FC2ブログ
FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、ジジイです。
すみませんが今回は、スキャル・FXの話題から離れた話題になります。ここに記載しておけば、かなり長い期間安全に記録を残しておけるので。最近、機械的にFX各社のキャンペーンの情報などをアップすることが多くなってしまっていましたが、たまには人間的な記事も書きます。

実は2010年11月に、第四子(三女)が誕生する予定だったのですが、残念ながら、8月6日に、妻の胎内で死亡していることが判明しました。8月8日に普通分娩で出産(死産)し、8月14日に葬儀を済ませました。470グラムの赤ちゃんで、他人が見ればエイリアンみたいなものに見えたのかも知れませんが、私と妻だけでなく、7歳の長男、4歳の長女も「可愛い」と言いました。

どうして死んでしまったのか、詳細は分からないのですが、物凄く珍しいケースでもない、ということが、妻と話をしたり、関連するWebサイトなどを読んで分かりました。病院で死因について検査を受けることもできたのですが、もともと100%正確な結果が期待できるものではなく、曜日の関係で速やかに実施できないため、更に不正確になるという話だったので、受けるのをやめました。次の子どもを作ろうという気になるか、授かるかは分からないですが、検査結果が気になって、気持ちが後手になってしまうのは損な気がしたので。

私は2年前に次女もなくしていて(関連記事)、やるせない気持ちが積もりますが、もう気持ちは切り替えました。母親のお腹の中に来てくれた三女には感謝し、前向きに生きていくつもりです。次女のときには、2週間くらい涙が止まらなかったのですが、少しは人間的に成長したかも知れません。あえてブログの記事にすべきかどうかも悩んだのですが、次女の記事を書いて、三女のは書かないとなると不公平なので、書かせて頂きました。

以上、急に無関係なジャンルの話題で失礼しました。
今後ともジジイのスキャル日誌をよろしくお願いします。

<関連記事>
しゃぼん玉消えた



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

コメント
この記事へのコメント
亡くなられたお子さんのご冥福をお祈りします。


ちょっと違った視点からですが、
私は両親の3人目の子供なんですが、3人兄弟の一番上です。
私の兄か姉が胎児の時になくなったいたようです。
母親からこのことを話してくれたのは、中学生の頃でした。それ以上私からは何も聞きませんでしたが・・・


高校生の頃、親戚の方から聞いた話だと母はこのとき相当ショックを受けていたようです。
それから、こども(私)を授かったときには、妊娠して3ヶ月目くらいから絶対安静で出産まで入院し、
私が無事に生まれてきたときには、とても喜んでいたそうです。

20歳になった今振り返ってみると、
両親は私が妹や弟と兄弟喧嘩したときに、私が悪いにもかかわらず下の兄弟の方を
「ちょっかい出すからこうなるの」
としかることが良くありました。
普通は年上の方を「お兄ちゃんだからちゃんとしなさい」とかしかりますよね。
こういう風に言われると何か後ろめたい気分になっていたのを思い出します。

今は大学生ですが、早く1人前の人間になって親孝行したいと思っています。


私とはちょっと立場がちがいますが、
ジジイさんのお子さん達なら両親の姿を見ているわけですから
将来その愛情に気づいてくれるとおもいますよ^^

これからもあたたかい家庭を築いていってください!!!
応援してます!!!
2010/08/16(月) 13:32 | URL | drq #dSzIP0QA[ 編集]
drqさん、あたたかいコメントどうもありがとうございます!drqさんは珍しい境遇で生まれ育ったのですね。ご両親のお気持ちが何となく分かるつもりです。

これからも、家庭を第一に、くれぐれもFXで大敗しないように頑張ります(笑)。応援ありがとうございます。

drqさんはまだ大学生とのことで、羨ましいです。若いのにとてもしっかりしていそうですね。親孝行とか、いろいろ頑張ってください。
2010/08/17(火) 01:30 | URL | ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/699-2f1d0262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック