FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
先日ご紹介し切れなかった、FXプライムのスマートフォン用取引ツールの機能をご紹介します。FXプライムのスマートフォン用取引ツールは、全体的に完成度が高いですが、中でもジジイが秀逸と感じるのはチャートです。

こちらです。
FXプライム スマートフォン用取引ツールのチャート


見た目にキレイで、時間帯別の高値・安値が、チャート上に記載されていて分かりやすくなっています。そこまでは有り勝ちなチャートかも知れませんが、この他に、ジジイがこのチャートを推薦する理由が3点あります。

1.基本的なテクニカル指標をカバー
スマートフォン用のツールでありながら、6種類のテクニカルに対応しています。移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、RSI、MACD、ストキャスティクスの6種です。もちろん、RSIやMACDを選択すれば、チャートが上下に2分され、サブチャートが表示されます。

2.同じ画面内に最新ニュースを表示
ちょっとした工夫なのですが、チャートと同じ画面上に最新のニュースを表示してくれます。前掲のスクリーンショット上の一番下に、「最新のニュース」という表題が辛うじて見えていますが、画面を少し下にスクロールすれば、ニュースをきちんと表示させることができます。
チャートとニュースを見比べ、トレードの戦略を練る、ということがスマートフォンでできるようになりました。

3.「スライドバー」機能!
この機能は、1月29日にリリースされたばかりのものです。チャートの下段に、範囲をぐっと広くした簡易的なチャートが表示されていて、緑の網掛けになった部分が現在表示されているチャートであることは、すぐに分かると思います。この緑の網掛けを指で左にスライドさせるだけで、遡った期間のチャートを表示させることができてしまうのです。と聞くと、どうせのろのろと動作するんだろう、と思います。ジジイもそうだったのですが、この機能、かなり快適に動きます。このように簡単に気持ちよく過去の期間のチャートを参照できるツールは、PC版ツールでもそうそうないと思います。


ジジイが重視する3つのポイントは以上ですが、他にも、チャート上にみずからトレンドラインの書き込みが可能、iPhoneを横向きにすれば、チャートの向きもすぐに横になるなど、かなり使い勝手の良いチャートになっています。外出先のちょっとした空時間に、スマートフォンが1台あれば、テクニカル分析をしてトレードが出来てしまうというのだから、非常に便利です。


FXプライム


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/843-21f367aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック