FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
ドル円は、昨日から引き続き、底堅いようです。もはや、円の史上最高値(79.75)に至ることはないのではないか?なんて気がしてきますが、実際どうか?こんなとき、FXプライムの「ぱっと見テクニカル」が参考になります。

FXプライム


ぱっと見テクニカルの「形状比較」は、過去の似た形のチャートを瞬時に探し、それをもとに近い未来の値動きを分かりやすく予想してチャート上に表現して見せてくれるサービスです。FXプライムに口座開設していれば誰でも使えます。


さて。ドル円の日足チャートを表示させて、ぱっと見テクニカルの形状比較を使ってみると・・・。
つい少し前、2010年の6月から10月の値動きが、チャートの形状として最も似ていると判断されました。そして、ご覧の通り・・・


ぱっと見テクニカル


ドル円は短期的に見て現在が天井、その後下降を続け、年明けには円の史上最高値を更新する・・・。
というシナリオが、形状比較上は、もっとも有力、ということのようです。いやぁ、ジジイの素人読みが思い切り外れていて焦った^^;


これは当然、コンピュータによる予想のひとつに過ぎないわけです。また、ぱっと見テクニカルの形状比較は、「最近似」以外に、「第二近似」、「第三近似」も表示してくれます。チャートの形状が、2番目に似たもの、3番目に似たものを表示する機能もあるのです。スクリーンショットは割愛しますが、それらの結果は、円の史上最高値更新とは異なるシナリオを示していました。今のドル円の動きは難しいようです。

逆に、「最近似」、「第二近似」、「第三近似」が良く似たチャートを表示している場合は、高い確率で似た値動きをする、ということが言えそうです。

ぱっと見テクニカルは、とても参考になる形状比較以外にも、「パターン分析」、「売買シグナル」といった機能も備えています。売買シグナルはこんな感じです。

ぱっと見テクニカル 売買シグナル

なかなか頼りになりそうに見えます。
シグナルだけを頼りに、ストップ/リミットを設定して機械的なルールでトレードする、というのもFXのひとつの手法と言えます。インチキ臭い投信などに比べて、良い運用成績になりそうです。シグナルというと、インチキ臭い情報商材などで良く耳にしますが、FXプライムが提供するシグナルの方が、ジジイは断然信頼できます。


ぱっと見テクニカルは、これだけの機能を備えていて、FXプライムの口座開設をしているだけでタダで利用できます。レスポンスも良く、サクサクと気持ちよく動きます。これがあるから、FXプライムは、とりあえず持っておきたい口座のひとつです。


現在、もれなく書籍プレゼントと、最高22,000円キャッシュバックを実施中です。

口座開設 → FXプライム



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/772-5717b8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック