FC2ブログ
FXでスキャル派の方、スキャルを始めたい方、スキャル(スキャルピング)とは何か学びたい方はお立ち寄りください。スキャル向けFX業者の紹介・比較や、各社のキャンペーン情報を紹介しています。勝率99%の独自スキャル手法も無料で公開してます。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

ジジイは、FX以外のトレードは、どれもかじった程度なのですが、商品先物取引もまたしかりです。
しかし、FXでさっぱり稼げなくなってきているので、いろいろ試すなかで、商品先物取引への関心が高く、少し調べたところ、良さそうに思えたのがこちらです。


先物取引の相場ライフ


手数料は396円(1枚当り片道税込み)、金ミニ取引なら104円(1枚当り片道税込み)、デイトレードなら決済手数料は無料と、業界最低水準です。長く、多く取引するなら、手数料は非常に重要ですからね。

とりあえず口座開設してみて、利益を出せるよう頑張ります。
こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

au PAYがキャンペーンの内容を修正したことで賛否両論があるようですが、ジジイにとっては本日超朗報が。
auPAYアプリをいじっていたら、auじぶん銀行に約99万円の残高があることが分かったのです。auじぶん銀行は、以前に口座は開設したものの、ほとんど使ったことがないはずでした。が、その理由はすぐに分かりニッコリのジジイです。

サラリーマンのジジイは、ここ何年かは独自手法「ジジイ式2」で利益を出しているのですが、ジジイ式2に使う証拠金は、多ければ多いほど良いと、銀行や消費者金融からしばしば借入をして、種銭を増やしてやっています。銀行ローンのひとつでauじぶん銀行のローンをちょくちょく使うのですが、その限度額が100万円でした。借りるときはネットで振り込んでもらう手続きを取るのですが、その際、いつもは住信SBIネット銀行に振り込むところ、手違いでauじぶん銀行に振り込んでしまったことがあったようなのです。それが、2019年の5月でした。

ジジイは、いろいろな銀行から借り入れをして、FXに入金して、出金して、返済してを、本当に目まぐるしく繰り返していまして、お金の管理がいい加減なのです。ただ、月に3~4回くらい、全財産の棚卸をして、あー、いくら増えてるとか減ってるとかを把握して、まー、FXで利益が出て、銀行からに借金の利息を払ってるから、こんなものだろ、くらいの帳尻合わせをしています。

2019年5月に、ん???全財産が100万円くらい減ってる!と思ったときがあり、その後結構時間をかけて、あれこれ考えたり探したりしたのですが、結局わからなかったのでした。それが、普段まったく利用しないauじぶん銀行に眠っていたことが、9か月ぶりに分かり、とてもハッピーなジジイです( ^)o(^ )

以上、本当の話です。

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

今年も、もう2ヶ月経過、早いっす・・。
米国が利上げを見送ってから、世界中が利下げモードになっている上に、コロナウイルスの影響もあって、スワッパーにとってはこの先の見通しはすっかり暗くなってきました。
ここ最近のスワップポイントは、高水準業者でも、ドル円(買)で約50円、ユーロドル(売)で約60円です。
1年前は、ユーロドル80円とか、普通だったのですが・・。

ジジイは自らスキャル派を名乗りながら、スワップはとても重視しています。
米国の更なる利下げだけは、マジ勘弁いただきたいところ。


SAMURAI証券

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。

最近、ブログ更新をサボり気味のジジイですが、今回は、ジジイの最近の一押し業者、インヴァスト証券について、おススメのポイントを気合を入れて書いてみました。3,000文字くらいを目標に書きます!(笑)
まだ口座をお持ちでない方は、是非この機に口座開設をご検討ください!

トライオート_トルコリラ用

数多くのFX会社がひしめきあっている世界の外国為替証拠金取引(FX)市場には、入門者、初心者がどこを選んだら良いか、とても迷ってしまうぐらい多種多様な会社があります・・・。この記事では、そんな中で、利用することに「大きなメリット」を感じる事ができるジジイおススメのFX会社、インヴァスト証券を紹介します。特に、「自動売買システム」にも強いのがインヴァスト証券の魅力です。


インヴァスト証券とは:
さて、まずは基本的なところから。
証券コード8709 金融商品取引業者 登録番号/関東財務局長(金商)第26号

東京証券取引所ジャスダックに上場していて信頼も厚い証券会社。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8709.T

金融商品取引業者として登録もあり、しっかりと国内法規の規制に従うよう努めて運営されている証券会社なので、投資資金を預けるのにも安心できる会社です。


「トルコリラ/円」のスプレッドが1.6銭になるキャンペーン中!
買いポジションで貰えるスワップポイントが非常に高く、最近注目のトルコリラ。スワップ金利は高いのですが、何と言ってもスプレッドの広さが難点で、特にスプレッド重視のスキャル派のジジイは、敬遠気味になるのが、このスプレッドの広さでした。買いも売りも、どうしても躊躇してしまう方も多いと思います。
そのトルコリラ/円のスプレッドを!なんとスプレッド「1.6銭」(午前9時~翌午前5時の時間帯のコアタイムで原則固定・例外あり)まで狭めるキャンペーンが始まっています。これはトレイダーズ証券などに並ぶ業界最狭水準で、上場企業であるインヴァスト証券の気合の入れようが伝わってきます。
2020/1/17から2020/2/29の期間限定となりますが、これは中々の思い切りで、今後の動向にも注目です。
今までスプレッドでトルコリラ/円の取引を敬遠していた方は、この機会の活用を検討してみてください!


今なら新規口座開設キャンペーンで最大12万円のキャッシュバック!!
インヴァスト証券の新規口座開設キャンペーンは、2020/1/1から2020/2/29まで、現在実施中です。
期間中に「トライオートFX」で条件達成すると、もれなく達成条件のランクによってキャッシュバックが受けられます。
詳しい条件はこちら:
https://www.invast.jp/triauto/service/campaign/newaccount_2001/

マニュアル(手動)取引での条件は、判定期間中100万通貨以上の新規注文で四千円キャッシュバック、段階的に上がって、2000万通貨以上の新規取引を達成した人には八万円のキャッシュバックと、キャッシュバック金額の上限が高いのがポイントです。ヘビーユーザーの方は、スキャルでがっつり稼ぎつつ、八万円もゲットしてしまいましょう。

自動売買取引での条件は、入金条件+取引(新規注文)条件の組み合わせです。入金60万円以上で2万通貨以上の取引が行われた自動売買の口座では、五千円のキャッシュバック。段階的に上がって500万円以上の入金と2万通貨以上の取引の口座には四万円のキャッシュバックが用意されています。
手元資金が十分ある方にとって、四万円キャッシュバックのハードルが低めの点がポイントで、かなりお得感が強いと感じます。

無理は禁物ですが、利益を上げていく取引をしつつ、条件達成してキャンペーンのキャッシュバックもいただいてしまうスタンスで挑むのが良いと思います。口座をまだお持ちでない方が、新規口座開設するタイミングとしては絶好のものだと思います。
FX口座は、どれか1個だけを作るのではなく、とりあえずたくさん開設しておくのが良いと、ジジイは事あるごとに申し上げているのですが、インヴァスト証券の口座も、まだお持ちでなければこの機に開設することと、使ってみることをおすすめします。


トルコリラ円の買いポジションのスワップ金利で寝かせて儲けるもよし。取引で儲けるもよし。
言わずもがなですが、トルコリラは、トルコの政策金利が高い水準にあり、逆に日本がもの凄く金利が低いため、トルコリラ円の買いポジションを持った場合にもらえる「スワップ金利」が、他の通貨ペアと比べ非常に高い通貨ペアです。
金利表参照:
https://www.invast.jp/market/calendar/

そのため、トルコ(そしてその通貨のトルコリラ)の将来性にかけて貯金のつもりで買いポジションを持つと、スワップ金利がガンガン貯まるので、多少、相場が円高に動いてしまったとしても、長期保有すればスワップで十分元が取れる、というわけです。
インヴァスト証券は現在、キャンペーンによりポジションを持つ時のスプレッドも狭い上、トルコリラ/円で普段もらえるスワップ金利も、数あるFX会社中で最高水準にあります。という点に加えて、スワップ狙いで長期投資をする際は、FX会社の信頼度を重視する必要があります。最悪なのは倒産ですが、そこまで行かなくても、FX会社によっては、スワップ金利の水準をある日から突然下げてくる、ということが、実際にしばしば起こります。その点で、インヴァスト証券なら絶対に大丈夫!というわけではないのですが、上場企業ですので、非上場のFX会社と比べれば抜群に信頼度が高く、安易に利用者を裏切るようなことはしないはず、ということは確実に言えます。


FX自動売買のメリットを享受しやすいシステムがインヴァスト証券にあり!
https://www.invast.jp/st24mr/
シストレ24(システムトレードが24時間行われる)の自動売買のシステムに、他社とも異なる大きなメリットがあります。
あなたが遊んでいても、寝ていても、高い収益を目指す仕組みが「フルオート」なのです。自動売買だからフルオートという事ではなくて・・・なんと、収益性の高いプログラムの「入れ替え」まで自動化されています。成績の好調なプログラムを探して、プログラムの自動入れ替えも行えるという、なかなか画期的なサービスです。いつの間にか、ここまで来ていたのかと、ジジイは関心しました・・・。世界中のプロ投資家が生み出し、優秀な成績を誇るプログラム(ストラテジー数6000数以上 / 2018/10/31トレーデンシー社調べ)から、ナンバー1を入れ替えて自動運用し、あなたの自動売買の運用が上手く行われるようにしてくれる、のだそうです。

また、他の人が作った設定をシェアする「俺のフルオート」もあります。なんと年間収益率200%以上も登場するような、凄い事態になっています。(注意:それらの自動売買システムも、市場の流れの変動によって過去の成績や将来の成績が常に一定を保つわけではありません!)


自動売買セレクト:新たな「認定ビルダー」も登場!
インヴァスト証券の「自動売買セレクト:トライオートFX」によって、設定済みの自動売買プログラムを選ぶだけで簡単運用、高収益率を目指すシステム。そこへ、新たな「認定ビルダー」が追加されています。有名FXトレーダーによるプログラムを使って、寝ていても口座の収益が積み上がっていくことを目指す、自動売買の仕組みです。

収益の成績を一覧して見て選ぶ事ができちゃうので、自分の考える戦略(これから予定していた取引通貨分野に強いストラテジー自動売買プログラムの取捨選択など)を実践してくれそうなものが簡単に見つかるかもしれません!
選ぶのまでも楽しくなってくる、そんなフルオートです。
https://attach.triautoetf.invast.jp/ranking/adviser/select-top-list.html?type=composite

選ばれし「認定ビルダー」の戦略を使うことができ、自動売買の奥深い世界への入り口として、とてもメリットを感じることのできるシステムです。是非一度お試しください。


自動売買のシステムに見習えば、自己流の良い取引戦略も立てられるように?!
インヴァスト証券の提供している自動売買のシステムを利用し、勉強すれば、自分の取引のセンスをグン!と磨くこともできるはず!
プログラムの戦略が設定どおりに進むのに対して、自己流分析・手動での取引をチャンスに合わせて時々組み合わせるのは一つの良い方法となるかもしれません!
とっさの、比較的短い期間中だけ突如に起こるような、市場を動かす大ニュースには即座に対応して、相場の動きにあわせて手持ちのポジションを調整していくことができるかもしれません。
また、普段運用を任せる事ができる自動売買に、更に大きな「美味しいチャンスのヒント」が見えていたら、そこで手動取引も組み合わせて、より良いポジションを構築できるかもしれません。
手動売買で勝てないと嘆いていた人でも、この自動売買システムをうまく活用することによって収益性を改善していくことができるかもしれない、というわけです。
自動売買を敬遠してしまう人の気持ちは、ジジイは分かるのですが、一度、自動売買から何かを学んでみよう、と考えてみることもとても重要と思います。是非ご検討ください。


まとめ:
FXの取引方法、戦略は千差万別ですが、インヴァスト証券の自動売買のシステムのメリットをうまく利用することで、自己資金の収益性アップを目指しましょう。スキャル一筋のジジイも、自動売買から何かを学ぼうとしています。
加えて、トルコリラ/円の取引にも魅力的なキャンペーン開催中とあって、新規口座のタイミングとしてはベストだと思いますので、
是非ご検討を!


トライオート_トルコリラ用

こんにちは、FXスキャル派のジジイです。
遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

ジジイがFXを始めたのは、20007年ですので、FXを始めてから約13年経ちます。一度、退場しかけたこともありましたが(笑)、なんとか持ちこたえ、2012年には、ハイレバ取引をやりたいがために、FX取引用の法人を設立しました。ここ数年は、そこそこ安定した収益が出ています。独自のスキャル手法「ジジイ式」、「ジジイ式2」、「ジジイ式3」を開発し、それぞれを使い分けてやっています。

ジジイ式は、かなり勝率が高い手法ですが、いわゆるコツコツドカンです。希望者には無料でPDFを配布しています。
ジジイ式2は、必勝法と言えるのですが、市況等によって、収益率が変わってきます。この手法は非公開です。
ジジイ式3も必勝法なのですが、FX業者が嫌がる手法なので、使い続けているとBANされます。希望者には、2万円でPDFを販売しています。

最近のジジイの収益の柱は、「ジジイ式2」なのですが、市況等の変化により、陰りが見え始めており、直近の利益は全盛期の半部くらいです。今後、さらに利益が圧迫される見込みで、将来的にはまったく使えなくなるかも知れません。。今年は、ジジイにとって非常に厳しい年になりそうですが、「ジジイ式4」を編み出すなどして、なんとか乗り切って行きたい所存です。