FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

ジジイの得意技の一つに、2社間のスワップポイントの差額をかすめとる「業者間両建」があります。
この技は、出だしはスプレッド分の為替損が発生しますが、日々のスワップ益で穴埋めし、一定期間経過後は、為替変動のリスクを受けることなく、毎日スワップポイントの差額分のお小遣いをもらえる状態になる、というものです。

<関連記事>
業者間両建

今日ご紹介する技は、年に数回訪れるスワップ6倍デーなどを利用して、短期間で2社間のスワップポイントの差額をかすめとる、というものです。

<関連記事>
豪ドルスワップ6倍デーの詳細を念のため確認


まず、以下をご覧ください。
アイネットFXと外貨exで、何日分のスワップがもらえるかを示したカレンダーです。

スワップカレンダー アイネットFX 外貨ex


図中のAをご覧ください。4月19日は、外貨exはスワップ6倍デーとなっていますが、アイネットFXは1倍です。
外貨exでロング、アイネットFXでショートすれば、差額5日分のスワップポイントをゲットできます。

Bはどうかというと、5日間かける必要がありますが、アイネットFXでロング、外貨exでショートすると、為替リスクなしで5日分のスワップをゲットできます。

同様にCは、2日間で6日分と美味しいです。


もちろん、スプレッドの為替損が発生するわけですが、スワップポイント差額益がそれを上回ります。
外貨exの豪ドル円スプレッドは、原則1.8銭固定、アイネットFXの豪ドル円スプレッドはレンジ内で変動しますが、概ね1.3銭です。従って、豪ドル円1枚(1万通貨)を両社で同時にポジった場合の為替損は、310円くらいです。
一方で、5日分のスワップポイントは約550円なので、為替損を240円ほど上回ります。

豪ドル円を1枚ポジるのに必要な証拠金は約2万円なので、2社だと4万円です。
従って、4万円の短期投資で、約240円をゲットできます。400万円で24,000円です。
大変残念なことに、2011年8月以降は、レバレッジ規制が強化され、必要な証拠金の量が2倍になります。



この技は、以下の条件が揃うと利用できます。

1.2社のスプレッドが十分狭い
2.2社のスワップポイントが十分大きい
3.2社のスワップ付与日程にズレがある


日本のFXの歴史上で、この条件が揃っているのは現在の豪ドル円と豪ドル米ドルだけかも知れません。
3年くらい前のドル円は、1と2を満たしていましたが、3はどうだったか不明です。

キーとなるのはアイネットFXです。祝日に伴うスワップ5倍、6倍デーなどを設けず、一途に金曜日に3倍を繰り返す異色のスタンスです。通常の業者は、平常時は毎週水曜日が3倍デーである点からも異色です。このスタンスを長く継続してくることをジジイは願います(笑)。

スワップ5倍、6倍デーは、1年に数回しか訪れません。
ジジイのスキャル日誌では、今後5倍以上の日を徹底的にマークしてご紹介予定です(笑)。


アイネットFXは、そもそも、スプレッドが非常に狭く、スワップポイントが多く、ツールも使いやすい超優良FX業者です。
現在、ジジイのスキャル日誌とタイアップキャンペーンを実施中で、下記バナー経由で口座開設すると、ジジイのおススメFX本「待つFX」をもらえます。

アイネット証券


相方の業者としておススメなのは、豪ドル円のスプレッドがピカイチで信頼性も高い外貨ex(サイバーエージェントFX)です。

サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/888-0f792c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。