FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
ジジイは豪ドル円を2業者間で両建して、スワップポイントの差額分を収益にするという手法を実践してきましたが、ここに来てだいぶ旨みがなくなりつつあります。DMM FXが、豪ドル円ショートのスワップポイントを-77円から-111円に変更してしまったのに次ぎ、あの業者も-70円を-105円に変更してしまいました。アイネット証券の豪ドル円ロングのスワップは+116円なので、依然、日々の差額はプラスで、銀行の定期預金などに比べればまだまだだいぶ高利回りですが、従来のような強力な旨みはなくなっています。


今から始めるなら、どの通貨ペアが良いでしょう・・・。他社平均と比べて、かけ離れたスワップポイントを探すことがコツですが、現在当てはまるのは、DMM FXのNZドル円です。ショートで-40円です。例えばアイネット証券なら、NZドル円ロングのスワップは+55円なので、それなりの差額があります。スプレッドの狭い2業者を使うのがポイントですが、この2業者のスプレッドの狭さは業界トップ水準です。ただ、そうは言ってもNZドル円のスプレッドは一般的に広めなので、スワップポイントで、スプレッド分の初期投資を取り戻すのに、1ヶ月強くらいは時間がかかりそうです。


見逃せないのが、FXプライムのスワップポイントボーナスキャンペーンです。4月1日まで、1日あたりのスワップポイントに実質15円が加算されます。豪ドル円、NZドル円も良いですが、スプレッドが狭いドル円も狙い目です。FXプライムのドル円ロングのスワップは、キャンペーン込みで+17円になります。一方、例えばみんなのFXなら、ショートで-1円なので、差額は十分です。スプレッドは、両社の合計で2.8銭なので、20日間くらいのスワップを積み上げれば元は取れ、残り期間は収益になります。


伊藤忠グループのFXプライムは、大金を預けておく上での信頼性も抜群なので、このスワップポイントキャンペーンを見逃す手はないかも知れません。高利回りの3ヶ月定期みたいなものです。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/811-a97c4d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック