FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
最近仕事がバタバタしていて、数少ない趣味のブログ更新もままならないです。

さて、7/8の米雇用統計以降、ドル円、クロス円が大幅に下げていますね。豪ドル円も87円後半から83円後半へと、1週間で約4円も下げました。1枚で約110円のスワップポイントがもらえる高金利通貨として、だいぶ値ごろ感が出てきましたが・・・。短期的にはどこまで下がるか分からないです。豪ドル円は売りでしょうか?


少し長期のチャートを見てみます。下記は、ここ約5年間の週足チャートです。
チャートは、アイネット証券のインストール版ツール、i-NET TRADER で作成しました。こんなふうにメモを貼れるのが便利です。


豪ドル円 週足

豪ドル円は、ここ4年間で史上最高値と史上最安値をマークしました。長い豪ドル円の歴史の中で、この4年間は激動の時期でした。今日現在の水準は、史上最安値と史上最高値のだいたい中間地点です。

長期のポジションを仕込むには、面白い水準になってきたか・・・、とジジイは見ています。
当然、この先、東日本大震災やリーマンショック級の急落がないとも言えないので、あらかじめロスカットラインを決めておくか、レバレッジ3倍以内程度で、絶対にロスカットされないように運用するかのどちらかになります。

豪ドル円はやはりスワップポイントが魅力的です。仮に3年間保有し続ければ、現在より12円豪ドル安になっていてもスワップポイントで相殺される計算になります。但しこれは、スワップポイントが現在の水準であり続ければの話なので注意が必要です。日本のゼロ金利は、3年後も続いている可能性が高いと思いますが、オーストラリアの政策金利は、3年後は今より下がっているかも知れませんし、もしかしたら上がっているかも知れません。スワップポイントは現在、豪ドル円1枚で約110円ですが、リーマンショック後は50円程度の時期も割りと長かったですし、ジジイがFXを始めた2007年頃は、豪ドル円1枚で150円くらいもらえました。


もし長期的なポジションを持つなら、スプレッドよりもスワップポイントの高さを重視すべきです。
その点でオススメできるのは、最近、豪ドル円スワップの業界最高水準宣言をした外貨exです。7月18日の豪ドル円スワップは、114円と、確かに他社より高いです。
参考)クリック証券:110円 DMM FX:92円

サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】


もう1社は、老舗の高スワップ業者であるフォーランドオンラインです。7月18日の豪ドル円スワップは、115円です。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jijii55.blog110.fc2.com/tb.php/956-b0e0fd6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック