススメします。ある程度の余裕資金さえあれば、スペック的には文句なしの最高峰です。



C-NEXの最低取引単位である100万通貨のポジションを持つとどうなるかと言いますと、1銭の値動きで、評価損益が1万円上下する状態になります。ジジイも100万通貨くらいのポジションを持ったことが過去に何度かありますが、想定と逆方向に数pips動くだけで、胃がキリキリと痛くなります。その100万通貨が、最低の取引単位です。もし、それを10単位(1000万通貨)持ったとして、想定通りの方向に1円(100pips)レートが動いたとすると、1000万円の利益になります。もし、豪ドルを1000万通貨ロングすると、スワップは1日あたり約8万円になります。

なかなか庶民には手の届きにくいFXですが、最大取引単位は、今まで他社が横並びだった部分でした。他社の最大取引単位は、500万通貨かそれ以下です。そこを打ち破って他社にないサービスに踏み込み、お金持ちの投資家を呼び込もう、という話のようです。お金持ちでなくても、虎の子の200万円で夢を見るも良し。夢破れるもまた人生・・・?(笑)。投資家としては、選択肢が増えるのだけなので悪いことではありません。私にとっての選択肢は増えませんが・・・。




口座開設 → サイバーエージェントFX[C-NEX]

※デモ申込みも上記リンクから可能です。



<関連記事>
C-NEXが微妙なキャンペーン
ジジイの口座開設日誌 ~ C-NEX (サイバーエージェントFX)
C-NEXが1万円キャッシュバックを開始
C-NEXが取引開始 & オープニングキャンペーン
C-NEXの実力



応援クリック、いつもありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/575-82ddc9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック