FC2ブログ
FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
スキャル向けの通貨ペアとしても、豪ドル円のは非常に興味深いと、ジジイは最近良く感じます。

下表は、先週1週間の豪ドル円の値動きです。(みんなのFXのレート)
先週はかなり荒れました。5/20(木)は、1日の値幅が5.5円という凄まじさ。


5/17~5/21の豪ドル円レート
日付高値安値値幅
5/17(月)81.84379.9811.862
5/18(火)81.64079.4802.160
5/19(水)79.62576.0703.555
5/20(木)78.02072.4935.527
5/21/(金)75.52571.8323.693


一方、こちらは先週1週間のドル円の値動きです。
どうでしょう。

5/17~5/21のドル円レート
日付高値安値値幅
5/17(月)92.69091.7640.926
5/18(火)92.95992.1020.857
5/19(水)92.21290.9631.249
5/20(木)91.88488.9452.939
5/21/(金)90.48189.0131.468



5/20(木)の値幅は3円近く、かなり荒れたことは間違いないですが、豪ドル円に比べれば安定しています。ベースになる価格は、米ドルの方が豪ドルより1割ほど高いにも関わらず、値幅は、豪ドルが米ドルの約2倍です。


教科書的な説明になりますが、豪ドルは、米ドルに比べれば圧倒的に流通量が少なく、投機的な動きが起こりやすい、というわけです。こうやって荒れ相場を分析してみると、教科書通りと言って良さそうです。


スキャルをやるにあたっては、一般的には値動きが大きい方が良いので、こう見ると、豪ドル円はドル円よりもよっぽどスキャル向きです。問題は、スプレッドの広さだったわけですが、その問題も、各社のスプレッド競争激化により解消されてきています。豪ドル円のスプレッドは、2年前くらいまでは、5銭くらいが標準的でしたが、現在では、2銭未満での争いが熾烈です。みんなのFXは1.9銭固定、MJは1.8銭固定、などです。ドル円に比べると、スプレッドは約2倍なわけですが、値幅も約2倍なので、理屈的に豪ドル円はかなりすぐれたスキャル向けの通貨ペアと言えると思います。


熾烈な豪ドル円のスプレッド争いに、火に油を注ぐ形で飛び込んできたのが、アイネットFXです。4月16日のスプレッド実態調査を見て頂くとお分かりの通り、豪ドル円で平均1.5銭未満という凄まじい低スプを提示しています。他の通貨ペアの成績も超優秀で、最近のジジイの一押し業者です。

アイネット証券[アイネットFX]


<関連記事>
スキャルとは?
スプレッド実態調査 2010年4月16日
ジジイの口座開設日誌 ~ アイネットFX
アイネットFXでスキャルしてみましたよ


応援クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング にほんブログ村 為替ブログへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/645-6fe1f372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック