FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
寒い日が続きますが、サラリーマンのジジイは、毎日小一時間かけて会社に通います。暖房の効いた部屋で、1日1~2時間トレードするだけで食べて行けたら、どんなに幸せか・・・。いや、そうなってしまったら、人間として腐らないようにするための努力も必要になるかも知れません(笑)。


さて、「今年こそFXを初めてみようか・・・」と思いつつ、まだ具体的なアクションに移れていない方向けに、お得な新規口座開設キャンペーンをいくつかご紹介します。FXは、規制が強まりつつあるとは言え、まだまだ「今が旬」という時期が続いています。各社、顧客獲得争いに必死なので、新規のお客さんには大盤振る舞いなのです。非常に簡単な条件をクリアするだけで、5000円くらいくれる業者が結構あります。


例えば、こんなやり方もあります。
米ドルのポジションを1枚持ってみて、50pipsでストップ、50pipsもしくは好きなところにリミットを設定します。勝てばそれで良し、負けると損失は5000円ですが、キャンペーンのキャッシュバックで5000円戻ってくるのでチャラになります。引き続き、その業者でトレードするも良し、その業者の気に入らないところが見えたなら、別の業者に乗り換えるも良し、もし、FXは怖くて無理だと思ったのなら、そのまま手を引くも良し、


外為オンライン
口座開設後、10万円以上を入金して1回取引するだけで5000円もらえます。年間取引高No.1の安心業者です。
詳細 → 外為オンライン


みんなのFX
口座開設後、10万円以上を入金して1Lot(1万通貨)取引すると、5000円もらえます。500Lot取引すると、更に5000円もらえますが、こちらはハードルが高いので、初心者の方は確実に5000円だけもらいましょう。みんなのFXは、取引ツールが初心者にも使いやすく、ジジイおススメ業者のひとつです。スマートフォンへの対応も進んでいます。
詳細 → みんなのFX


MJ
口座開設後、5万円以上入金して1万通貨取引すると5000円もらえます。500万通貨で更に5000円です。
初回入金額が前述の2社より低いので、少額の資金で始めたい人には狙いやすいです。
詳細 → MJ「SpotBoard」


FXブロードネット
口座開設後、片道50,000通貨以上の取引をすると5000円もらえます。前述の3社と比べると、少しだけ難しいですが、FXブロードネットは1000通貨単位での取引が可能で、初回入金の最低金額も決められていないので、より少額の資金でチャレンジ可能です。
詳細 → FXブロードネット


サイバーエージェントFX(外貨exまたはくりっく365)
口座開設後、30万円以上入金して、1回1万通貨以上の取引をすると、初回入金額に応じて、3,000円~20,000円もらえます。初回入金額が30万円なら3,000円、200万円なら20,000円など。
余裕資金が多い人にとって、とてもおいしいキャンペーンです。くりっく365を検討中の方にもおススメ。
詳細 → サイバーエージェントFX


セントラル短資
2月に口座開設し、2月中に20回取引すると5000円、加えて、3月中に20回取引すれば更に5000円もらえます。20回の取引は、スキャルなら簡単に狙って行けますが、初心者にはややハードルが高いかも知れません。なお、口座開設するだけでも、FX本がもらます。
詳細 → セントラル短資FX


アイネットFX
アイネットFXは、新規口座開設キャンペーンを行っていないのですが、下記のバナーから口座開設し、初回入金まで行って頂けた方には、ジジイの推薦書籍「待つFX」をプレゼントしています。アイネットFXは、超低コスト、カッコ良くて使いやすい取引ツールなど、ジジイのおススメ業者のひとつです。書籍プレゼントは、下記バナー経由で口座開設した人だけが対象です。お見逃しなく。
アイネット証券



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

コメント
この記事へのコメント
ジジイさん、アイネットFX、突撃します。
2011/02/04(金) 00:31 | URL | ギャンブルっぽくFX #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/830-c0eec819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック