FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジジイが3月1日から4月5日まで、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)とMJとで実践していた業者間両建の結果を簡単にまとめると、以下のようになりました。

FXTF
決済損益 -63,510
スワップ -2,799

MJ
決済損益 +63,210
スワップ +3,500

トータル
決済損益 -300
スワップ +701
差引き +401


為替相場は、想定外に円安が進行しましたが、最終結果は、当初想定していたとおり、ちょいプラスで終了できました。両社に3万円ずつ入金していたので、6万円を35日間運用して、401円の利益、と考えてみます。すると、年利回りに換算すると、約7%です。

この結果をどう考えるかは、人それぞれになると思います。利回りが7%というと、銀行の定期預金なんかに比べると相当美味しいわけですが、業者間両建にはリスクがあります。ロスカットされてしまうリスクと、スワップポイントがマイナスやゼロに近くなってしまうリスクです。従って、そうならないように日々為替レートやスワップポイントを監視する必要があり、時には資金の移し変えなどが必要です。それなりの苦労をしての7%、ということになります。また、今回はMJのスワップキャンペーンを利用したので、スワップ益が大きくなり、約7%の利回りとなりました。キャンペーンがなければ、良い組み合わせの2業者をみつけても、年利回りに換算して、3~4%くらいが精一杯になるのではないかと思います。

業者間両建は、それなりのリスクと根気によって、それなりの利回りを得る手法、と考えて頂くのが良いように思います。差引きプラスのスワップをもらる2業者は、よく探せば必ずあるので、興味のある方は探してみてください。
4月13日現在なら、以下の2社に注目。


最近の豪ドル円スワップの高さに注目



最近の豪ドル円スワップの安さに注目



<関連記事>
業者間両建の状況
業者間両建の状況
業者間両建実践中
小技 業者間両建て


応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/613-73f76c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。